俳句

季語検索結果



藍植うあいうう 藍刈るあいかる アイスクリームあいすくりーむ 藍の花あいのはな 愛の羽根あいのはね 藍干すあいほす 青蘆あおあし 青嵐あおあらし あおい 葵祭あおいまつり 青梅あおうめ 青蛙あおがえる 青柿あおがき 青木の実あおきのみ 青き踏むあおきふむ 青北風あおぎた 青桐あおぎり 青草あおくさ 青胡桃あおくるみ 青栗あおぐり 青鷺あおさぎ 青山椒あおざんしょう 青しあおし 青芝あおしば 蒿雀あおじ 青写真あおじゃしん 青芒あおすすき 青簾あおすだれ 青田あおた 青田風あおたかぜ 青田道あおたみち 青蔦あおつた 青唐辛子あおとうがらし 青梨あおなし 青饅あおぬた 青嶺あおね 青野あおの 青海苔あおのり 青萩あおはぎ 青葉あおば 青蠅あおばえ 青葉木菟あおばずく 青葉闇あおばやみ 青鬼灯あおほおずき 青酸漿あおほおずき 青松虫あおまつむし 青蜜柑あおみかん 青岬あおみさき 青麦あおむぎ 青林檎あおりんご 赤い羽根あかいはね 赤鱝あかえい 赤蕪あかかぶ 赤貝あかがい 赤貝あかがひ あかがりあかがり あかがり あかぎれ アカシアの花あかしあのはな アカシヤの花あかしやのはな 赤蜻蛉あかとんぼ 赤とんぼあかとんぼ 蕃茄あかなすび 茜掘るあかねほる 赤のままあかのまま 赤富士あかふじ 赤まんまあかまんま あき 秋薊あきあざみ 秋鯵あきあじ 秋鯵あきあぢ 秋暑しあきあつし 秋袷あきあはせ 秋扇あきあふぎ 秋袷あきあわせ 秋団扇あきうちわ 秋麗あきうらら 秋扇あきおうぎ 秋惜しむあきおしむ 秋風あきかぜ 秋鰹あきかつお 秋鰹あきかつを 秋蛙あきかわず 秋蚊帳あきがや 秋来るあききたる 秋草あきくさ 秋来るあきくる 秋曇りあきぐもり 秋蚕あきご 秋鯖あきさば 秋寂びあきさび 秋寒あきさむ 秋雨あきさめ 秋桜あきざくら 秋潮あきしお 秋時雨あきしぐれ 秋潮あきしほ 秋涼しあきすずし 秋簾あきすだれ 秋澄むあきすむ 秋蝉あきぜみ 秋空あきぞら 秋高しあきたかし 秋立つあきたつ 秋近しあきちかし 秋蝶あきちょう 蜻蛉あきつ 秋入梅あきついり 秋燕あきつばめ 蜻蛉あきづ 秋蝶あきてふ 秋出水あきでみず 秋出水あきでみづ 秋ともしあきともし 秋土用あきどよう 秋茄子あきなす 秋茄子あきなすび 秋の朝あきのあさ 秋の雨あきのあめ 秋の鮎あきのあゆ 秋の入日あきのいりひ 秋の湖あきのうみ 秋の海あきのうみ 秋の江あきのえ 秋の蚊あきのか 秋の風あきのかぜ あきの風あきのかぜ 秋の川あきのかは 秋の川あきのかわ 秋の蛾あきのが 秋の金魚あきのきんぎょ 秋の草あきのくさ 秋の雲あきのくも 秋の蜘蛛あきのくも 秋の暮あきのくれ 秋の声あきのこえ 秋の酒あきのさけ 秋の潮あきのしお 秋の芝あきのしば 秋の蝉あきのせみ 秋の空あきのそら 秋の田あきのた 秋の蝶あきのちょう 秋の土あきのつち 秋の蝶あきのてふ 秋の鳥あきのとり 秋の七草あきのななくさ 秋の波あきのなみ 秋の虹あきのにじ 秋の沼あきのぬま 秋の野あきのの 秋の蠅あきのはえ 秋の浜あきのはま 秋の晴れあきのはれ 秋の日あきのひ 秋の灯あきのひ 秋の昼あきのひる 秋の蛇あきのへび 秋の星あきのほし 秋の蛍あきのほたる 秋の湖あきのみずうみ 秋の芽あきのめ 秋の山あきのやま 秋の夜あきのよ 秋の夜あきのよる 秋の雷あきのらい 秋の炉あきのろ 秋果つあきはつ 秋羽織あきばおり 秋場所あきばしょ 秋薔薇あきばら 秋晴あきばれ 秋晴れあきばれ 秋陽あきひ 秋彼岸あきひがん 秋旱あきひでり 秋日和あきびより 秋深きあきふかき 秋深しあきふかし 秋遍路あきへんろ 秋蛍あきぼたる 秋蒔あきまき 秋祭あきまつり 秋繭あきまゆ 秋茗荷あきみょうが 秋芽あきめ 秋めくあきめく 秋行くあきゆく 秋を待つあきをまつ 明の春あけのはる 通草あけび 通草の花あけびのはな 明易しあけやすし 揚羽蝶あげはちょう 揚羽蝶あげはてふ 揚花火あげはなび あさ 麻刈あさかり 朝顔あさがお 牽牛花あさがお 朝霞あさがすみ 牽牛花あさがほ 朝顔あさがほ 朝霧あさぎり 朝曇あさぐもり 朝東風あさこち 朝寒あささむ 朝霜あさしも 浅茅あさじ 朝霜あさじも 朝涼あさすず 胡葱あさつき 浅漬あさづけ 朝凪あさなぎ 朝寝あさね 麻の花あさのはな 朝冷えあさびえ 麻服あさふく 朝焼あさやけ 浅蜊あさり 浅蜊汁あさりじる あざみ 蘆刈あしかり 蘆の角あしのつの 蘆の花あしのはな 蘆の穂あしのほ 蘆の穂絮あしのほわた 蘆の芽あしのめ 馬酔木あしび 蘆火あしび 蘆辺踊あしべおどり 蘆辺踊あしべをどり