山口青邨(やまぐちせいそん)

ホトトギスの4S生みの親・山口青邨

みちのくの町はいぶせき氷柱かな

ホトトギス昭和5年5月号で、青邨初巻頭となり、「みちのく俳人」と呼ばれるきっかけともなった句。山本健吉は、「みちのく」流行の発端をなした句と評している。

▶ 山口青邨の俳句

 山口青邨年表(12月15日 青邨忌)
1892年 明治25年 5月10日岩手県盛岡市仁王小路に生まれる。(*1)
1916年 大正5年 東京帝国大学工科大学採鉱科卒業。古河鉱業に入社。
1918年 大正7年 古河鉱業を退社し、鉱山省に勤務。
1920年 大正9年 文芸誌「玄土」を創刊。処女句集「雑草園」を発行。
1921年 大正10年 東京大学工学部助教授。
1922年 大正11年 高浜虚子に師事。水原秋桜子、山口誓子、富安風生、高野素十らと東大俳句会を結成。
1928年 昭和3年 ホトトギスの講演会「どこか実のある話」の中で、ホトトギスの4S(*2)を挙げる。
1929年 昭和4年 「ホトトギス」同人。東京大学工学部教授。
1930年 昭和5年 盛岡市で「夏草」を創刊。
1934年 昭和9年 東大ホトトギス会を起こす。
1953年 昭和28年 東大教授を定年退職し名誉教授。
1988年 昭和63年 12月15日死去。
*1 旧盛岡藩士山口政徳、千代の四男。本名は吉郎。早くに母を失い、母方の叔父笹間家に引き取られ育てられる。
*2 水原秋桜子、高野素十、阿波野青畝、山口誓子。