水原秋桜子(みずはらしゅうおうし)

ホトトギスの4Sにして新興俳句運動の核・水原秋桜子

瀧落ちて群青世界とどろけり

昭和29年「帰心」より。那智瀧を詠み込んだ句。

▶ 水原秋桜子の俳句

 水原秋桜子年譜(7月17日 喜雨亭忌・紫陽花忌・群青忌)
1892年 明治25年 10月9日東京都千代田区神田猿楽町生まれる。(*1)
1918年 大正7年 東京帝国大学医学部卒業。高浜虚子の「進むべき俳句の道」を読んで俳句に興味を持つ。
1919年 大正8年 医学部出身者からなる「木の芽会」参加。静華の号で俳句を作る。「渋柿」に投句し松根東洋城に師事。
1920年 大正9年 短歌を窪田空穂に師事。
1921年 大正10年 「ホトトギス」の例会に出席し、虚子から直接の指導を受ける。
1922年 大正11年 富安風生、山口誓子、山口青邨らと東大俳句会を再興。佐々木綾華主宰「破魔弓」同人。
1924年 大正13年 「ホトトギス」課題選者に就任。
1928年 昭和3年 提案して「破魔弓」を「馬酔木」に改題。昭和医学専門学校の初代産婦人科学教授に就任。(*2)
1929年 昭和4年 「馬酔木」主宰。山口青邨の講演で触れられ、山口誓子、阿波野青畝、高野素十らとともに「ホトトギスの4S」と言われる。
1931年 昭和6年 虚子の客観写生論を自然模倣主義として批判、「ホトトギス」を離脱。新興俳句運動の流れを起こす。
1955年 昭和30年 医業を退き俳句に専念。
1962年 昭和37年 俳人協会会長に就任。
1964年 昭和39年 日本芸術院賞受賞。
1966年 昭和41年 日本芸術院会員。
1967年 昭和42年 勲三等瑞宝章。
1981年 昭和56年 7月17日、急性心不全のため杉並区西荻南の自宅で死去。88歳。墓は東京都豊島区の都営染井霊園。
*1 産婦人科を経営する病院の家庭に、長男として生まれる。本名は水原豊。
*2 昭和医学専門学校(現・昭和大学)には1941年まで在籍し、宮内省侍医寮御用係も務めた。