あじ 鯵売あじうり 紫陽花あじさい 網代守あじろもり 小豆あずき 小豆粥あずきがゆ 東踊あずまおどり 東菊あずまぎく あせ 汗取あせとり 汗拭あせぬぐい 汗ばむあせばむ 馬酔木あせび 馬酔木咲くあせびさく 馬酔木あせぼ 馬酔木あせみ 汗水あせみず 汗疹あせも 畦塗あぜぬり 畦焼あぜやき 暖かあたたか 温め酒あたためざけ あぢ 鯵売あぢうり 紫陽花あぢさゐ 熱燗あつかん 暑き日あつきひ 厚着あつぎ 厚氷あつごおり 厚氷あつごほり 暑さあつさ 暑しあつし 小豆あづき 小豆粥あづきがゆ 東菊あづまぎく 東踊あづまをどり 海鰻あなご 穴子あなご 穴惑あなまどい 穴惑あなまどひ アネモネあねもね あは あはせ あはび 淡雪あはゆき あふぎ 扇置くあふぎおく 楝の実あふちのみ あふひ 葵祭あふひまつり あぶ 油蝉あぶらぜみ 油照りあぶらでり 油虫あぶらむし 蚜虫あぶらむし 甜瓜あまうり 雨蛙あまかわず 雨蛙あまがえる 雨蛙あまがへる 甘草あまき 甘草あまくさ 雨乞あまごい 甘酒あまざけ 甘茶あまちゃ 甘茶仏あまちゃぶつ 天の川あまのかわ 天の川あまのがは 銀漢あまのがわ 甘干あまぼし アマリリスあまりりす 網戸あみど 網舟あみぶね 雨の月あめのつき 飴湯あめゆ 水馬あめんぼ あめんぼうあめんぼう 菖蒲あやめ あやめ草あやめぐさ 菖蒲の日あやめのひ あゆ 鮎掛あゆかけ 洗膾あらい 洗い髪あらいがみ 洗い飯あらいめし 新玉あらたま 洗膾あらひ 新巻あらまき 荒布あらめ 黒菜あらめ あられ あり 蟻穴を出るありあなをでる 蟻地獄ありじごく 蟻塚ありづか 蟻の塔ありのとう 蟻の道ありのみち 蚜虫ありまき アロハあろは アロハシャツあろはしゃつ あわ 阿波踊あわおどり あわせ 泡立草あわだちさう 泡立草あわだちそう あわび 泡盛あわもり 淡雪あわゆき 藍植うあゐうう 藍刈るあゐかる 藍の花あゐのはな 藍干すあゐほす 青蘆あをあし 青梅あをうめ 青柿あをがき 青蛙あをがへる 青北風あをぎた 青桐あをぎり 青草あをくさ 青胡桃あをくるみ 青栗あをぐり 青鷺あをさぎ 青しあをし 蒿雀あをじ 青簾あをすだれ 青田あをた 青田風あをたかぜ 青田道あをたみち 青蔦あをつた 青梨あをなし 青饅あをぬた 青嶺あをね 青野あをの 青海苔あをのり 青萩あをはぎ 青葉あをば 青葉木菟あをばづく 青蠅あをばへ 青葉闇あをばやみ 青松虫あをまつむし 青蜜柑あをみかん 青林檎あをりんご 行火あんか 鮟鱇あんかう 鮟鱇鍋あんかうなべ 鮟鱇あんこ 鮟鱇あんこう 鮟鱇鍋あんこうなべ 安居あんご 案山子あんざんし あんず 杏の花あんずのはな い 蟷螂いいぼむしり 藺植うるいううる 烏賊いか 紙鳶いか いか いかづち 紙鳶いかのぼり いかのぼり 藺刈いかり 息白しいきしろし 生身魂いきみたま 郁子いくし 生簀船いけすぶね 池普請いけぶしん いさ いさきいさき いさざ いさな 十六夜いざよい 十六夜いざよひ いずみ 泉殿いずみどの 伊勢海老いせえび 磯遊びいそあそび 磯焚火いそたきび 磯開きいそびらき 虎杖いたどり 一位の実いちいのみ 一葉いちえふ 一月いちがつ 一月いちぐわつ いちご 苺の花いちごのはな 無花果いちじく 一の午いちのうま 一の酉いちのとり 一八いちはつ 一番草いちばんぐさ 銀杏いちょう 銀杏散るいちょうちる 銀杏の花いちょうのはな 銀杏の実いちょうのみ 一葉いちよう 一葉忌いちようき 一茶忌いっさき 凍ついつ 五日いつか 凍つるいつる 凍雲いてぐも 凍蝶いてちょう 凍鶴いてづる 凍蝶いててふ 凍解いてどけ 銀杏散るいてふちる 凍ゆるむいてゆるむ 糸遊いという 糸桜いとざくら 糸蜻蛉いととんぼ 竈馬いとど 糸遊いとゆう 糸遊いとゆふ 稲扱いなこき 稲扱いなこぎ いなご いなご 蝗取りいなごとり 稲雀いなすずめ いなずま 稲田いなだ 稲妻いなづま いなづま 稲光いなびかり 稲穂いなほ いなむし いぬぞりいぬぞり 去ぬ燕いぬつばめ 犬ふぐりいぬふぐり いね 稲刈いねかり 稲扱いねこき 寝積むいねつむ 稲の秋いねのあき 稲の花いねのはな ゐのこづちいのこづち 牛膝いのこづち 亥の子餅いのこもち いのしし 藺の花いのはな 岩清水いはしみづ 岩燕いはつばめ 岩魚いはな 井華水いばなみず 茨の花いばらのはな 茨の実いばらのみ いぼむしりいぼむしり 居待月いまちづき いも いも 芋嵐いもあらし 芋植ういもうう 蟷螂いもじり 芋子汁いもっこじる 芋煮いもに 芋煮会いもにかい 芋の露いものつゆ 芋虫いもむし 蠑螈いもり 弥生いやおい 