俳句と季語俳句検索俳人検索俳句の辞世句俳句暦俳句関連骨董品

歳時記とは季節を身近に感じるツール

歳時記とは、季語を分かりやすく分類した季寄せ。歳時記とは、インターネットでより簡単便利になるもの。末成歳時記は、俳句を身近にするインターネット歳時記として、日々情報更新中。一覧できる現在のインデックス数は約2500。⇒ 季語検索スタート

末成歳時記で俳句に挑戦 今月の季語(9月・10月)

赤蜻蛉曼珠沙華燕帰るコスモス糸瓜 (9月中旬:秋の季語)
鰯雲鹿蟷螂金木犀 (9月下旬:秋の季語)
夜長新酒渡り鳥 (10月上旬:秋の季語)

旅の歳時記|子規庵(東京都)

歳時記とは9月19日の糸瓜忌が近づいた。根岸にある子規庵は、コロナ禍のために休館しているが、おそらくその庭の糸瓜棚には、例年のごとく見事な実を垂れ下げていることだろう。現在、子規文庫蔵の修復工事も行われており、新しくなった子規庵の営業再開を心待ちにしている。病禍に見舞われた時だからこそ、正岡子規の事績に再注目!

⇒ 子規庵ホームページ

旅の歳時記|金沢(石川県)

歳時記とは秋は金沢の季節。松尾芭蕉が、奥の細道の旅で金沢に入ったのも秋。「あかあかと日は難面もあきの風」と詠まれたのは、新暦でいえば9月7日頃。また、松任出身の加賀千代女にとっても馴染みが深い土地で、よく知られている「朝顔につるべとられてもらい水」「蜻蛉釣り今日は何処まで行ったやら」は、いずれも秋の句。厳しい冬を目前にして、金沢の秋は、穏やかな表情で迎えてくれる。

⇒ 金沢市観光協会ホームページ

旅の歳時記|室戸岬(高知県)

歳時記とはようやく梅雨が明け、次は台風シーズン。しかし今年は、台風があまり生まれていないらしい。昨年の事を思えば有り難いが、油断はならぬ!
台風と言えば、よく話題に上がるのが室戸岬。台風北上の途上に挨拶しなければならないかのように立ち寄っていくこの場所は、空海が明星と合体し、悟りが開けた場所でもある。1931年に訪れた高浜虚子に、「龍巻に添うて虹立つ室戸岬」の俳句がある。

⇒ 室戸市ホームページ

末成歳時記ニュース

旧壺春堂医院主屋が登録有形文化財

2018年2月に亡くなった金子兜太の生家が、登録有形文化財になる見通し。現在、埼玉県皆野町に壺春堂記念館として整備されている。

おくやみ

【金箱戈止夫氏】2020年7月21日。壺主宰。
【佐々木達司氏】2020年7月7日。青森県文芸協会出版部長、俳人成田千空研究会代表などを歴任。
【鍵和田秞子氏】2020年6月11日。未来図創刊主宰、第22代鴫立庵庵主、俳人協会常務理事などを歴任。第一回俳人協会新人賞、俳人協会賞、毎日芸術賞、詩歌文学館賞。
【後藤比奈夫氏】2020年6月5日。諷詠主宰、俳人協会顧問などを歴任。蛇笏賞、山本健吉賞。103歳。
【伊藤敬子氏】2020年6月5日。笹創刊主宰。

おすすめの歳時記はこれだ!

【おすすめの歳時記1】山本健吉基本季語五〇〇選
末成歳時記は、どのような環境においても実用に耐え得るとは思うが、俳句の権威・山本健吉氏の「基本季語五〇〇選」があれば鬼に金棒。基本は500季語に抑えながらも、派生季語も一覧することができ、それらを合わせると数千に及ぶボリューム。個々の季語の背景への言及も詳細かつ的確で、歳時記とは何かというものを強く教えてくれる歳時記となっている。

【おすすめの歳時記2】早引き俳句季語辞典
国文学者でもある復本一郎氏によって編集された「早引き俳句季語辞典」は、フィールドで活躍する。文庫本サイズの携帯しやすい歳時記で、例えば「風」ならば、季節ごとにその風の名前が一覧表示されている。末成歳時記では十分にカバーできていないところを、きれいに補ってくれる歳時記である。

花の歳時記|彼岸花(仲秋の季語)

歳時記とは稲作の伝来とともに中国から入ってきたとも言われている彼岸花であるが、今や日本の秋の風物詩としてすっかり定着しており、9月中旬から全国各地で彼岸花祭りも開催される。東京でも、彼岸花の名所として小石川後楽園などが知られている。コロナ禍の今年、彼岸花は咲くことを急いだか、こんなニュースを見つけた。

⇒ ヤフーニュース(丹波新聞)

花の歳時記|萩(初秋の季語)

歳時記とは秋の七草のひとつ。万葉集に最もよく出てくる花が萩であり、秋の景色に欠かすことのできないパーツである。
例年9月も中旬になると、各地で萩まつりが開催されるが、今年は縮小傾向にあるようだ。萩の宮として名高い京都の梨木神社でも、今年は恒例の萩まつりに伴う俳句大会は中止のようで寂しい。ただ、神事は斎行される。早期のコロナ終息を祈る。

⇒ 梨木神社ホームページ

歳時記とは俳句関連施設
全国の俳句資料館や記念館を都道府県別に分類

歳時記とは去来抄
芭蕉研究には欠かせない去来抄の原文

歳時記とは猫の歳時記
季語にもなった猫と猫の俳句たち

歳時記とは俳人のシニザマ
姉妹ブログにて俳人の生き様とシニザマ

歳時記とは何か歳時記とは何か