現代俳文★百囀(ひゃくてん)

旬を句に。さっそく一句。
鮓店をまわる日の来て回遊魚

鈴の音涼しき遠き夏。手繰る温もりかげろふ也。振り向けばただ風と過ぐ。
小夜かける風や狂ひぬ鈴ひとつ

はまち食うた。お盆の食卓にはいつもある。関東では「いなだ」というそうな。出世魚で夏の季語。出世の芽を摘む罪悪感に一句。
武者ぶりも無常に倒るいなだかな

バスを使って小旅行。野に咲く花々を見て、大満足の一日。しかし、時計に目をやれば…
あわててバス停に走るも、最終は出たあと。暗くなったベンチの上で腹が鳴る。
花野にも時は流れて腹時計

光を求めて海を泳げば、さし込むものを見つけたり。お盆を過ぎて、向き合う波にクランケン…
荒れ初むる水面にさすや海の月

入れあげて、財布は夏痩せ。見上げると、里によこたふ天河。はやくも秋になっていた。
熱冷めてむくろ残暑に横たえて

「あきあじ」がいいと言うから、定食屋の暖簾をくぐって鰺フライを注文すると、「違う」とひとこと。謝りながらビールを頼むと、何も言わずに出て行った。背中を見送りながら一句。
秋あじや切り身に塩をのせて食む
北海道出身の彼女であった…

夕暮れの波止場にアタリがあった。ギャラリーの中に、頬を染めてる彼女を見たのに…
あれは単なる残照だったか。
遠くしてつれない空や鰯雲

「無視!」という声も遅かった。すでに手中にあったのだ。回転台をいくら彷徨えばこうなるのか…山葵をつけて口に運ぶと、どっと涙があふれだす。
乾びてや涙も知らず虫の声

かなしき声に暮を知り、はやくも今日が過ぎて行く…
つれづれにそのひぐらしの仕舞まで

言い訳を考えながら酔い覚まし。門に到りて背筋も凍る。
帰路しらむ 朝顔さらに青くして
川風に吹かれてまた詠ず。「ごぜんさま朝顔さらに青くして」。

酒ばかり喰らって寺おくり。蟻のように生きよと説教うけて、和歌一首を渡された。声高らかに歌い上げ、そしてボソリと一句。
御詠歌にありかたきとや螽斯

失念の夜、食卓に置いた手土産をはさんで沈黙がある。対処も知らずに只一句。
しのびよる嵐を知るやねこじゃらし

かつて、季節の肴をつつきながら酌み交わした男。移り変わる日のなか競い合ったが、俺は、そのツワモノの前に果てた。目覚めると、彼奴は大の字になって転がっていた。これは俺の勝ちと言うべきか?
このしろに猛者をとどめてさし合ふて

舞い込む仕事が山となり、終業の時間がやってきた。飲み友達のひと声に、尻切れ蜻蛉は舞い上がる。明日はどこかにきっとある…
黄昏に飛び立つ尾根の蜻蛉かな

飛ぶことに飽きた冷やかな朝には、風をも避けて夢を見る。西日に焼かれて目が覚めた。
秋蝶や戻らぬ風と絵空事

競争に敗れて佇む港。進路を問うも、大きな波が寄せるだけ。敵が、武器を携えて偵察に来た。
やり過ごす波止に太刀魚ふたつ三つ

富士には月見草がよく似合ふというから車を走らせたが、あいにく、到着した途端の雨。やっとの説得で重い腰を上げた彼女だったが、ついにそっぽを向いてしまった。つきがない・・・
顔上げて雨に咲くなり月見草

休みボケを煽る色なき風。めくれたカレンダーに目をやると、何と予定が入っていない。
冷やかにめくれて白しカレンダー
今日をどうやって生きようか…

自販機の前で10円玉が転がった。探せど闇が深まるばかり。喉の渇きはハンパなくとも、袖は夜露に濡れそぼつ。己の小ささに泣けてきた。
裸虫 露におぼるる夜のしじま

露に濡れるひと草に、通勤電車がやってくる。人の流れに従えば、足を踏み抜くハイヒール。「ごめんなさい」のひと声に、涙こらえて笑うなり。
草の花 踏まれて咲かすあしたかな
痛みに耐えて朝がくる。

気が滅入るというから、高原の牧場へと車を出した。爽やかな風と戯れる彼女であったが…
臭気に包まれながら一句。
アルパカのうれひ草ふく秋の空
女心をつかむのは難しい。

かつて若鮎と呼ばれた俺たちだった。二手になって上り行けと上司に言われて、常に対立したものだ。
窓際が馴染んだ俺は、クビを覚悟で人事を待った。重役を占めたライバルが、辞令を持ってやってきた。
いきのびて 落ちゆく鮎の影さびし

