俳人検索結果



筑紫磐井 

句集世に出でよ黙視の春暑し 
歳々に変はるをんなと夏ごろも 
業平忌青女房の恋疾し 
円覚寺累代の蟇さぶらへり 
万葉の秋の田の歌恋のうた 
ほんたうは松茸御飯炊いてをり 
新蕎麦と言はせて褒める江戸の粋 
縦・横にかさばる障子洗ふ役 
咳こぼれいづこにこもる夜居の僧 
をりをりは鼓を囃し万歳楽 
筆撰ぶ銀座に雨の良寛忌 
みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 

虚子は戦後俳句をどう読んだか 埋もれていた「玉藻」研究座談会 [ 筑紫磐井 ]
2970円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【楽天ブックスならいつでも送料無料】 【楽天ブックス】