俳句が詠める街

根を張る土壌はそこになくても、酒を注げば花は咲く。是、場末に生きる騒客の、四季の巡りを知る処。

vol.1 蒲田|消えゆく昭和を映す街

蒲田の区民ホール「アプリコ」横の壁画
松竹キネマ撮影所跡は、区民ホール「アプリコ」となり、隣接するビルの壁面に、当時の面影が刻まれるのみ。それでも蒲田行進曲を口遊めば、かつては「春の街」だったんだなと、あらためて思う…(写真:壁画)

「蒲田行進曲」が発車メロディとなっているJR蒲田駅は、東京都区内の南限駅。昭和11年まで松竹キネマ撮影所があった映画の街も、映画館は令和元年までに全て閉館。現在は、世界への窓口として変貌を遂げようとしている。
 その最前線が、JR蒲田駅から東方徒歩15分の、京急蒲田駅周辺。京急蒲田駅は、空港線を含む重厚な三層構造となった。周辺では再開発が急速に進み、以前にはなかった華やぎが生まれつつある。
 ただ、その中で薄れて行くのが、モダン蒲田と呼ばれた、春を謳歌する雰囲気…

俳句でハイク|京急蒲田の街に過ぎ行く春を探して

 現在では労働者の街としてのイメージが強い蒲田の街だが、街中を散歩すると、いたる所に俳句素材が転がっている。

京急蒲田駅【俳句でハイク1 京急蒲田駅】
JR蒲田駅から15分歩いて、京急蒲田駅に到着。その異様な構造に驚嘆。2階・3階が乗車口になっており、到着する電車によっては、同じホームの同じ面の前後が使われる。わけが分からずあたふたしていると、菜の花色をした電車が入ってきて、カメラを構えた少年が「イエローハッピー」と言ってピースサイン。
空港線で羽田空港までは15分。

京急蒲田駅前商店街あすと【俳句でハイク2 駅前商店街あすと】
京急蒲田駅の駅前に、あすと(明日都)と名付けられた商店街がある。駅から西方へと200m伸びるこの商店街は、大田区初の全蓋式アーケードを持つ商店街である。飲食店や古レコード店が軒を連ねているが、この街の中程に「リビオ蒲田ザ・ゲート」という複合施設が、2022年に向けて建設中である。JR蒲田駅への通路といった感もあり、通行人のスピードが異様に速い。

羽根つき餃子の金春【俳句でハイク3 中華の名店「金春」】
駅からアーケードを50メートル程入ったところに、中華料理の名店「金春」がある。この店は、蒲田名物になっている羽付き餃子の名店で、蒲田餃子御三家に数え上げられる。驚くくらいコストパフォーマンスが良く、まさにせんべろ中華。それが、蒲田有数の名物というのだから、最高である。俳句を詠もうとする身には、「金秋」じゃないのかとツッコミたくもなるが。

柳通り【俳句でハイク4 柳通り】
金春の脇道からは、「柳通り」という風情のある飲み屋街になっている。日本初の自動車教習所「日本自動車学校」跡地に、アーケードを挟んだ向こう側にあった花街の客を吸い込むようにして拡大した街だという。ただ、駅前の再開発により多くの店が撤退し、現在は20店余りのスナックや居酒屋が残るのみ。場末の雰囲気のある、独特の昭和感を漂わせている。

呑川【俳句でハイク5 呑川】
柳通りを抜けると呑川である。飲み屋街に寄り添って流れる川とでも言おうか。柳橋を渡れば公園もあって、酔った身体を涼ませるのにいい。前には桜並木があり、もうすこし早ければ、俳句に花筏を詠み込むことも出来ただろう。ただ、春の季語となるがどこかにあるのではないかと探してみたが、見当たらなかった。柳通りの「柳」は、花柳界からきたものか?

