現代俳文★百囀(ひゃくてん)

旬を句に。さっそく一句。
鮓店をまわる日の来て回遊魚

鈴の音涼しき遠き夏。手繰る温もりかげろふ也。振り向けばただ風と過ぐ。
小夜かける風や狂ひぬ鈴ひとつ

はまち食うた。お盆の食卓にはいつもある。関東では「いなだ」というそうな。出世魚で夏の季語。出世の芽を摘む罪悪感に一句。
武者ぶりも無常に倒るいなだかな

バスを使って小旅行。野に咲く花々を見て、大満足の一日。しかし、時計に目をやれば…
あわててバス停に走るも、最終は出たあと。暗くなったベンチの上で腹が鳴る。
花野にも時は流れて腹時計

光を求めて海を泳げば、さし込むものを見つけたり。お盆を過ぎて、向き合う波にクランケン…
荒れ初むる水面にさすや海の月

入れあげて、財布は夏痩せ。見上げると、里によこたふ天河。はやくも秋になっていた。
熱冷めてむくろ残暑に横たえて

「あきあじ」がいいと言うから、定食屋の暖簾をくぐって鰺フライを注文すると、「違う」とひとこと。謝りながらビールを頼むと、何も言わずに出て行った。背中を見送りながら一句。
秋あじや切り身に塩をのせて食む
北海道出身の彼女であった…

夕暮れの波止場にアタリがあった。ギャラリーの中に、頬を染めてる彼女を見たのに…
あれは単なる残照だったか。
遠くしてつれない空や鰯雲

「無視!」という声も遅かった。すでに手中にあったのだ。回転台をいくら彷徨えばこうなるのか…山葵をつけて口に運ぶと、どっと涙があふれだす。
乾びてや涙も知らず虫の声

かなしき声に暮を知り、はやくも今日が過ぎて行く…
つれづれにそのひぐらしの仕舞まで

言い訳を考えながら酔い覚まし。門に到りて背筋も凍る。
帰路しらむ 朝顔さらに青くして
川風に吹かれてまた詠ず。「ごぜんさま朝顔さらに青くして」。

酒ばかり喰らって寺おくり。蟻のように生きよと説教うけて、和歌一首を渡された。声高らかに歌い上げ、そしてボソリと一句。
御詠歌にありかたきとや螽斯

失念の夜、食卓に置いた手土産をはさんで沈黙がある。対処も知らずに只一句。
しのびよる嵐を知るやねこじゃらし

かつて、季節の肴をつつきながら酌み交わした男。移り変わる日のなか競い合ったが、俺は、そのツワモノの前に果てた。目覚めると、彼奴は大の字になって転がっていた。これは俺の勝ちと言うべきか?
このしろに猛者をとどめてさし合ふて

舞い込む仕事が山となり、終業の時間がやってきた。飲み友達のひと声に、尻切れ蜻蛉は舞い上がる。明日はどこかにきっとある…
黄昏に飛び立つ尾根の蜻蛉かな

飛ぶことに飽きた冷やかな朝には、風をも避けて夢を見る。西日に焼かれて目が覚めた。
秋蝶や戻らぬ風と絵空事

競争に敗れて佇む港。進路を問うも、大きな波が寄せるだけ。敵が、武器を携えて偵察に来た。
やり過ごす波止に太刀魚ふたつ三つ

富士には月見草がよく似合ふというから車を走らせたが、あいにく、到着した途端の雨。やっとの説得で重い腰を上げた彼女だったが、ついにそっぽを向いてしまった。つきがない・・・
顔上げて雨に咲くなり月見草

休みボケを煽る色なき風。めくれたカレンダーに目をやると、何と予定が入っていない。
冷やかにめくれて白しカレンダー
今日をどうやって生きようか…

自販機の前で10円玉が転がった。探せど闇が深まるばかり。喉の渇きはハンパなくとも、袖は夜露に濡れそぼつ。己の小ささに泣けてきた。
裸虫 露におぼるる夜のしじま

露に濡れるひと草に、通勤電車がやってくる。人の流れに従えば、足を踏み抜くハイヒール。「ごめんなさい」のひと声に、涙こらえて笑うなり。
草の花 踏まれて咲かすあしたかな
痛みに耐えて朝がくる。

気が滅入るというから、高原の牧場へと車を出した。爽やかな風と戯れる彼女であったが…
臭気に包まれながら一句。
アルパカのうれひ草ふく秋の空
女心をつかむのは難しい。

かつて若鮎と呼ばれた俺たちだった。二手になって上り行けと上司に言われて、常に対立したものだ。
窓際が馴染んだ俺は、クビを覚悟で人事を待った。重役を占めたライバルが、辞令を持ってやってきた。
いきのびて 落ちゆく鮎の影さびし

たで食う虫も好き好きとは言うが、これを妻にすれば、引き立て上手。よく似たものにあいがあるが、染まっちまうばかりで食えやしない。
蓼の花 燃えたつ姿あいに似て

いつか娶ると手をとれば、嫌よと言ってつねられた。今も秋風身に染みる。
爪紅の記憶消されぬ傷ひとつ

産土の恵みに背を向けて、一儲けしようと飛び出した春。すっからかんになってたどり着いた故郷は、案山子ばかりになっていた。
問いかけても風…
停車場におりるゆふぐれ案山子まつ

ひと夏越えた秘蔵の酒を封切りながら、「よみがへる野性おそろしひやおろし」と詠んだ昨夜であった。全ては忘却へと向かい、時間を巻き戻すことなどできないことを今朝知った。
二日酔いに呻きながら詠ず。
まぼろしとさめし夢見しひやおろし

釣り上げた秋刀魚を焼きながら、海を語った。彼女は言う。あなたなんて、この魚に比べたら無知に等しいと。
さんま焼く 白目に憶ゆ広き海

彼女の吊るした風鈴を、いつまで経っても下ろせなかった。嵐に塗れて途切れた音に、寂しく迎えた夕暮れだった…
鈴虫や風ともつれて玻璃おちて

むかし、地動説を信じて疑わなかった。あいつは言った。地球は太陽を回り、太陽もまた地球を回ると。
流星が座標を変える時、地球もまた少し座標を変える。満天の星を動かしながら…
定まらぬ座標や青き星流る

また月曜日がやってきた。汗のにおいに咽せて街の芳香を偲ぶと、同僚が仕事を急かしながらこう言った。
香水には汗の成分が含まれている。
においたつ土ようびまつや金木せい

命をかけて守ると告白したが、彼女は取る手を払ってこう言った。男ならば蟷螂になれと。
それじゃあ君を守れやしない…
かまきりの契りせつなや雄のいのち

満ち足りた時間がそこにあったが、失うのが怖くて、進んでいいのか止まればいいのか分からなかった。花をくれるなら、青や赤ならよかったのに…
しあわせは悲しい色やね女郎花

苦界に生きるが定めなら、如何でか夜を照らし出さむ。
闇路きて情火燃ゆるや曼珠沙華

ねころんでゴロゴロいうやつがいた。抱き寄せると、突然パンチが炸裂。以来、胸にはイナヅマ模様。愛の証というものだ。
稲光ねこのひとみはとんがって

若い燕のうらやまし。星を見つけて飛んで行く。
虫と戯れ太った身には、悲しや闇しか見えなくなって、越冬準備にひゅるりらら。
輝ける一番星やつばめ去る

ウインドブレーカーにくるまって溜息をつくと、コーチが空を指差しこう言った。
代償を恐れるな。違う世界を目指すなら、風に向かって羽を広げよ。強風こそが、誰も及ばぬ高みへ導く。
鳥渡る 嵐をつかむ翼かな

より良き明日を生きようと、骨身を削って寝落ちする。長らく待った休日は、ブラックジョークのようなニュースを聞いて、ティーにハニーで朝食を。
霧晴るる 遅い目覚めはブラックで
珈琲にすれば良かったな。

望めば月の石だって手にできるのに、心を射止める術は開発出来ない。千年の時を経てさえ、ひとは空を見上げて物思いに耽る。あまり眺めすぎると、狼になるかもしれないのに…
家具屋に詠ず。
よみがへるをみなの影や今日の月

寄生して咲くおもい草。人間も同じだな。肉体という、運命に導かれるものに寄生し、思いばかりを巡らせている…
思草つんで両手に軽からず

40/100

現代俳文

#現代俳文 #寿司ネタ俳句
@twitter / ©️ 2021 Yasu and Rockets