たで食う虫も好き好きとは言うが、これを妻にすれば、引き立て上手。よく似たものにあいがあるが、染まっちまうばかりで食えやしない。
蓼の花 燃えたつ姿あいに似て

いつか娶ると手をとれば、嫌よと言ってつねられた。今も秋風身に染みる。
爪紅の記憶消されぬ傷ひとつ

産土の恵みに背を向けて、一儲けしようと飛び出した春。すっからかんになってたどり着いた故郷は、案山子ばかりになっていた。
問いかけても風…
停車場におりるゆふぐれ案山子まつ

ひと夏越えた秘蔵の酒を封切りながら、「よみがへる野性おそろしひやおろし」と詠んだ昨夜であった。全ては忘却へと向かい、時間を巻き戻すことなどできないことを今朝知った。
二日酔いに呻きながら詠ず。
まぼろしとさめし夢見しひやおろし

釣り上げた秋刀魚を焼きながら、海を語った。彼女は言う。あなたなんて、この魚に比べたら無知に等しいと。
さんま焼く 白目に憶ゆ広き海

彼女の吊るした風鈴を、いつまで経っても下ろせなかった。嵐に塗れて途切れた音に、寂しく迎えた夕暮れだった…
鈴虫や風ともつれて玻璃おちて

むかし、地動説を信じて疑わなかった。あいつは言った。地球は太陽を回り、太陽もまた地球を回ると。
流星が座標を変える時、地球もまた少し座標を変える。満天の星を動かしながら…
定まらぬ座標や青き星流る

また月曜日がやってきた。汗のにおいに咽せて街の芳香を偲ぶと、同僚が仕事を急かしながらこう言った。
香水には汗の成分が含まれている。
においたつ土ようびまつや金木せい

命をかけて守ると告白したが、彼女は取る手を払ってこう言った。男ならば蟷螂になれと。
それじゃあ君を守れやしない…
かまきりの契りせつなや雄のいのち

満ち足りた時間がそこにあったが、失うのが怖くて、進んでいいのか止まればいいのか分からなかった。花をくれるなら、青や赤ならよかったのに…
しあわせは悲しい色やね女郎花

苦界に生きるが定めなら、如何でか夜を照らし出さむ。
闇路きて情火燃ゆるや曼珠沙華

ねころんでゴロゴロいうやつがいた。抱き寄せると、突然パンチが炸裂。以来、胸にはイナヅマ模様。愛の証というものだ。
稲光ねこのひとみはとんがって

若い燕のうらやまし。星を見つけて飛んで行く。
虫と戯れ太った身には、悲しや闇しか見えなくなって、越冬準備にひゅるりらら。
輝ける一番星やつばめ去る

ウインドブレーカーにくるまって溜息をつくと、コーチが空を指差しこう言った。
代償を恐れるな。違う世界を目指すなら、風に向かって羽を広げよ。強風こそが、誰も及ばぬ高みへ導く。
鳥渡る 嵐をつかむ翼かな

より良き明日を生きようと、骨身を削って寝落ちする。長らく待った休日は、ブラックジョークのようなニュースを聞いて、ティーにハニーで朝食を。
霧晴るる 遅い目覚めはブラックで
珈琲にすれば良かったな。

望めば月の石だって手にできるのに、心を射止める術は開発出来ない。千年の時を経てさえ、ひとは空を見上げて物思いに耽る。あまり眺めすぎると、狼になるかもしれないのに…
家具屋に詠ず。
よみがへるをみなの影や今日の月

寄生して咲くおもい草。人間も同じだな。肉体という、運命に導かれるものに寄生し、思いばかりを巡らせている…
思草つんで両手に軽からず

墓参りをしようとしたが、コスモスに覆われて、何処にあるのか分からない。散々歩き回った末、夜が来た。宇宙を見上げながら詠ず。
コスモスやテラといふ地に根を下ろし

風が冷たくなってきた。彼らはお星様となってしまった。寒くて、見上げることも叶わない。
ともし灯や秋の蛍のとぶらひに
明日から心に火をつけむ。

果報は寝て待てと聞いて、眠ってしまったよ。月はもう輝きを失い、西の空にぼんやり白く傾いている。
現実に立ち返りて吼ゆ。
寝待月 窓下のひかり夢に過ぐ

夕空の黒点を指差して、友は、鳥の名を明らかにする。飛び方を見れば分かるという。
艶消して色鳥かへる茜空

艶やかに着飾って腰かけていたひとは、いつからか姿を見せなくなった。いつも小鳥のような歌声で楽しませてくれたのに。
今、色気のない男が、マイクを片手に咆哮している。
とまり木や 色のなき風うたふのみ

