麦の穂をたよりにつかむ別れかな

川崎にある松尾芭蕉の句碑

むぎのほを たよりにつかむ わかれかな

芭蕉の句碑京浜急行八丁畷駅を降りてすぐの、道の向こう側に芭蕉の句碑がある。晩年の元禄7年(1694年)5月11日に、芭蕉の息子とも目される次郎兵衛を連れて江戸深川を発ち、故郷の伊賀上野に向かう途上、川崎宿を少し過ぎたところに腰掛茶屋・一茶亭(通称「榎だんご」)があり、そこで団子を食べながら見送りの弟子たちと句を詠み合った時に成った「麦の穂」を刻む。
句碑は、俳人一種が、天保の三大俳人の一人として知られる桜井梅室に揮毫してもらって、文政13年(1830年)8月に建立したもの。当初は茶屋跡に建てられたというが、その後転々として、昭和27年6月に地元の俳人たちによって、やや南西に下った現在地に移された。句碑の近くにある日進町町内会館は「麦の穂」と名付けられ、句碑と東海道の説明書が掲げられている。


▶ 句碑の場所をグーグルマップで確認する

芭蕉句碑巡り 2018年5月3日

芭蕉句碑昨年末、新聞に川崎の「麦の穂」の句碑のことが載っていた。前回の東京五輪を前に保存機運が高まり、町内会で管理を行うようになったということ。現在では会員の高齢化のために、その存続が危ぶまれているということ…
川崎駅の隣にあたる八丁畷に降りると、半ばシャッター街となったアーケードがあり、記事の内容に納得。若者で賑わう川崎市街から歩いて10分の距離でもこの有様。ただ、付近には簡易宿泊施設が立ち並び、決して人通りが少ないというわけではない。ここは、汗水たらして稼いだ夢を育み、通過していく場所なのだろう。芭蕉句碑

芭蕉の時代には川崎宿の外れにあたり、一面麦畑が広がるところ。深川を出立した旧暦5月11日は、今年ならば6月24日。麦の穂が伸び、その上を湿気を帯びた風が吹き抜けていたことだろう。旅立ちを、暑さ増し行く梅雨時と決めた芭蕉。抜き取った麦の穂のか細さに、「別れ」を歌うこころは如何に…
死の予感があったと見る向きもある。この旅では、伊賀の兄を見舞った後に異国情緒を求めて西国へと足をのばす予定もあったが、5カ月後に客死。野坡らの手向けの句も空しく、残した弟子たちとは本当の別れとなってしまった。

麦畑や出抜けても猶麦の中  野坡



▶ 松尾芭蕉の句碑

川上とこの川下や月の友

東京深川にある松尾芭蕉の句碑

かわかみと このかわしもや つきのとも

芭蕉の句碑芭蕉庵史跡展望庭園の句碑。元禄6年(1693年)秋、隅田川に東方から合流する小名木川に舟を浮かべ「深川の末、五本松といふ所に船をさして」という前書きで詠まれた。小名木川五本松とは、芭蕉庵史跡展望庭園から東に2㎞ほど行った島忠のあたり。江戸時代には綾部藩九鬼家の下屋敷があり、松を三代将軍家光が愛でたことから月の名所になった。この句碑は、そこにあった住友セメントシステム開発が平成20年12月4日に敷地内に建立したというが、2011年7月の移転に伴い当地に寄贈されたという。
句意は、「川上において友も同じ月を眺めていることだろう」というもの。その友とは、山口素堂のことではないかと言われている。芭蕉没後の元禄11年(1698年)「続猿蓑」所収。同じ句碑は、北に300mほど離れた江東区芭蕉記念館の中にもある。

▶ 句碑の場所をグーグルマップで確認する

芭蕉句碑巡り 2018年4月16日

芭蕉句碑深川とは、隅田川の深さを言ったものかと思っていたが、付近を開拓した深川八郎右衛門の名を冠しているということだ。その深川八郎右衛門と同時代に生きた小名木四郎兵衛が、家康の命で掘削した運河が小名木川だという。

芭蕉句碑芭蕉庵史跡展望庭園は、小名木川と隅田川の合流地点を見下ろすようにつくられている。芭蕉稲荷の付近から芭蕉の愛でた石蛙が発見されたことから、50mほど東に入ったそこに史跡芭蕉庵跡の碑が立つが、津波の後で石蛙が発見されたということだから、本当は川下となるこの辺りに芭蕉は住んでいたのかもしれない。

芭蕉庵から当時見えたという富士も浅草観音も、今はビル陰に見えない。そんな時代の変遷の中でも芭蕉は、ブロンズ姿で平成7年によみがえり、行き交う船に目を向けている。芭蕉に惹かれるものはその後方に立ち、同じ景色を見ようと川面に見入る。しかし映し出されるのは、昨日と変わらぬ空の色。行く風が、打ち消すように波と広がる。

今日は何の句も浮かんでこない…



▶ 松尾芭蕉の句碑

古池や蛙とびこむ水の音

東京深川にある松尾芭蕉の句碑

ふるいけや かわずとびこむ みずのおと

芭蕉の句碑深川芭蕉庵跡とされる芭蕉稲荷境内に句碑がある。俳句の代名詞とも言えるこの句は、1686年(貞享3年)閏3月刊行の「蛙合」初出で、この年に深川芭蕉庵で行われた句合で詠まれたものと考えられている。芭蕉42歳。芭蕉がここへ移ってきた時には湿地が残り、詠み込まれた「古池」が、芭蕉庵の傍にあったと言われている。
芭蕉はこの句を自身の説く不易流行の代表ととらえており、門人の各務支考は「情は全くなきに似たれども、さびしき風情をその中に含める風雅の余情」ととらえた。新たな時代の始まりを告げる句となった。