蒲田温泉【俳句でハイク6 蒲田温泉】
羽付き餃子と並ぶ蒲田の名物に「黒湯」。鶴見・川崎・蒲田あたり独特の泉質で、墨のような色をしている。しかし水キレも良く、身体がよくあたたまる。そんな黒湯で有名な蒲田温泉が、京急蒲田駅から南へ15分ほど歩いたところにある。少し酔いを醒まして浸かれば、温泉旅行気分を満喫できる。入湯料金470円。10時から24時まで、手ぶらで楽しむことのできる温泉だ。

 蒲田行進曲に「春の蒲田花咲く蒲田」と歌われる蒲田なら、簡単に春の俳句が見つかるだろうと思って歩き回った。ただ、現在の蒲田は変貌期にあり、かつてのモダンと呼ばれた雰囲気を汲み取ることは難しい。それよりもむしろ、労働者と下町工業の街として、熱さと汗を感じることの方が多かった。
 春も永遠に留まることはできない。今、晩春となり、次の季節がそこまで押し寄せている…
 そんなことを考えながら、ようやくひねりだした俳句がコレ。
「なんちゅうか やなきも霞む裏通り」(康:これ狂句?)

華やかなりしひとときの 過ぐるを知らで居るみやこ
通り吹く風つよくして とほく背中のかすみゆく

もどり得ぬ道にあそぶや花と蝶 (


歳時記とは今日の俳句歳時記俳人検索俳句の辞世句歳時記俳句暦歳時記俳句関連骨董品

季語|水中花(すいちゅうか)

三夏の季語 水中花

酒中花(しゅちゅうか)

水中花の季語と俳句水中花は、江戸時代に中国から伝来した。彩色して圧縮してある紙や木片などを水に入れると、花のみならず動物や人形となって浮かんでくるものであった。酒席の遊びとして杯に浮かべたことから、「酒中花(しゅちゅうか)」「杯中花(はいちゅうか)」とも呼ばれた。明和年間には浅草寺の楊枝店で売られて評判となり、縁日でよく売られた。
現在主流となっている水中花は、遊興性が薄れ、装飾性の高いものである。

石田波郷の第7句集に「酒中花」(1968年)があり、芸術選奨文部大臣賞を受賞している。流行歌では、松坂慶子の「愛の水中花」があり、1979年にヒットしている。

【水中花の俳句】

いきいきと死んでゐるなり水中花  櫂未知子
作りたる色のかなしき水中花  大橋敦子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|郭公(かっこう・ほととぎす)

三夏の季語 郭公

閑古鳥(かんこどり)

郭公の俳句と季語鳥綱カッコウ目カッコウ科で、ホトトギスに近縁。日本には夏鳥として5月ごろ飛来し、8月頃まで留まる。オスは「カッコー、カッコー」と鳴く。
托卵を行うことでもよく知られ、モズなどの巣に一つ卵を生み落とす。そこで生まれた雛は、他の雛を追い落として成長する。

鳴き声が人を呼ぶように聞こえるところから、呼子鳥と呼ばれることもある。
江戸時代までは「郭公」と書いて「ほととぎす」と読むことが多く、カッコウのことは「かんこ鳥」とも呼んでいる。「かんこ鳥」は、「喚子鳥(よぶこどり)」の読み違いだとされる。

▶ 関連季語 時鳥(夏)

【郭公の俳句】

憂きわれをさびしがらせよ閑古鳥  松尾芭蕉
鳥篭の憂目見つらん郭公  北村季吟

【郭公の鳴き声】
ユーラシア大陸で越冬した郭公は、5月頃になると日本に渡ってくる。その鳴き声は、「カッコー」と聞きなされる。(YouTube 動画)

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|焼酎(しょうちゅう)

三夏の季語 焼酎

泡盛(あわもり)

焼酎の俳句と季語日本において16世紀以前から製造される蒸留酒である。高純度エタノールに加水した連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)と、原料本来の風味が残る単式蒸留焼酎(焼酎乙類)がある。原料によって、米焼酎・麦焼酎・芋焼酎・黒糖焼酎・粕取り焼酎・そば焼酎・栗焼酎・泡盛などに分かれる。
芋焼酎などは、原料を収穫した後すぐに仕込まれるため、新酒ができるのは秋になる。けれども、アルコール度が高く、夏場も腐敗することなく飲める上に、水割りやロックにしても美味いために、夏場にも重宝する酒である。ビールが出回る以前は暑気払いに飲まれていたため、夏の季語となっている。

商品としては焼酎乙類の人気が高いが、「乙類」に対するイメージの改善のために、「本格焼酎」という言葉も生まれている。原料によって産地がほぼ固定化されており、有名なのは鹿児島の芋焼酎、大分の麦焼酎、沖縄の泡盛、奄美の黒糖焼酎、宮崎のそば焼酎、熊本人吉で球磨焼酎と呼ばれる米焼酎などである。
芋焼酎の製造方法改善による風味向上の影響もあり、2000年代に第3次焼酎ブームが起こった。以降、その保存性を含めた流通のし易さもあって、居酒屋などで日本酒を上回る人気が続いており、幻の焼酎と呼ばれるものも生まれている。

