富田木歩

とみたもっぽ

1897年4月14日~1923年9月1日。東京市本所区新小梅町(東京都墨田区)出身。最初の俳号は吟波。幼時の高熱のために歩行不能となり、自ら木の足をつくる。それをもとに「木歩」と号す。臼田亞浪に師事。「石楠」所属。

▶ 富田木歩の俳句