色草いろくさ 色鳥いろどり 囲炉裏いろり いわし 鰯売いわしうり 鰯汲むいわしくむ 鰯雲いわしぐも 岩清水いわしみず 岩燕いわつばめ 岩魚いわな いんげんいんげん 隠元豆いんげんまめ 院展いんてん イースターいーすたー う 茴香の花ういきょう 浮いてこいういてこい 郁子うえ 植木市うえきいち 植田うえた 魚島うおじま 鵜飼うかい 鵜篝うかがり 鵜川うかは 鵜飼うかひ うかれ猫うかれ猫 鵜川うかわ 雨期うき 雨季うき うきくさ 浮草うきくさ 萍の花うきくさのはな 浮氷うきごおり 浮巣うきす 浮人形うきにんぎやう 浮人形うきにんぎょう 浮寝鳥うきねどり 浮葉うきは うぐいす 鶯菜うぐいすな 鶯笛うぐいすぶえ 鶯餅うぐいすもち うぐひす 鶯菜うぐひすな 雨月うげつ 五加木うこぎ 五加木飯うこぎめし 鬱金の花うこんのはな 海髪うご うさぎ 兎狩うさぎがり 牛鍋うしなべ 牛冷すうしひやす 牛祭うしまつり うじ 蛆虫うじむし 薄氷うすごおり 薄羽織うすばおり 薄羽蜉蝣うすばかげろう 薄羽蜉蝣うすばかげろふ うすもの 薄紅葉うすもみじ 薄紅葉うすもみぢ 薄氷うすらい 薄氷うすらひ 薄氷うすらひ 渦潮うずしお 埋火うずみび うずら うそ 鷽替うそかえ 鷽替うそかへ うそ寒うそさむ 謡初うたいぞめ 歌がるたうたがるた 謡初うたひぞめ 団扇うちは 打水うちみず 打水うちみづ 団扇うちわ 空蝉うつせみ 卯月うづき 埋火うづみび うづら 独活うど 優曇華うどんげ うどんげの花うどんげのはな うなぎ 卯浪うなみ 雲丹うに 海胆うに 卯の花うのはな 卯の花腐しうのはなくたし 茨の花うばらのはな 雨氷うひょう 鵜舟うぶね 郁子うへ 郁子うべ 馬追うまおい 馬追うまおひ 馬肥ゆるうまこゆる 苜蓿うまごやし 馬冷すうまひやす 厩出しうまやだし 熟柿うみがき 海亀うみがめ 海澄むうみすむ 海開きうみびらき うむき うめ 梅が香うめがか 梅探るうめさぐる 梅酒うめしゅ 梅漬うめづけ 梅の雨うめのあめ 梅の実うめのみ 梅干うめぼし 梅見うめみ 梅擬うめもどき 梅嫌うめもどき 梅を干すうめをほす 末枯るるうらがるる 末枯れうらがれ 末枯うらがれ 裏白うらじろ 盂蘭盆うらぼん 盂蘭盆会うらぼんえ 盂蘭盆会うらぼんゑ うららうらら うらら 麗かうららか 盂蘭盆うらんぼん うり 売初うりぞめ 瓜漬うりづけ 瓜の馬うりのうま 瓜の花うりのはな 瓜畑うりばたけ 瓜揉うりもみ 漆掻うるしかき 漆紅葉うるしもみじ 漆紅葉うるしもみぢ うるめうるめ 潤目鰯うるめいわし 鱗雲うろこぐも 浮塵子うんか 雲海うんかい 運座始うんざはじめ 運動会うんどうかい 運動会うんどうくわい 永日えいじつ エイプリルフールえいぷりるふーる えごの花えごのはな 絵双六えすごろく 枝蛙えだかわず 枝豆えだまめ 越前蟹えちぜんがに 金雀枝えにしだ 金雀花えにしだ ゑのこ草えのこぐさ 狗尾草えのころぐさ 葡萄えび 夷講えびすこう 蘡薁えびずる 絵踏えふみ 絵踏えぶみ 恵方えほう 衣紋掛えもんかけ 衣紋竹えもんだけ 魞挿すえりさす 襟巻えりまき 鴛鴦えんおう 炎暑えんしょ 槐の花えんじゅのはな 遠足えんそく 炎昼えんちう 炎昼えんちゅう 炎帝えんてい 炎天えんてん えんどうえんどう 豌豆の花えんどうのはな 炎熱えんねつ 蜻蛉えんば えんぶりえんぶり 閻魔詣えんままうで 閻魔詣えんまもうで 遠雷えんらい 老鶯おいうぐひす 追羽子おいはご おうぎ 扇置くおうぎおく 黄蜀葵おうしょっき 樗の花おうちのはな 楝の実おうちのみ 桜桃忌おうとうき 桜桃の花おうとうのはな 黄梅おうばい 黄落おうらく 大旦おおあした 大石忌おおいしき おおかみ 大霜おおしも 大年おおとし 大歳おおとし 大歳おおどし 大根おおね 大白鳥おおはくちょう 大白鳥おおはくてう 大服おおぶく 大豆おおまめ 大晦日おおみそか 大瑠璃おおるり 大綿おおわた 陸稲おかぼ 陸稲刈おかぼがり 苧殻おがら 苧殻焚くおがらたく 翁忌おきなき 沖膾おきなます おぎ 御行おぎやう 御行おぎょう 晩稲刈おくてがり 晩稲田おくてだ 送り火おくりび 螻蛄おけら 螻蛄鳴くおけらなく 白朮火おけらび 御講日和おこうびより 海髪おごのり 御降りおさがり 鴛鴦おし おし 鴛鴦おしどり おしどり 白粉花おしろいばな お白酒おしろざけ 雄鹿おじか 遅日おそきひ 晩霜おそじも 遅日おそひ 御松明おたいまつ 苧環の花おだまきのはな 落鮎おちあゆ 落鰻おちうなぎ 落栗おちぐり 落椿おちつばき 落葉おちば 落葉掻おちばかき 落葉籠おちばかご 落葉焚おちばたき 