神の名を借りて昨夜のことを弁明すると、彼女がピシャリ。神は秩序をかたちづくるものであって、人心に訴えかけたりはしないと。
辻褄の合わぬいい訳あきの空

弾けとんだ一粒。探しもしないで待っていると、荷物がすっかり無くなっていた。その日から、肴もないままひとり酒。
枝豆や 鞘に戻せぬ小夜のつま

けいこ不足を幕は待たない。みんな席を立ってしまった…
秋扇 風吹く夜のひとり舞

思い出話をしていると、いつの間にやら沈黙が…
昔むつかし、酒に詠む。
今年酒 背中で語るむかしかな

まだ母の胸に抱かれていた頃、ミルクは純白だと教わった。今、全く同じ色をしたものを口にしているが、ひとはそれを濁りだと言う。
にごり酒 むかし真白な胸に泣く

渦中に知り合い肩寄せあった。三年経った今、台所は火の車。
ひとつ屋の栗や厨の火にかけて

金貨を積み上げる夢を見た。先行投資は頭痛の種となり、以来、体に鞭打ち生きてきた。
野分のあとに痛みもとれて、労働にこそ実りがあると、初めて知った。
一朝の夢に結ぶや木槿子

涙の原因は君にあると、ずっと思っていたよ。冤罪だったんだね。ごめんね。
まなうらに咲ひて泣けるや泡立草

約束の地は、スクランブル交差点。振り向けば、赤信号の向こうで手を振るあいつ。人にはそれぞれ道がある。
すれちがふ秋思あめふる交差点

鬼子母神前。
母うたふ 墓地に柘榴の割れる頃

騒いだ夏が過ぎ去り、波の語りも素通りして行く。共にいなければ、全ては意味をなさないものだね。
潮騒の向ふ深々ごめ帰る
ゴマちゃんと呼んでごめんね。

海鳴りは悲しい恋歌。黄泉のありかを指し示し、水夫の背中に別れを告げる…
あやかしの歌や砕けし秋の波

若者よ!望む結果にならずとも、血染めのシャツの誇らしき。
たぎる血の皮膚を破るや運動会
ちなみにわたくし、昔とった杵柄で、バトン渡され砂を嚙む…

どだい絡んで生きるが定めなら、燃え盛るその日輪を彩らむ。
蔦の葉や すがる愛染うしろ影

青臭くはあるが腐れずに、ひたすら高く。未完の夢を追いかけようぞ。
青蜜柑 山また崩れ積みあげて

根をもつものの悲しさよ。
みだれ草 みさき離るる風のなか

燃え上がる激情に、酒ばかりは熱くなる。心に火をつけられないまま時は過ぎ、いつの間にやらくちびる寒し。臆病者だな、俺は…
寂しさや 温めた酒と裸火と

オモテナシに背を向けて、花野にひとり裏を綯う。幸を厭う結果が出ては、花また散らす罪深さ。
さちを問ふ野菊一輪ならざるに

藪をつついたがために、冷血漢の汚名を被る。こんな男でもホラ、群がってくる奴がいるんだぜ。どんな人間にも役立つところはあるってもんだ。
冷血に命つなげや蚊の名残

Wの悲劇の行く末は、のばす手届かぬお星さま。
出船消ゆあの場所あかき碇星

空を見上げて聞いてみた。君たちは詩を詠むことがあるのかと。 宇宙人は言った。「1J2+0Jqg1bKb0LGW1ZOr27C/2rSe2re307Oy3JSr1Lm90Lif17iy0LG407u50bOn0rKh1ray1bKY0LGq07W627C/2rSe2re3」(宇宙には夜がない。夜がないから歌がない☆.。.:*・゜)
宇宙船見上ぐ大地の夜長かな

夜中に羊を数えていたら、いつの間にやら朝が来た。しかし、ウールの温もりから離れられない…
電話の向こうで、「オマエはクビだ」と声がする。
ぽっかりとあいたあしたやひつじ雲

勤勉が賞賛されない世の中。ついには校庭からも締め出され、歩きスマホの元祖と相成る。
不安定な世間に投げ出されたなら、目先の損得勘定が全て。移り変わりの激しい時代、誰が誘惑に勝てようか…
本棚の夜食は甘し金次郎

飾り付けながら聞く。過去を彩った花々を。
平凡な横がほ菊花にかをらせて

太陽のもとで演じたピエロ。月光に、寂しき素顔の露わなる。
月影や 道化師去りし砂利の上

小鳥が空をつかむ頃、ひよこぐさは実を結ぶ。
鳥来る 草の実つちに還す朝

春に見つけた楽園の、千秋楽を飾りけり。
秋日影 もつれた蝶を眠らせて

やっと声を張り上げられるとマスクを取れば、秋の花粉を吸いこんだ。主張は全てクシャミとなって、喧噪の中に消えていく…
天高し吐いて捨てたる恨み言
それも神の思召。

食われず残ったカーキ色。染まらずつかむ細い枝。
残照や柿の実ひとつ染め残し

鬼の生みたれば孤独にて、「父よ」と泣きたる虫憐れ。ひとのぬくもり知らずして、襤褸着て風に凍ゆ也。
蓑虫や ははと笑へぬ鬼の性

昼鳴くこおろぎころころと、道に転がり友を呼ぶ。夜祭り去った道端の、賽の小石を噛みながら。
しにそびれ鳴くや蟋蟀わびしらに

毒あるものにも情あり。宿りて吹雪になろうとも。
夕闇に開くきのこや赤いかさ

正風白みて秋を往く。だれか笛吹き、流行の歌をかき消しながら。
故に叫ばむ…
破芭蕉ましろき風の過ぎるまま

提灯行列、みちあかり。小悪魔群れる街角は、甘い香りに満ち満ちて。
行列の南瓜頭を先頭に

芸術家の筆の鮮やかなるに、色づけても雪。明日は雪…
秋風や明日より白きものなくに

風を起こした日もありし…
銀杏散る 風をあおいだ空の下

大きな夢が小銭となって、暗闇坂を転げ落つ。つきに見放されたか、酔い倒れ。
釣銭の消える宵闇わるい夢

陽気欠けたるあしたには、ひとり歌ひぬ草の陰。
残る虫 ひとつおぼえの長恨歌

寒さをしのぐには酒を飲むしかないやろ。なんでも奢っちゃるがな、古い話も聞きたいしな。炉端焼きでええか?
えっ、あぶった烏賊でええんかい…
炉火恋し むかしの歌を聞く夜は

ひっぱり出すもの。セーター、ダウン、毛布、土鍋、赤ふん、はちまき。
冬支度 そして窓辺に灯をともす

君の文から立ちのぼる炎は、鬼の形をしていたよ。それほどまでに煙たがられていたなんて、思いもしなかった。ひとりよがりって、良くないものだね…
湧きあがる影や炉に堕つ置手紙
紫煙、カムバーック!

ひとは黙って家路を急ぐ。春にはその一輪をも愛でたのに…
狂花 風に乱るも舞い散るも

結晶など求めない。道が隠れてしまうから。
欲するはかたち無きもの初時雨

願いは木端。自然の法則を前にしたなら。
紅葉ちる からむ言の葉ふりほどき

時を違えて咲く花は…
風に砥ぐやいば哀しき冬薔薇

始末に負えない奴だと言われて飛ばされて、迎えた冬が身に染みる。寒さに裸体をさらす木々と違って、ひとは着ぶくれる生物だというが、慣れぬ地方に佇んで、俺は着の身着のまま。上司はそれを枯木という。
何まつと言ふではないが冬木立

うまく調理しようとはしたのだが、しみついた泥臭さが抜けきらなかった。悲しいこいの物語…
生きながらふたつに断たる冬のこい

夜無き地方の勤務地は、チャルメラひとつを頼りとす。路地に背中丸めて箸取れば、夜泣きの窓ががらりと開く。
最果の町にすするや夜鳴蕎麦

散った思いを波間に追えば、日暮れて風に哭く港。
木葉舟 寄せては返しまた寄せて

むかしはデキる男の象徴のようなものだったんだがな、今じゃ肩身の狭い思いをしているよ。夢のかたちに燻らせようとも、非難の声に消えていく…
けむり以て何をえがくや寒い空

蔓延った季節にリセットのスイッチが入ったというのに、あしたは、神の息吹でさえ枯らしきれない。折れた枝からこぼれる樹液が、朝日を浴びてキラキラしている。
こがらしの吹きのこしたる朝かな

与えられたセリフはひとつ。「言いたいことも言えずして何が人生」。しかし、ちょっと場面にそぐわないんだよな…
口ごもる舞台ならばや冬籠り

お日様に顔を向けながら生きてきたというのに、今日の空を見上げると…
転生の孤狼あばきし冬の月
ワオー!

丸裸にされて取り残されて闇となる。それが掟ならば是も又。
裸野や 陽はまた昇る地平線

ふかく沈みし石の転がり出ずる。彼、潮の流れに逆らいては砕け、また欠片となりては旅をする。やがて微塵と化して消えんとする時、其を抱きし母なる海や、渚に歌う。形失せるとも今、輝ける夜空の如し。
寄す波や 凍てし流木砂にして



現代俳文

#現代俳文 #寿司ネタ俳句
@twitter / ©️ 2021 Yasu and Rockets