【焼酎の俳句】

焼酎にゑうてあざける浪高し  森川暁水



魔王 720ml 芋 焼酎 25度
5041円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
世間では3M(森伊蔵・村尾・魔王)と呼ばれているほどの人気を誇る1本
【リカーショップセレクト】

【P5倍】【限定200セット】 焼酎くじ 1.8L×2本セット 1/10の確率で森伊蔵か魔王が当たるか
5500円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
1/10の確率で森伊蔵か魔王が当たるかも!?
【焼酎・芋焼酎 酒鮮市場!】

送料無料 芋焼酎 焼酎 2本飲み比べセット 限定販売 剣 鶴乃泉 1800ml プレゼント 贈
6476円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
最高級麹使用の焼酎「剣」&森伊蔵?と間違われた味わい「鶴乃泉」 豪華飲み比べセッ
【薩摩焼酎の専門店 酒舗三浦屋】

ギフト プレゼント 母の日 家飲み 限定品 小さな優秀蔵 25°原口屋甚衛門 レギュラー 芋1.8
6944円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
プレミアム焼酎 森伊蔵を凌ぐ芋焼酎 2本単位 送料無料(北海道 沖縄 離島除く) ヤマト運輸
【おいしく飲呑会】

ギフト プレゼント 母の日 家飲み 小さな優秀蔵 25°原口屋甚衛門 紅芋仕込 芋 1.8L瓶 2本
6944円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
2本単位 送料無料(北海道 沖縄 離島除く) ヤマト運輸にて(北海道 沖縄 離島除く)ヤマト運
【おいしく飲呑会】

村尾(むらお) 900ml瓶 25度  芋焼酎 箱なし【プレミアム焼酎】【鹿児島県・村尾酒造】
10241円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
「森伊蔵」「魔王」とで芋焼酎「3M」と呼ばれるらしい? 
【福井の地酒とワイン まるこ】

コロナに負けるな!村尾 900ml 芋焼酎 25度 【鹿児島県/村尾酒造】5月9日【母の日ギフト】
11550円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
杜氏である村尾寿彦氏からつけられた名前「村尾」  森伊蔵/村尾/魔王/と並ぶ【焼酎界
【とうりんパレット】

コロナに負けるな!村尾 いも焼酎25度 1800ml【鹿児島県/村尾酒造】5月9日【母の日ギフト
12100円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
杜氏である村尾寿彦氏からつけられた名前「村尾」  森伊蔵/村尾/魔王/と並ぶ【焼酎界
【とうりんパレット】

森伊蔵ラベル不良品 25度 720ml
12900円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可

【俺の酒家エイト】

[送料無料] 芋焼酎 鶴乃泉 つるのいずみ 25度 1800ml×6本 神酒造 いも焼酎 鹿児島 酒 お酒 ギ
13068円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
あの「森伊蔵」に間違われた味わい。一升瓶6本入り。
【薩摩焼酎の専門店 酒舗三浦屋】

森伊蔵 金ラベル 720ml 25度 森伊蔵酒造 未開栓 お酒 D346-1
13200円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可

【天文館質舗 楽天市場店】

村尾 25度 1800ml 【村尾酒造】
13480円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【森伊蔵】【魔王】と並んで3Mと称される プレミア焼酎です
【酒のスーパー足軽 楽天市場店】

【アウトレット】森伊蔵 金ラベル 720ml 箱なし 芋焼酎 【中古】
13500円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 
【お酒専門店JOYLAB】

【東京都内限定発送】 森伊蔵 MORIIZOU 720ml いも焼酎 【中古】
13800円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
焼酎 未開栓 送料無料 入学式 入社式 お花見 新生活 歓迎会 母の日 退職祝い ギフト 贈り
【バイセルオンライン 楽天市場店】

森伊蔵 金ラベル 720ml [箱付][焼酎][アウトレット]
14500円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
★ネット最安値に挑戦★【訳あり:ラベル不良】
【SAKE People】

季語|鱧(はも)

三夏の季語 

祭鱧(まつりはも)鱧の皮(はものかわ)

