金子兜太(かねことうた)

社会性俳句・前衛俳句の旗手 金子兜太

銀行員等朝より蛍光す烏賊のごとく

「金子兜太句集」(1961)所収。

▶ 金子兜太の俳句

 金子兜太年譜
1919年 大正8年 9月23日、埼玉県比企郡小川町に生まれる。(*1)
1937年 昭和12年 出澤三太に誘われて同校教授宅の句会に参加。
1941年 昭和16年 東京帝国大学経済学部に入学し、「寒雷」に投句。加藤楸邨に師事。
1943年 昭和18年 日本銀行入行。海軍経理学校に短期現役士官として入校し、大日本帝国海軍主計中尉に任官。トラック島に赴く。
1946年 昭和21年 捕虜となり、11月に最終復員船で帰国。沢木欣一の「風」創刊に参加。
1947年 昭和22年 日本銀行へ復職し、塩谷皆子と結婚。
1962年 昭和37年 隈治人、林田紀音夫、堀葦男らと「海程」を創刊。
1983年 昭和58年 現代俳句協会会長。
1985年 昭和60年 「海程」主宰。
1988年 昭和63年 紫綬褒章。
1996年 平成8年 勲四等旭日章。
2002年 平成14年 句集「東国抄」で第36回蛇笏賞。
2008年 平成20年 第4回正岡子規国際俳句賞大賞。文化功労者。
2010年 平成22年 第58回菊池寛賞。
2018年 平成30年 2月20日、急性呼吸促迫症候群で死去。98歳。
*1 父・元春と母・はるの長男。父は開業医で、「伊昔紅」の俳号を持つ。