堀口星眠

野鳥の俳句が印象的な馬酔木高原派と呼ばれた星眠

ほりぐちせいみん

1923年3月13日~2015年2月2日。群馬県碓氷郡安中町(安中市)出身。水原秋桜子に師事。「馬酔木」同人・主宰。軽井沢の「森の家」で句会を開き、その句会仲間の大島民郎、相馬遷子らとともに馬酔木高原派と呼ばれた。「橡」創刊・主宰。俳人協会顧問などを歴任。

▶ 堀口星眠の俳句



【中古】 俳句お花畑 初心者のための秀句鑑賞 3 / 堀口星眠 / 揺籃社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
1594円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【もったいない本舗 楽天市場店】

 堀口星眠の年譜
1923年 大正12年 3月13日、群馬県碓氷郡安中町に生まれる。(*1)
1942年 昭和17年 旧制新潟高校を卒業し東京大学医学部に入学。
1943年 昭和18年 「馬酔木」に投句し水原秋桜子に師事。
1947年 昭和22年 東京大学を卒業し東大付属病院物療内科に入局。
1949年 昭和24年 軽井沢に「森の家」を借り句会を始める。
1952年 昭和27年 「馬酔木」同人。
1955年 昭和30年 安中市で開業。
1958年 昭和33年 馬酔木賞受賞。句集「火山灰の道」刊行。
1976年 昭和51年 句集「営巣期」で俳人協会賞。
1981年 昭和56年 秋桜子の遺言で「馬酔木」主宰を継承。
1983年 昭和58年 句集「青葉木菟」刊行。
1984年 昭和59年 「橡」を創刊・主宰し、「馬酔木」から退く。
1990年 平成2年 句集「樹の雫」刊行。
1992年 平成4年 句集「祇園祭」刊行。
2009年 平成21年 句集「テーブルの下に」刊行。
2015年 平成27年 2月2日に肺炎で亡くなる。享年91。
*1 本名は慶次。