鱧の俳句と季語ウナギ目ハモ科に分類される海水魚で、体調1~2メートル。日本では本州中部以南に見られ、白身の高級魚として、特に関西で珍重される。
口が目の後ろまで裂けた独特の風貌を持ち、「はも」の名は、そこから連想される「食む(はむ)」に由来しているという説がある。

日本では、鱧は縄文時代から食されてきたと考えられている。ただ、小骨が多く、食するには骨切りをする。骨切りをした鱧は湯引きして、梅肉や酢味噌で食べるのが一般的である。鱧を蒲鉾などに使った時には、残った皮を二杯酢で食したりするが、これを「鱧の皮」と言う。

鱧の旬は7月で、京都の祇園祭に重なるために、このころの鱧は「祭鱧」とも呼ばれる。また祇園祭は、客人を鱧料理でもてなすことから、「鱧祭り」の別名もある。
初夏の出始めの鱧は「水鱧」ともいう。

【鱧の俳句】

大粒の雨が来さうよ鱧の皮  草間時彦
夕風にととのふ鉦や祭鱧  桂信子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|芥子の花(けしのはな)

初夏の季語 芥子の花

罌粟の花(けしのはな)

芥子の花の俳句と季語(当盛十花撰芥子:国会図書館オンライン)地中海地方原産の、ケシ科ケシ属の一年草。ポピーとも呼ばれるヒナゲシとは区別する。また、「芥子」は「からし」とも読み、芥子菜をも指す。これは、その細かさで「芥子粒」ともよばれる種子が似ているためである。
日本へは室町時代に伝来したと見られるが、アヘンやモルヒネの原料となるため、現代ではあへん法で栽培が禁止されている。一部、薬などの研究のために栽培されることもあるが、栽培許可を受けて厳重に管理しなければならない。

芥子の草丈は1~2メートル、5月に紅・白・紫の花をつける。花が散ると、鶏卵大の芥子坊主をつけるが、この芥子坊主は、晩夏の季語になっている。
現代では見る事も叶わず、俳句に詠み込むにしてもヒナゲシやオニゲシを見ながら空想の世界に遊ぶしかないが、江戸時代の俳諧歳時記栞草では「罌粟の花」として、夏之部四月に分類され、以下のようにある。

時珍曰、一名象穀、一名米嚢、一名御米。其実の形、罌子(あうし)の如し。其米、粟の如し。乃ち穀に象て供御とすべし。故に諸名あり。秋種え、冬生ず。わか苗、蔬になして食ふ、甚佳し。葉、白苣の如く、三四月、薹を抽で、青苞を結ぶ。花ひらくときは、苞脱す。花、四弁、大きささかづきの如し。罌は花中にあり、しべこれをつつむ。花開て三日、即ち謝(わり)て罌、茎の頭にあり。長さ一二寸、大さ馬兜鈴の如し。上に蓋あり、下に蔕あり、宛然として酒罌の如し。中に白米あり、極めて細し。其花、変態常にあらず。白き者、紅の者、粉紅の者、杏黄の者、半紅の者、半白の者、故に麗春といひ、賽牡丹といふ。又錦被花といふ。

ここに、麻薬としての記述はない。なお、「罌」は甕のことである。

【芥子の花の俳句】

散り際は風もたのまずけしの花  宝井其角
散時の心安さよけしの花  越智越人

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|蜘蛛(くも)

三夏の季語 蜘蛛

女郎蜘蛛(じょろうぐも)

新形三十六怪撰源頼光土蜘蛛ヲ切ル図(国会図書館)節足動物門鋏角亜門クモガタ綱クモ目。6本脚の昆虫とは別のグループに分類され、8本の脚を持つ。また、腹部から出る糸で網を張って、昆虫などを捕食することで知られているが、網を張らずに生活する蜘蛛も多い。
蜘蛛の語源は、アシダカグモの漢名の「喜母(きも)」にあると考えられている。

ハエトリグモやアシダカグモなど、日本では約1300種の蜘蛛が知られているが、俳句では女郎蜘蛛がよく詠み込まれる。その体色から花魁と見なされた女郎蜘蛛は、直径1mくらいの網を張り、弱いながらも毒を持つ。雌は30㎜に達する大きな蜘蛛であるが、雄はその半分以下の大きさしかなく、しばしば雌の餌となる。谷崎潤一郎の小説「刺青」など、文学でもよく取り上げられる生物である。
なお、女郎蜘蛛は秋によく見られるが、俳句の世界では夏の季語となる。