落穂おちぼ 落穂拾いおちぼひろい 落穂拾いおちぼひろひ 乙字忌おつじき おでんおでん おでん酒おでんざけ 男郎花おとこえし 男郎花おとこめし 落し角おとしづの 落し文おとしぶみ 落し水おとしみず 落し水おとしみづ おとり 囮籠おとりかご 御取越おとりこし 威し銃おどしづつ おどり 踊子おどりこ 鬼薊おにあざみ 鬼貫忌おにつらき 鬼の豆おにのまめ 鬼蓮おにばす 鬼やらいおにやらい 鬼やんまおにやんま 鬼百合おにゆり 斧始おのはじめ 鉄漿蜻蛉おはぐろとんぼ お花畑おはなばたけ 尾花おばな お火焼おひたき 追羽子おひはご 帯解おびとき おほかみ 大年おほとし 大服おほぶく 大豆おほまめ 大晦日おほみそか おぼろ 朧月おぼろづき 朧夜おぼろよ 女郎花おみなえし 御身拭おみぬぐい 御身拭おみぬぐひ 御命講おめいかう 御命講おめいこう 沢瀉おもだか 万年青の実おもとのみ 親雀おやすずめ 親猫おやねこ 泳ぎおよぎ オリオンおりおん 織初おりぞめ 女正月おんなしょうがつ 鹿か か 開襟かいきん 開襟シャツかいきんしゃつ 海月かいげつ かいこ 蚕棚かいこだな 海鼠かいそ 買初かいぞめ 開帳かいちゃう 開帳かいちょう かいつぶり 海棠かいどう 海棠忌かいどうき 海南風かいなんぷう 解氷かいひょう 貝寄かいよせ 貝寄風かいよせ 傀儡師かいらいし 懐炉かいろ 貝割菜かいわりな 河骨かうほね 蝙蝠かうもり 夏雲かうん 楓の花かえでのはな 楓の芽かえでのめ 帰り咲くかえりざく 帰り花かえりばな 返り花かえりばな かえる 帰る雁かえるかり 蛙子かえるご 蛙の目借時かえるのめかりどき 顔見世かおみせ 案山子かかし 火蛾かが 案山子かがし 酸漿かがち 鏡開かがみびらき 鏡餅かがみもち 鏡割かがみわり かき 牡蠣かき 石花かき かき氷かきごおり かき氷かきごほり 書初かきぞめ 夏期大学かきだいがく 垣繕うかきつくろう 杜若かきつばた 燕子花かきつばた 柿の花かきのはな 牡蠣飯かきめし 柿紅葉かきもみじ 柿紅葉かきもみぢ 花杏かきょう 柿若葉かきわかば 蝸牛かぎゅう 蝸牛忌かぎゅうき 夏暁かぎょう 陽炎かぎろい 角力かくりょく 神楽かぐら 掛乞かけこい 掛乞かけこひ 懸巣鳥かけす 懸巣かけす 懸煙草かけたばこ 懸莨かけたばこ 懸大根かけだいこん 陽炎かげろう 蜉蝣かげろう かげろふかげろう 蜻蛉かげろう 陽炎かげろふ 蜉蝣かげろふ 重ね着かさねぎ 風入れかざいれ 風車かざぐるま 風車売かざぐるまうり 風花かざはな 風除かざよけ かざり 飾り臼かざりうす 飾売かざりうり 飾納めかざりおさめ 飾焚くかざりたく 飾取るかざりとる 樫の花かしのはな 樫の実かしのみ 柏餅かしはもち 柏餅かしわもち 花時かじ 火事かじ かじか 河鹿かじか 河鹿笛かじかぶえ 悴むかじかむ かじけ猫かじけねこ 夏日かじつ 梶の葉かじのは 春日祭かすがまつり 粕汁かすじる かすみ 数の子かずのこ かずら 鹿かせぎ 風邪かぜ 風入れかぜいれ 風薫るかぜかおる 風薫るかぜかをる 風邪心地かぜごこち 風邪籠かぜごもり 風光るかぜひかる 風除かぜよけ 数へ日かぞえび 肩掛かたかけ 片陰かたかげ 片蔭かたかげ 堅香子の花かたかごのはな 片栗の花かたくりのはな 形代かたしろ 蝸牛かたつぶり 蝸牛かたつむり 刀豆かたなまめ 帷子かたびら 花壇かだん 蚊帳かちょう 梶の葉かぢのは 脚気かっけ 郭公かっこう 河童忌かっぱき 松魚かつお かつお 鰹舟かつおぶね 松魚かつを かつを 鰹舟かつをぶね 夏天かてん 蝌蚪かと 河豚かとん 蚊蜻蛉かとんぼ 門茶かどちゃ 門火かどび 門松かどまつ 門礼かどれい かなかな かなかなかなかな 金亀子かなぶん かに 鉦叩かねたたき 鹿の子かのこ 鹿かのしし 人参かのにけぐさ 翡翠かはせみ 蛙の目借時かはづのめかりどき 川蜻蛉かはとんぼ 皮剥かははぎ 蚊柱かばしら 樺の花かばのはな 蚊火かひ かひこ 蚕棚かひこだな 貝寄かひよせ 貝寄風かひよせ 蚊火かび かび 黴の香かびのか 鹿火屋かびや 花粉症かふんしょう かぶ 甲虫かぶとむし 兜虫かぶとむし 蕪の花かぶのはな かぶら 蕪汁かぶらじる 蕪の花かぶらのはな 楓の花かへでのはな 帰り咲くかへりざく 帰り花かへりばな 返り花かへりばな かへる 帰る雁かへるかり 蛙子かへるご 蛙子かへるご 花圃かほ かぼすかぼす 南瓜かぼちゃ 南瓜の花かぼちゃのはな 鎌鼬かまいたち 蟷螂かまきり 蟷螂生るかまきりうまる かまくらかまくら かまつかかまつか 竈馬かまどうま 竈猫かまどねこ 髪洗うかみあらう 