松本たかし(まつもとたかし)

只管写生を唱えた・松本たかし

夢に舞ふ能美しや冬籠

1953年「石魂」所収。

▶ 松本たかしの俳句

 松本たかし年譜(5月11日 牡丹忌)
1906年 明治39年 1月5日、東京市神田区猿楽町(千代田区猿楽町)生まれる。(*1)
1922年 大正11年 父の能仲間の句会「七宝会」に参加。
1923年 大正12年 高浜虚子に師事。
1926年 大正15年 神経衰弱の療養を兼ねて鎌倉市浄明寺に移住。「ホトトギス」に4句入選し、これを機に能役者になることを諦め俳句に専心。
1929年 昭和4年 「ホトトギス」巻頭。ホトトギス同人。
1946年 昭和21年 島村茂雄の援助をうけて「笛」を創刊・主宰。
1954年 昭和29年 第四句集「石魂」にて第5回読売文学賞。
1956年 昭和31年 5月11日、心臓麻痺により久我山の自宅で死去。50歳。戒名は青光院釈一管居士。
*1 宝生流能役者の家に父・松本長の長男として生まれる。本名孝。