俳句が詠める街

根を張る土壌はそこになくても、酒を注げば花は咲く。是、場末に生きる騒客の、四季の巡りを知る処。

vol.2 目黒|美人がいたまち恋の町

国会図書館デジタルコレクションより 朱引と墨引の中間にあり、江戸であって江戸ではない場所、それがかつての目黒であった。江戸五色不動の一つ、瀧泉寺の目黒不動があるために、江戸時代では、ちょっとした旅行気分が味わえたという。明治時代には、門前に筍飯屋が立ち並び、目黒を訪れた正岡子規が「筍や目黒の美人ありやなし」の俳句を残している。付近は孟宗竹の産地で、筍飯は「さんま」と並ぶ目黒名物であった。
 といっても、本当の目的は信仰や食欲にあるのではなく、どうやら給仕の女性。各店は、客を呼び込むために美人を立たせ、子規は、牡丹亭の十七、八の娘に恋をした。奥手な子規には空しい恋となったが、それは生涯で一番ときめいた瞬間だったのかもしれない。

* 上画像は「武蔵百景之内目黒不動」(小林清親1884年:国会図書館デジタルコレクションより)

俳句でハイク|目黒不動の門前町にときめきを探して

 もう恋など忘れて何年もたつが、思い立って目黒に出かけることに。しかし、最初から失敗。JR目黒駅に降り立てば、そこは目黒区ではなく品川区。「不動前」という東急の駅もあったのに、「目黒」の名に惑わされて迷路に入り込むことに…

権之助坂商店街【俳句でハイク1 権之助坂商店街】
JR目黒駅を西に出れば、昭和の香りに遭遇。古びた赤い片側アーケードがついたその街の名は、権之助坂商店街。急坂の行人坂を避けるバイパスとして、元禄時代に菅沼権之助が開いた坂は、ビジネスマンが立ち止まる飲食店街となった。その一店の暖簾をくぐり、中華そばで腹ごしらえ。しかし、そこに女性は存在しない。麺の上のメンマをつまんで、期待ばかりを膨らませている。

かむろ坂【俳句でハイク2 かむろ坂】
目黒川を渡って南下して約15分、かむろ坂に出た。吉原の遊女・小紫は、惚れた男の死を知って、目黒の墓前で自害した。小紫についていた禿(かむろ)は小紫を追うが間に合わず、傷心の帰路、暴漢から逃れるために池に身を投じて亡くなった。都市化にも、入水した地につけられた「かむろ坂」の地名だけは残り、ひとつの恋愛が導いた不幸な出来事を語り継いでいる。

羽根つき餃子の金春【俳句でハイク3 目黒不動門前の比翼塚】
小紫と恋仲だったのは、人を斬って鳥取を出奔した権八。吉原では金に窮し、辻斬を重ねることに。目黒の東昌寺で改心した権八は、故郷に帰って両親の他界を知り、自首して処刑された。それを知った小紫は、東昌寺に建てられた墓の前で後追い心中してしまう。歌舞伎の題材ともなった有名な事件で、東昌寺は廃寺となったが、目黒不動門前に比翼塚が建てられている。

目黒不動【俳句でハイク4 目黒不動こと瀧泉寺】
目黒の由来となった目黒不動は、808年に慈覚大師が安置したもので、その不動尊を本尊として瀧泉寺が創建された。江戸で3本の指に入る富くじ興行の場としても賑わい、行楽客で溢れるラスベガスのような時代もあった。境内の愛染明王は、良縁成就の明王として名高い。ただ、とてつもなく恐ろしい御顔をした明王様である。腹をくくらぬ者は祈らぬ方がよい。

目黒不動商店街【俳句でハイク5 目黒不動商店街】
かつて目黒駅付近の行人坂から目黒不動門前までは、ぎっしりと店が立ち並んでいたというが、現在では道順も分からないほどにまばらである。かろうじて目黒不動商店街と名付けられた通りがあるが、車の通行の方が多いくらいである。この中に、「目黒のさんま」や「筍飯」を提供する店を探してみるが、見つからない。ましてや、若い女性が給仕する飲み屋など…

大国家【俳句でハイク6 見つからなかった大国家】
筍飯の名店に、角伊勢・内田屋・大国家などがあったとされる。廃れたならせめてもと、大国家跡地にあるという由緒の石碑を探してみた。しかし、それさえも見つからず、ある店舗の前に置かれていた大黒様だけ写真に収めて帰ってきた。高浜虚子の俳句が、一晩中頭の中を駆け巡っていた。「目黒なる筍飯も昔かな」・・・筍飯は夢だった…

 目黒の門前に、まだ見ぬ恋は破れた。再びJR目黒駅を目指すと、道端に「お七の井戸」が。
 八百屋お七は、恋のために火を起こして処刑された。恋心に火がつけば、人は身を滅ぼすものなのかもしれない。目黒のお不動様は、そのことを教えるために導いてくれたのだと思う。感謝を込めて一句、
「動かざる心をもってひとり虫」(泰)