神有月かみありづき 神在月かみありづき 髪置かみおき 神送かみおくり 神還かみかえり 天牛かみきりむし 髪切虫かみきりむし 紙子かみこ 紙衣かみこ 紙漉かみすき 神無月かみなづき かみなり 雷魚かみなりうお 神の旅かみのたび 帋幟かみのぼり 神の留守かみのるす 紙風船かみふうせん 神祭かみまつり 神還かみむかへ かみら かめ 亀鳴くかめなく 亀の子かめのこ かも 鴨帰るかもかえる 鴨帰るかもかへる 鴨川踊かもがわおどり 鴨川踊かもがわをどり 冬瓜かもふり 鴨渡るかもわたる かや 蚊帳かや 萱刈るかやかる 蚊帳の別れかやのわかれ 蚊遣かやり 蚊遣火かやりび 粥柱かゆばしら 甜瓜からうり 空風からかぜ 枯木からき 乾鮭からざけ 芥菜からしな 射干からすあふぎ 烏瓜からすうり 射干からすおうぎ 烏貝からすがい 枸橘の花からたちのはな からたちの実からたちのみ 空風からっかぜ 空梅雨からつゆ かり かり かりがねかりがね 刈田かりた 雁渡しかりわたし 雁渡るかりわたる 花梨かりん 榠樝かりん 榠樝の花かりんのはな 枯るかる 刈萱かるかや 歌留多かるた 枯蘆かれあし 夏嶺かれい 涸池かれいけ 枯茨かれいばら 枯尾花かれおばな 枯木かれき 枯木山かれきやま 枯菊かれぎく 枯草かれくさ 枯木立かれこだち 枯桜かれざくら 枯芝かれしば 枯芒かれすすき 涸滝かれだき 枯蔓かれつる 枯れ野かれの 枯野かれの 枯野人かれのびと 枯葉かれは 枯蓮かれはす 枯芭蕉かればしょう 枯芭蕉かればせう 枯葎かれむぐら 枯柳かれやなぎ 枯山かれやま 川涸るるかわかるる 川狩かわがり かわごろも 川澄むかわすむ かわず 蛙の目借時かわずのめかりどき 川施餓鬼かわせがき 翡翠かわせみ 川蜻蛉かわとんぼ 川床かわどこ 皮剥かわはぎ 川開きかわびらき 河骨かわほね かわほりかわほり かん 寒鴉かんあ 寒明かんあけ 寒明けるかんあける 寒雲かんうん 寒泳かんえい 寒霞かんがすみ 寒雁かんがん 寒灸かんきう 寒灸かんきゅう 寒禽かんきん 寒菊かんぎく 寒暁かんぎょう 寒九の雨かんくのあめ 寒稽古かんげいこ 観月かんげつ 寒月かんげつ 閑古鳥かんこどり 寒鯉かんごい 寒肥かんごえ 寒聲かんごえ 寒鯉かんごひ 寒垢離かんごり 寒聲かんごゑ 寒桜かんざくら 燗酒かんざけ 寒ざらひかんざらい 甘藷かんしょ かんじき 寒雀かんすずめ 寒昴かんすばる 寒星かんせい 寒施行かんせぎゃう 寒施行かんせぎょう 萱草かんぞう 甘草かんぞう 萱草の花かんぞうのはな 寒卵かんたまご 邯鄲かんたん 寒竹かんちく 観潮かんちょう 寒潮かんちょう 寒椿かんつばき 寒搗かんづき 寒造かんづくり 寒釣かんづり 寒潮かんてう 旱天かんてん 寒天製すかんてんせいす 寒燈かんとう 寒土かんど カンナかんな 寒凪かんなぎ 神無月かんなづき 寒念仏かんねぶつ 寒念仏かんねんぶつ 寒の雨かんのあめ 寒の入かんのいり 寒残るかんのこる 寒の水かんのみず 寒の靄かんのもや 観梅かんばい 寒梅かんばい 樺の花かんばのはな 寒晴かんばれ 寒波かんぱ 寒弾かんびき 灌仏会かんぶつえ 寒鮒かんぶな 寒鰤かんぶり 寒風かんぷう 寒紅かんべに 寒暮かんぼ 感冒かんぼう 寒木瓜かんぼけ 寒星かんぼし 寒牡丹かんぼたん 寒詣かんまうで 神祭かんまつり 寒三日月かんみかづき 寒見舞かんみまい 寒見舞かんみまひ 寒詣かんもうで 寒鵙かんもず 寒餅かんもち 寒夜かんや 寒夕焼かんゆうやけ 寒夕焼かんゆふやけ 寒雷かんらい 甘藍かんらん 寒林かんりん が 外套がいとう ががんぼががんぼ 我鬼忌がきき 賀客がきゃく 額の花がくのはな 賀状がじやう 賀状がじょう がちやがちやがちゃがちゃ 学校始がっこうはじめ がま がん 雁瘡がんがさ 雁木がんぎ 雁行がんこう 雁瘡がんさう 元日がんじつ 雁瘡がんそう 元旦がんたん 元朝がんちょう 元日がんにち 雁風呂がんぶろ 雁来紅がんらいこう き 木苺きいちご 木苺の花きいちごのはな 喜雨きう 蚯蚓きういん 旧正きうしやう 旧正月きうしやうぐわつ 旧年きうねん 旧盆きうぼん 胡瓜きうり 帰燕きえん 其角忌きかくき 帰雁きがん 樹黄ばむききばむ 桔梗ききやう 桔梗ききょう きく 菊戴きくいただき 菊月きくげつ 菊細工きくざいく 菊月きくづき 菊膾きくなます 菊人形きくにんぎやう 菊人形きくにんぎょう 菊根分きくねわけ 菊の酒きくのさけ 菊の日きくのひ 菊日和きくびより 菊枕きくまくら 木耳きくらげ 菊若葉きくわかば 枳殻の実きこくのみ 衣更着きさらぎ きさらぎきさらぎ 如月きさらぎ きじ 雉子きじ 鬼城忌きじょうき きす 黄菅きすげ 黄水仙きずいせん 帰省きせい 黄鶺鴒きせきれい 競馬きそいうま 着衣始きそはじめ 著衣始きそはじめ 競馬きそひうま 北風きた 北風きたかぜ 北窓開くきたまどひらく 北窓塞ぐきたまどふさぐ きちきちきちきち 桔梗きちこう 菊花展きっかてん きつつききつつき 啄木鳥きつつき きつね 狐花きつねばな 狐火きつねび 几董忌きとうき 木流しきながし 絹糸草きぬいとさう 絹糸草きぬいとそう 衣被きぬかつぎ 衣被きぬかづき 如月きぬさらぎ きぬた きのこ きのこ 菌狩きのこがり 茸狩きのこがり 茸飯きのこめし 木の実きのみ 木の実独楽きのみごま 木の芽きのめ 木の芽和きのめあえ 木の芽和きのめあへ 既望きばう 黄花萱草きばなかんぞう 黄花萱草きばなくわんざう きび 黍嵐きびあらし 着ぶくれきぶくれ 既望きぼう きみ 競漕きゃうさう キャベツきゃべつ キャンプきゃんぷ 京鹿子きやうかのこ きゅう 蚯蚓きゅういん 旧正きゅうしょう 旧正月きゅうしょうがつ 旧年きゅうねん 旧盆きゅうぼん 胡瓜きゅうり 京鹿子きょうがのこ 凶作きょうさく 競漕きょうそう 夾竹桃きょうちくとう 共同募金きょうどうぼきん 京菜きょうな 今日の月きょうのつき 曲水きょくすい 虚子忌きょしき 去来忌きょらいき 雲母虫きららむし きり 蟋蟀きりぎりす きりぎりすきりぎりす 螽斯きりぎりす 切子きりこ 桐咲くきりさく 切山椒きりざんしょう 切山椒きりざんせう 霧時雨きりしぐれ 霧の香きりのか 桐の花きりのはな 桐の実きりのみ 桐一葉きりひとは 切干きりぼし 麒麟草きりんそう 帰燕きゑん 金柑きんかん 金魚きんぎょ 金魚玉きんぎょだま 金盞花きんせんか 金蠅きんばえ 金蠅きんばへ 金風きんぷう 金鳳華きんぽうげ 金木犀きんもくせい 勤労感謝の日きんろうかんしゃのひ 牛鍋ぎうなべ 祇園会ぎおんえ 祇園囃子ぎおんばやし ぎすぎす 岐阜提灯ぎふちょうちん 岐阜提灯ぎふぢやうちん 擬宝珠ぎぼうし 擬宝珠ぎぼうしゅ 擬宝珠ぎぼし 行水名残ぎゃうずいなごり 逆の遍路ぎゃくのへんろ 行水ぎやうずい 牛鍋ぎゅうなべ 行水ぎょうずい 行水名残ぎょうずいなごり 御忌ぎょき 祇園囃子ぎをんばやし 祇園会ぎをんゑ 銀漢ぎんかん 銀河ぎんが 銀杏の花ぎんきょうのはな 吟行始ぎんこうはじめ 銀杏ぎんなん 銀杏の花ぎんなんのはな 銀杏の実ぎんなんのみ 喰積くいつみ 水鶏くいな 九月くがつ 九月尽くがつじん 九月場所くがつばしょ 茎立くきだち 茎石くきのいし 茎立ちくくたち 茎立くくだち 傀儡師くぐつし 九月尽くぐゎつじん 九月くぐわつ 枸杞くこ 枸杞の実くこのみ 枸杞の芽くこのめ 草青むくさあおむ 草青むくさあをむ 草いきれくさいきれ 草市くさいち 草蜉蝣くさかげろう 草蜉蝣くさかげろふ 草刈くさかり 草枯るくさかる 草枯くさかれ 草芳しくさこうばし 草茂るくさしげる 草虱くさじらみ 草相撲くさずまふ 草相撲くさずもう 草団子くさだんご 草摘むくさつむ 草の花くさのはな 草の穂くさのほ 草の実くさのみ 草の芽くさのめ 草の餅くさのもち 草の絮くさのわた 草花くさばな 草雲雀くさひばり 草笛くさぶえ 草木瓜くさぼけ くさめ 草萌くさもえ 草餅くさもち 草紅葉くさもみじ 草紅葉くさもみぢ 草矢くさや 草若葉くさわかば 草を干すくさをほす くしゃみ 孔雀草くじゃくそう くじら 鯨汁くじらじる 鯨突くじらつき 薬喰くすりぐい 薬喰くすりぐひ 薬堀るくすりほる 楠若葉くすわかば 樟若葉くすわかば くず 葛嵐くずあらし 葛桜くずざくら 葛の葉くずのは 葛の花くずのはな 葛引くくずひく 葛水くずみず 葛餅くずもち 葛湯くずゆ 崩れ簗くずれやな 下り簗くだりやな 口切くちきり 梔子の花くちなしのはな 山梔子の花くちなしのはな くちなわ くちはめ 朽葉くちば くちばみ くぢら 鯨汁くぢらじる 鯨突くぢらつき くっさめ 轡虫くつわむし 九年母くねんぼ 薫衣香くのえかう 薫衣香くのえこう くは 桑解くくはとく 桑の実くはのみ 桑の芽くはのめ 鍬始くははじめ 喰積くひつみ くま 熊手市くまでいち 熊蜂くまばち 熊祭くままつり 熊蜂くまんばち 蜘蛛くも 蜘蛛の囲くものい 蜘蛛の糸くものいと 蜘蛛の子くものこ 雲の峯くものみね 雲の峰くものみね 蜘蛛の囲くものゐ 水母くらげ 海月くらげ 蔵開きくらびらき 競べ馬くらべうま くり 栗咲くくりさく クリスマスくりすます 栗の花くりのはな 栗の実くりのみ 栗拾いくりひろい 栗名月くりめいげつ 