俳人検索結果



有馬朗人 

たんぽぽや西の遥かにポルトガル  (苑)
殷亡ぶ日の如く天霾れり 
こめかみに人形町の薄暑かな 
教会の大いなる鍵月涼し 
長崎も丸山にゐて豆御飯 
風神の絵襖開く夏座敷 
夜店の灯古きパリーの地図を買ふ 
滝なすや四万六千日の雨 
街あれば高き塔あり鳥渡る 
冬眠の蛇に滅びし社あり 
あらたまの猪に目を入れ飴細工 
初夏に開く郵便切手ほどの窓 
草餅を焼く天平の色に焼く 
露を置く野のキリストの足の釘 
日向ぼこ大王よそこどきたまへ 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に