ヨーロッパの伝説に登場する毒蜘蛛タランチュラなど、古来、その姿の異様さから恐れられてきた生物であり、現在でも害虫と見なされることが多い。しかし、本来は害虫を退治する益虫である。近年では、その強靭な糸が産業界に役立つのではないかとも言われている。
また、身近な生物であるために、「朝に蜘蛛を見ると縁起が良く、夜に蜘蛛を見ると縁起が悪い」という俗説も生まれた。文学では、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」が有名である。

【蜘蛛の俳句】

蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|筍飯(たけのこめし)

初夏の季語 筍飯

筍ご飯(たけのこごはん)

筍飯の俳句と季語(下屋敷乃笋つみ)筍を使った炊き込みご飯を、筍飯という。
江戸時代には、目黒は孟宗竹の名産地として知られ、目黒不動の門前町では筍料理が提供されていた。中でも筍飯は評判で、ここから庶民にも広がっていったと考えられる。
ただし、角伊勢・大黒屋・内田屋といった名の知れた料亭には、名物の筍飯よりも給仕をする妙齢の女性を目当てにする客が多かったようで、正岡子規の「病牀六尺」には、その思い出が綴られている。

子規が訪れたのは、明治27年の3月末。牡丹亭で筍飯を持ってきてくれた十七、八の女性に恋してしまった。子規は思い出に、「筍や目黒の美人ありやなし」の俳句を詠んでおり、よほど印象に残ったものと思われる。

▶ 関連季語 筍(夏)

【筍飯の俳句】

目黒なる筍飯も昔かな  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|花篝(はなかがり)

晩春の季語 花篝

花篝の俳句と季語(千代田の大奥お庭の夜桜)夜桜を観賞するために焚く篝火を、「花篝」と言う。電灯を入れた提灯は、「花雪洞(はなぼんぼり)」と言う。
「かがり」は「輝り」である。「花篝」は桜の花を照らし出すためのものであるが、「篝火」自体は電灯のない時代の屋外照明として、奈良時代頃より頻繁に用いられてきたものである。

京都の円山公園の花篝は有名であり、例年3月下旬から4月上旬にかけて、桜をライトアップするとともに篝火が焚かれる。

▶ 関連季語 桜(春)

【花篝の俳句】

花篝月の出遅くなりにけり  西島麦南
まだ焚かぬ花の篝や夕間暮  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|馬酔木(あせび)

晩春の季語 馬酔木

馬酔木咲く(あせびさく)

馬酔木の俳句と季語ツツジ科アセビ属の常緑低木で、山地に自生する。3月から4月頃に白い壺のような花をたくさんつけて、独特のにおいがある。園芸品種には、ピンクの花をつけるものもある。
「馬酔木」は「あせび」と読むだけでなく、「あしび」「あせぼ」などとも読む。ただ、ひらがな表記をすると、「あしび」は秋の季語「葦火」と、「あせぼ」は夏の季語「汗疹」と混同するので注意が必要である。また、花を強調するために「馬酔木の花」とすることが多く、「馬酔木花」と書いて「あせび」と読ませることもある。

馬がこの葉を食べると毒に当たり、酔ったようになるために「馬酔木」の名がついたと言われる。鹿が食べると角が落ちるとも語られ、鹿もこの木を食害しないため、奈良公園の浅茅ヶ原には馬酔木がよく見られる。

古くから日本人に親しまれてきた馬酔木は、万葉集にも10首ほど歌われ、謀反の疑いで処刑された大津皇子が二上山に葬られた時の大伯皇女の和歌

磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど 見すべき君が在りと言はなくに

は有名である。
また、万葉集には馬酔木を詠みこんだ長歌もあるが、これには馬酔木の名所として知られた「草香の山」が登場する。そこでの馬酔木(あしび)は、「悪し」に掛けられたりしている。

俳句の世界では、季語というよりも反ホトトギス色の濃い俳誌「馬酔木(あしび)」の方をイメージすることが多いかもしれない。元は「破魔弓」だったが、水原秋桜子が参加してその古色を嫌い、「馬酔木」となった。

【馬酔木の俳句】

馬酔木咲く金堂の扉にわが触れぬ  水原秋桜子
花ぶさの雨となりたる馬酔木かな  大谷碧雲居

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に