▶ 句碑の場所をグーグルマップで確認する

芭蕉句碑巡り 2018年4月16日

芭蕉句碑深川芭蕉庵は、杉山杉風に草庵の提供を受けた松尾芭蕉が、延宝8年(1680年)から晩年の元禄7年(1694年)までを過ごした場所。もっとも、延宝8年(1680年)から江戸の大火で焼け出されるまでの第一次芭蕉庵、天和3年(1683年)から奥の細道の旅に出るまでの第二次芭蕉庵、元禄2年(1689年)から晩年までの第三次芭蕉庵と、付近を転々としており、没後3年の元禄10年には松平遠江守の武家屋敷に取り込まれた。最後の庵は、池を前面にして3部屋。俳号の由来となったバショウも移植していたという。
幕末の混乱下、場所が分からなくなっていたものの、大正6年の津波により芭蕉の愛でた石蛙が顔を出したため、そこに芭蕉稲荷を祀った。現在では、ビルの谷間の赤い祠付近が史跡芭蕉庵跡となっている。なお、発見された石蛙は、北に300mほど行ったところにある江東区芭蕉記念館に展示。その代わりとしてやってきた蛙は、境内のあちらこちらで様々な表情を浮かべている。

芭蕉句碑中でも、手水横と奥の細道旅立参百年記念碑(平成元年建立)の間に座する蛙は印象的。旅路の困難を取り除くために祀られたか、赤石がまるで宝石のような存在感を漂わせている。その近くには旅姿の老人が休んでいたが、ここを目的地としてやってきたのか、ここから旅立っていくのかは不明。ただ、その姿を見れば芭蕉の足跡を辿っていることだけは明らか。

芭蕉句碑しかし悲しいかな、ここは隅田川の川風が通るとは言え、その隅田川は運河として海の色を呈している。潮風に洗われる場所で、果たして本当に古池の句が生まれたのだろうか?津波に発見された蛙を根拠とする庵なら、翁の住んでいた場所はもっと湿地然とした別の場所にあるのかも知れない…そんなことを考えながら歩いていると、芭蕉庵史跡展望庭園の中に小さな池を発見。そこには、多数のおたまじゃくしが泳いでいる。顔を上げると、向こうに芭蕉翁の銅像。その視線を辿ってみると、海という名の大きな古池が広がっていることに気が付いた。

から井戸へ飛びそこなひし蛙よな  鬼貫



▶ 松尾芭蕉の句碑

発句也松尾桃青宿の春

東京日本橋にある松尾芭蕉の句碑

ほっくなり まつおとうせい やどのはる

芭蕉の句碑延宝6年(1678年)に俳諧宗匠となった松尾芭蕉の当時の俳号は「桃青」。翌年の正月に、その心意気を詠んだと言われている。
日本橋近くの小田原町(現:室町1丁目)は、29歳の寛文12年(1672年)に伊賀上野から上京し、延宝8年(1680年)まで住んでいたと言われる場所。俳号を卜尺とした小沢太郎兵衛の借家である。魚市場に近く、多くの魚屋が並んでいた場所であったと考えられている。現在では、佃煮の老舗「日本橋鮒佐」の店先に句碑が立っているが、芭蕉はほぼこの辺りに住んでいたらしい。

▶ 句碑の場所をグーグルマップで確認する

芭蕉句碑巡り 2018年3月12日

芭蕉句碑五街道の起点として、日本の文化経済の中心として繁栄した日本橋。19代目とされる橋は国の重要文化財にも指定され荘厳な造りではあるが、上部を首都高が跨ぎ窮屈そうな佇まい。今ようやく首都高の地中化計画が動き出し、2020年以降に着工するとのこと。
芭蕉は、橋の北側二筋目にある小田原町の借家に帰るために、4代目となる日本橋を往来していたことだろう。現在ではその正面に三越日本橋本店がどっかと腰を下ろし、車と人が頻繁に行き来してはいるが、銀座ほどの賑わいはない。芭蕉の時代には、日本一の繁華街だったと言われているが…。

芭蕉句碑三越前の国道4号を渡り小路に入ると、小さいながらも多くの老舗が軒を連ねる。建物こそ近代的であるが、裏通りにはまだ、江戸期からの伝統が生きている。その中のひとつ日本橋鮒佐を覗いてみると、美しい佃煮が上品に並べられている。文久2年(1862年)の創業だから、芭蕉からかなり時代は下る。幕末の北辰一刀流剣士・佐吉が初代となり、佃煮の原型を創り出したとも言われる歴史ある名店だ。その店先に「発句也松尾桃青宿の春」の句碑はあるが、その文字は、当時の俳人住所録を記した尾張鳴海の庄屋・下里知足の手によるもの。

芭蕉句碑恐らく芭蕉の時代には希薄だった上質さを纏う路地を抜けて顔を上げると、桜が咲いている。早咲きのこの桜はオカメザクラ。カンヒザクラとマメザクラを交配したもので、イギリスの桜研究家が生み出したものだという。日本橋室町を東に抜けた通りが並木となっているが、そこを行くビジネスマンは路駐の車をよけることに必死で、気に掛けることもなく潜り抜ける。ただ、舞い降りた鳥はそこに一声。風はまだ冷たくもあるが、花は、芭蕉の生きた街に339回目の春を告げている。

さまざまのこと思い出す桜かな  芭蕉



▶ 松尾芭蕉の句碑