栗飯くりめし 来る年くるとし 車海老くるまえび 車組むくるまくむ 胡桃くるみ 暮遅しくれおそし 暮かぬるくれかぬる 暮の秋くれのあき 暮の春くれのはる 黒鯛くろだい 黒鯛くろだひ クロッカスくろっかす 黒栄くろはえ 黒南風くろはえ 黒南風くろばえ 黒栄くろばえ 黒葡萄くろぶだう 黒葡萄くろぶどう 黒穂くろほ 黒穂くろぼ 黒菜くろめ クローバーくろーばー 傀儡師くゎいらいし 黄塵くゎうぢん 花時くゎじ 花圃くゎほ 観月くゎんげつ 観潮くゎんてう 観梅くゎんばい くわ 慈姑くわい 慈姑くわえ 郭公くわくこう 火事くわじ 桑摘くわつみ 蝌蚪くわと 桑解くくわとく 桑の実くわのみ 桑の芽くわのめ 鍬始くわはじめ 慈姑くわゐ 萱草くわんざう 萱草の花くわんざうのはな 灌仏会くわんぶつゑ 薫風くんぷう 虞美人草ぐびじんさう 虞美人草ぐびじんそう 茱萸ぐみ グラジオラスぐらじおらす 月光ぐわつくわう 大旦ぐわんたん 元旦ぐわんたん 元朝ぐわんてう 蹴合鶏けあいどり 稽古始けいこはじめ 啓蟄けいちつ 毛糸編むけいとあむ 鶏頭けいとう 競馬けいば 敬老の日けいろうのひ 毛皮けがわ 今朝の秋けさのあき 今朝の春けさのはる 今朝の冬けさのふゆ 芥子の花けしのはな 罌粟の花けしのはな 芥子坊主けしばうず 罌粟坊主けしばうず 芥子坊主けしぼうず 罌粟坊主けしぼうず 削氷けずりひ 結夏けちげ 結氷けっぴょう 結夏けつげ 結氷けつぴよう 夾竹桃けふちくたう 今日の月けふのつき 毛見けみ 検見けみ 毛虫けむし 毛虫焼くけむしやく 啄木鳥けら 螻蛄けら けらつつきけらつつき 啄木鳥けらつつき 螻蛄鳴くけらなく けり 牽牛花けんぎゅうか 建国記念日けんこくきねんび 建国日けんこくび 牽牛花けんごか 憲法記念日けんぽうきねんび 検見けんみ 迎春花げいしゅんか 迎春花げいしゅんくゎ 解夏げげ 夏至げし 蚰蜒げじ 蚰蜒げじげじ 夏断げだち 蚰蜒げぢ 蚰蜒げぢげぢ 月下美人げっかびじん 月光げっこう 月明げつめい 月夜げつや 夏に入るげにいる 夏の初げのはじめ 夏花げばな 夏百日げひゃくにち 紫雲英げんげ 厳冬げんとう 原爆忌げんばくき 海鼠こ こ 小鮎こあゆ 恋猫こいねこ 鯉幟こいのぼり こう 光悦忌こうえつき 耕牛こうぎゅう 黄沙降るこうさふる 紅蜀葵こうしょっき 黄塵こうじん 香水こうすい 降誕祭こうたんさい 耕馬こうば 紅梅こうばい 河骨こうほね 仔馬こうま 蝙蝠こうもり 黄葉こうよう 紅葉こうよう 紅葉忌こうようき 黄落こうらく 高粱こうりゃん こおり 氷伐るこおりきる 氷水こおりすい 氷解くこおりとく 凍豆腐こおりどうふ 氷流るこおりながる 氷水こおりみず 氷店こおりみせ 氷るこおる 凍るこおる 蟋蟀こおろぎ 子かまきりこかまきり 蚕飼こがい 金亀虫こがねむし 黄金虫こがねむし 金亀子こがねむし 小鴨こがも 小雀こがら 木枯こがらし こがらし 木枯らしこがらし 穀雨こくう 黒菜こくさい 穀象こくざう 酷暑こくしょ 曲水こくすい 穀象こくぞう 苔の花こけのはな 小米花こごめばな 木下闇こしたやみ 小正月こしやうぐわつ 古酒こしゅ 小正月こしょうがつ 子雀こすずめ 秋桜こすもす コスモスこすもす 枯草こそう 去年今年こぞことし 炬燵こたつ 炬燵猫こたつねこ 火燵塞ぐこたつふさぐ 蚕棚こだな こち 東風こち 東風こちかぜ 古茶こちゃ 胡蝶こちょう 小晦日こつごもり 胡蝶こてふ 小粉団の花こでまりのはな 胡桃ことう 今年ことし 今年酒ことしざけ 今年竹ことしだけ 今年米ことしまい 今年藁ことしわら 小鳥ことり 小鳥来ることりくる 子供の日こどものひ 子猫こねこ このしろこのしろ 木の葉このは 木の葉髪このはがみ 木葉木菟このはずく 木の葉散るこのはちる 木葉木菟このはづく 木の実このみ 木の実植うこのみうう 木の実独楽このみごま 木の実降るこのみふる 木の芽このめ 木の芽和このめあえ 木の芽雨このめあめ 木の芽風このめかぜ 木の芽晴このめばれ 木の芽味噌このめみそ このわたこのわた 小春こはる 小春日こはるび 鯉幟こひのぼり 辛夷こぶし こほり 氷店こほりみせ 氷水こほりみづ 氷るこほる 凍るこほる 蟋蟀こほろぎ 独楽こま 駒鳥こま 氷下魚こまい 独楽こまつぶり 駒鳥こまどり 子持鱈こもちだら 小望月こもちづき 子持鮒こもちぶな 蚕屋こや 濃山吹こやまぶき 暦売こよみうり 濃竜胆こりんどう コレラこれら 小六月ころくがつ 衣更ふころもかう 更衣ころもがえ 衣更ころもがえ 更衣ころもがへ 衣更ころもがへ 今年こんねん