苦界ただよふ萍に もつれて零る夜の雨
酔夢覚めゆく朝には 浮かびをるなり青蓮華

水中花ちひさき魚およがせて (

俳句が詠める街

歳時記とは今日の俳句歳時記俳人検索俳句の辞世句歳時記俳句暦歳時記俳句関連骨董品

俳句が詠める街

根を張る土壌はそこになくても、酒を注げば花は咲く。是、場末に生きる騒客の、四季の巡りを知る処。

vol.1 蒲田|消えゆく昭和を映す街

蒲田の区民ホール「アプリコ」横の壁画
松竹キネマ撮影所跡は、区民ホール「アプリコ」となり、隣接するビルの壁面に、当時の面影が刻まれるのみ。それでも蒲田行進曲を口遊めば、かつては「春の街」だったんだなと、あらためて思う…(写真:壁画)

「蒲田行進曲」が発車メロディとなっているJR蒲田駅は、東京都区内の南限駅。昭和11年まで松竹キネマ撮影所があった映画の街も、映画館は令和元年までに全て閉館。現在は、世界への窓口として変貌を遂げようとしている。
 その最前線が、JR蒲田駅から東方徒歩15分の、京急蒲田駅周辺。京急蒲田駅は、空港線を含む重厚な三層構造となった。周辺では再開発が急速に進み、以前にはなかった華やぎが生まれつつある。
 ただ、その中で薄れて行くのが、モダン蒲田と呼ばれた、春を謳歌する雰囲気…

俳句でハイク|京急蒲田の街に過ぎ行く春を探して

 現在では労働者の街としてのイメージが強い蒲田の街だが、街中を散歩すると、いたる所に俳句素材が転がっている。

京急蒲田駅【俳句でハイク1 京急蒲田駅】
JR蒲田駅から15分歩いて、京急蒲田駅に到着。その異様な構造に驚嘆。2階・3階が乗車口になっており、到着する電車によっては、同じホームの同じ面の前後が使われる。わけが分からずあたふたしていると、菜の花色をした電車が入ってきて、カメラを構えた少年が「イエローハッピー」と言ってピースサイン。
空港線で羽田空港までは15分。

京急蒲田駅前商店街あすと【俳句でハイク2 駅前商店街あすと】
京急蒲田駅の駅前に、あすと(明日都)と名付けられた商店街がある。駅から西方へと200m伸びるこの商店街は、大田区初の全蓋式アーケードを持つ商店街である。飲食店や古レコード店が軒を連ねているが、この街の中程に「リビオ蒲田ザ・ゲート」という複合施設が、2022年に向けて建設中である。JR蒲田駅への通路といった感もあり、通行人のスピードが異様に速い。

羽根つき餃子の金春【俳句でハイク3 中華の名店「金春」】
駅からアーケードを50メートル程入ったところに、中華料理の名店「金春」がある。この店は、蒲田名物になっている羽付き餃子の名店で、蒲田餃子御三家に数え上げられる。驚くくらいコストパフォーマンスが良く、まさにせんべろ中華。それが、蒲田有数の名物というのだから、最高である。俳句を詠もうとする身には、「金秋」じゃないのかとツッコミたくもなるが。

柳通り【俳句でハイク4 柳通り】
金春の脇道からは、「柳通り」という風情のある飲み屋街になっている。日本初の自動車教習所「日本自動車学校」跡地に、アーケードを挟んだ向こう側にあった花街の客を吸い込むようにして拡大した街だという。ただ、駅前の再開発により多くの店が撤退し、現在は20店余りのスナックや居酒屋が残るのみ。場末の雰囲気のある、独特の昭和感を漂わせている。

呑川【俳句でハイク5 呑川】
柳通りを抜けると呑川である。飲み屋街に寄り添って流れる川とでも言おうか。柳橋を渡れば公園もあって、酔った身体を涼ませるのにいい。前には桜並木があり、もうすこし早ければ、俳句に花筏を詠み込むことも出来ただろう。ただ、春の季語となるがどこかにあるのではないかと探してみたが、見当たらなかった。柳通りの「柳」は、花柳界からきたものか?

蒲田温泉【俳句でハイク6 蒲田温泉】
羽付き餃子と並ぶ蒲田の名物に「黒湯」。鶴見・川崎・蒲田あたり独特の泉質で、墨のような色をしている。しかし水キレも良く、身体がよくあたたまる。そんな黒湯で有名な蒲田温泉が、京急蒲田駅から南へ15分ほど歩いたところにある。少し酔いを醒まして浸かれば、温泉旅行気分を満喫できる。入湯料金470円。10時から24時まで、手ぶらで楽しむことのできる温泉だ。

 蒲田行進曲に「春の蒲田花咲く蒲田」と歌われる蒲田なら、簡単に春の俳句が見つかるだろうと思って歩き回った。ただ、現在の蒲田は変貌期にあり、かつてのモダンと呼ばれた雰囲気を汲み取ることは難しい。それよりもむしろ、労働者と下町工業の街として、熱さと汗を感じることの方が多かった。
 春も永遠に留まることはできない。今、晩春となり、次の季節がそこまで押し寄せている…
 そんなことを考えながら、ようやくひねりだした俳句がコレ。
「なんちゅうか やなきも霞む裏通り」(泰:これ狂句?)

華やかなりしひとときの 過ぐるを知らで居るみやこ
通り吹く風つよくして とほく背中のかすみゆく

もどり得ぬ道にあそぶや花と蝶 (

俳句が詠める街

歳時記とは今日の俳句歳時記俳人検索俳句の辞世句歳時記俳句暦歳時記俳句関連骨董品