麦の穂をたよりにつかむ別れかな

川崎にある松尾芭蕉の句碑

むぎのほを たよりにつかむ わかれかな

芭蕉の句碑京浜急行八丁畷駅を降りてすぐの、道の向こう側に芭蕉の句碑がある。晩年の元禄7年(1694年)5月11日に、芭蕉の息子とも目される次郎兵衛を連れて江戸深川を発ち、故郷の伊賀上野に向かう途上、川崎宿を少し過ぎたところに腰掛茶屋・一茶亭(通称「榎だんご」)があり、そこで団子を食べながら見送りの弟子たちと句を詠み合った時に成った「麦の穂」を刻む。
句碑は、俳人一種が、天保の三大俳人の一人として知られる桜井梅室に揮毫してもらって、文政13年(1830年)8月に建立したもの。当初は茶屋跡に建てられたというが、その後転々として、昭和27年6月に地元の俳人たちによって、やや南西に下った現在地に移された。句碑の近くにある日進町町内会館は「麦の穂」と名付けられ、句碑と東海道の説明書が掲げられている。


▶ 句碑の場所をグーグルマップで確認する

芭蕉句碑巡り 2018年5月3日

芭蕉句碑昨年末、新聞に川崎の「麦の穂」の句碑のことが載っていた。前回の東京五輪を前に保存機運が高まり、町内会で管理を行うようになったということ。現在では会員の高齢化のために、その存続が危ぶまれているということ…
川崎駅の隣にあたる八丁畷に降りると、半ばシャッター街となったアーケードがあり、記事の内容に納得。若者で賑わう川崎市街から歩いて10分の距離でもこの有様。ただ、付近には簡易宿泊施設が立ち並び、決して人通りが少ないというわけではない。ここは、汗水たらして稼いだ夢を育み、通過していく場所なのだろう。芭蕉句碑

芭蕉の時代には川崎宿の外れにあたり、一面麦畑が広がるところ。深川を出立した旧暦5月11日は、今年ならば6月24日。麦の穂が伸び、その上を湿気を帯びた風が吹き抜けていたことだろう。旅立ちを、暑さ増し行く梅雨時と決めた芭蕉。抜き取った麦の穂のか細さに、「別れ」を歌うこころは如何に…
死の予感があったと見る向きもある。この旅では、伊賀の兄を見舞った後に異国情緒を求めて西国へと足をのばす予定もあったが、5カ月後に客死。野坡らの手向けの句も空しく、残した弟子たちとは本当の別れとなってしまった。

麦畑や出抜けても猶麦の中  野坡



▶ 松尾芭蕉の句碑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA