川上とこの川下や月の友

東京深川にある松尾芭蕉の句碑

かわかみと このかわしもや つきのとも

芭蕉の句碑芭蕉庵史跡展望庭園の句碑。元禄6年(1693年)秋、隅田川に東方から合流する小名木川に舟を浮かべ「深川の末、五本松といふ所に船をさして」という前書きで詠まれた。小名木川五本松とは、芭蕉庵史跡展望庭園から東に2㎞ほど行った島忠のあたり。江戸時代には綾部藩九鬼家の下屋敷があり、松を三代将軍家光が愛でたことから月の名所になった。この句碑は、そこにあった住友セメントシステム開発が平成20年12月4日に敷地内に建立したというが、2011年7月の移転に伴い当地に寄贈されたという。
句意は、「川上において友も同じ月を眺めていることだろう」というもの。その友とは、山口素堂のことではないかと言われている。芭蕉没後の元禄11年(1698年)「続猿蓑」所収。同じ句碑は、北に300mほど離れた江東区芭蕉記念館の中にもある。

▶ 句碑の場所をグーグルマップで確認する

芭蕉句碑巡り 2018年4月16日

芭蕉句碑深川とは、隅田川の深さを言ったものかと思っていたが、付近を開拓した深川八郎右衛門の名を冠しているということだ。その深川八郎右衛門と同時代に生きた小名木四郎兵衛が、家康の命で掘削した運河が小名木川だという。

芭蕉句碑芭蕉庵史跡展望庭園は、小名木川と隅田川の合流地点を見下ろすようにつくられている。芭蕉稲荷の付近から芭蕉の愛でた石蛙が発見されたことから、50mほど東に入ったそこに史跡芭蕉庵跡の碑が立つが、津波の後で石蛙が発見されたということだから、本当は川下となるこの辺りに芭蕉は住んでいたのかもしれない。

芭蕉庵から当時見えたという富士も浅草観音も、今はビル陰に見えない。そんな時代の変遷の中でも芭蕉は、ブロンズ姿で平成7年によみがえり、行き交う船に目を向けている。芭蕉に惹かれるものはその後方に立ち、同じ景色を見ようと川面に見入る。しかし映し出されるのは、昨日と変わらぬ空の色。行く風が、打ち消すように波と広がる。

今日は何の句も浮かんでこない…



▶ 松尾芭蕉の句碑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA