飯田蛇笏(いいだだこつ)

蛇笏賞に名を残す俳人 飯田蛇笏

芋の露連山影を正しうす

大正3年。ホトトギス巻頭句。昭和7年「山廬集」収録。大岡信「折々のうた」で、「大いなる自然と自己との一体化」と評される。

▶ 飯田蛇笏の俳句

 飯田蛇笏年譜(10月3日 山廬忌)
1885年 明治18年 4月26日、山梨県東八代郡五成村(現笛吹市境川町小黒坂)の地主の家に生まれる。(*1)
1905年 明治38年 早稲田大学英文科に入学。高田蝶衣らの早稲田吟社の句会に参加。若山牧水らと親交を深める。ホトトギスに「飯田蛇骨」「白蛇玄骨」の俳号で初めて俳句が掲載される。
1908年 明治41年 高浜虚子の俳句鍛錬会「俳諧散心」に最年少で参加。
1909年 明治42年 早大を中退し帰郷。
1915年 大正4年 創刊された俳誌「キラヽ」の選者となる。
1917年 大正6年 「キラヽ」主宰となり誌名を「雲母」に改称。
1962年 昭和37年 10月3日、脳軟化症のため境川村の自宅で死去。77歳。戒名は真観院俳道椿花蛇笏居士。(*2)
*1 宇作とまきじの間に8人兄弟の長男として生まれる。本名は武治。
*2 功績を称え、1967年(昭和42年)に角川書店が「蛇笏賞」を創設。俳句界で最も権威ある賞となっている。