俳人検索結果



寺山修司 

わが声もまじりて卒業歌は高し 
便所より青空見えて啄木忌 
葱坊主どこをふり向きても故郷 
西日はじきかえして機罐車が退る 
他郷にてのびし髭剃る桜桃忌 
流すべき流燈われの胸照らす 
林檎の木ゆさぶりやまず逢いたきとき