コートこーと ごうなごうな 寄居虫ごうな 五月ごがつ 五月五日ごがついつか 五月尽ごがつじん 五月場所ごがつばしょ ごきぶりごきぶり 極月ごくげつ 極暑ごくしょ 曲水ごくすい 極月ごくづき 牛膝ごしつ 五十雀ごじふから 五十雀ごじゅうから 午睡ごすい 牛蒡掘るごぼうほる 胡麻ごま 胡麻の花ごまのはな ごまめごまめ 御用始ごようはじめ 御来迎ごらいかう 御来迎ごらいがう 御来迎ごらいこう 御来迎ごらいごう 西鶴忌さいかくき 皀角子さいかち 西行忌さいぎょうき 歳旦さいたん サイダーさいだー 西東忌さいとうき サイネリアさいねりあ 歳晩さいばん 採氷さいひょう 砕氷船さいひょうせん 歳暮さいぼ 薔薇さうび 爽籟さうらい 冴えさえ 冴返るさえかえる 冴返るさえかへる さえずり 早乙女さおとめ 坂鳥さかどり 鷺草さぎさう 鷺草さぎそう 左義長さぎちやう 左義長さぎちょう さくら 桜烏賊さくらいか 桜鯎さくらうぐい 桜鯎さくらうぐひ 桜蝦さくらえび 桜貝さくらがい 桜貝さくらがひ 桜狩さくらがり 桜草さくらさう 桜前線さくらぜんせん 桜草さくらそう 桜蓼さくらたで 桜鯛さくらだい 桜漬さくらづけ 桜の実さくらのみ 桜餅さくらもち さくらんぼさくらんぼ さけ 鮭颪さけおろし 鮭突さけつき 酒煮るさけにる 豇豆ささぎ 豇豆ささげ 笹子ささこ 笹鳴ささなき 栄螺さざい 栄螺さざえ 山茶花さざんか 山茶花さざんくわ 挿木さしき 砂糖水さたうみづ さ月さつき 皐月さつき 五月さつき 五月雨さつきあめ 五月鯉さつきこひ 五月鯉さつきごい 五月富士さつきふじ 五月闇さつきやみ 甘藷さつまいも 砂糖水さとうみず 早苗さなえ 早苗とるさなえとる 実葛さねかずら 実朝忌さねともき 爽やかさはやか さはら さば 鯖雲さばぐも 鯖釣さばつり 錆鮎さびあゆ サフランさふらん さへづり サボテンの花さぼてんのはな 仙人掌の花さぼてんのはな さみだるさみだる 五月雨さみだれ 寒ささむさ 寒しさむし 寒夜さむよ さめ 冴ゆさゆ さよりさより 針魚さより さより 更紗木瓜さらさぼけ 晒井さらしい 晒井さらしゐ 猿酒さるざけ 百日紅さるすべり 猿曳さるひき サルビアさるびあ 申祭さるまつり 猿曳さるまわし 猿廻しさるまわし 沢蟹さわがに 爽やかさわやか さわら 早蕨さわらび 傘雨忌さんうき 三寒四温さんかんしおん 三寒四温さんかんしをん 三月さんがつ 三月尽さんがつじん 三ヶ日さんがにち 三鬼忌さんきき 山帰来の花さんきらいのはな サングラスさんぐらす 三月尽さんぐゎつじん 三光鳥さんこうちょう 三五の月さんごのつき 山茶花さんさか 山蚕さんさん 山査子の花さんざしのはな 三色菫さんしきすみれ 山梔子の花さんししのはな 山茱萸の花さんしゅゆのはな 山椒魚さんしょううお 山椒喰さんしょうくい 山椒の実さんしょうのみ 山椒の実さんしょのみ 山椒の芽さんしょのめ 三日さんじつ 山椒魚さんせううお 山椒喰さんせうくひ 山椒の実さんせうのみ 三汀忌さんていき 蚕豆さんとう 三冬さんとう 山王祭さんのうまつり 三の酉さんのとり 杉風忌さんぷうき 三伏さんぷく 秋刀魚さんま 山廬忌さんろき 柘榴ざくろ 石榴の花ざくろのはな 雑炊ざふすい 雑煮ざふに 朱欒ざぼん 残花ざんか 残菊ざんぎく 残花ざんくわ 残暑ざんしょ 残雪ざんせつ 朱欒ざんぼあ 椎の花しいのはな 椎の実しいのみ 椎若葉しいわかば 秋意しうい 驟雨しうう 秋雨しうう 秋海棠しうかいだう 秋耕しうかう 秋果しうくゎ 秋蛍しうけい 秋暁しうげう 秋思しうし 秋暑しうしょ 秋日しうじつ 秋声しうせい 秋蝉しうせん 鞦韆しうせん 秋天しうてん 秋燈しうとう 秋風しうふう 秋分しうぶん 秋分の日しうぶんのひ 秋陽しうやう 秋雷しうらい 秋蘭しうらん 秋霖しうりん 秋冷しうれい 秋嶺しうれい 秋燕しうゑん 秋苑しうゑん 紫雲英しうんえい 潮浴びしおあび 塩鮭しおざけ 汐干しおひ 汐干狩しおひがり 潮干狩しおひがり 潮焼しおやけ 四温しおん 紫菀しおん 紫苑しおん 鹿しか 鹿の子しかのこ 鹿の声しかのこえ 鹿の声しかのこゑ 鹿寄せしかよせ 四月しがつ 四月尽しがつじん 四月馬鹿しがつばか 子規忌しきき 敷松葉しきまつば しぎ シクラメンしくらめん 時雨るるしぐるる 時雨しぐれ 時雨忌しぐれき 四月しぐゎつ 四月尽しぐゎつじん 時化しけ 試験しけん しげり 茂りしげり 仕事始しごとはじめ 鹿しし 猪垣ししがき 鹿垣ししがき 獅子頭ししがしら 獅子の笛ししのふえ 獅子舞ししまい 獅子舞ししまひ しじみ 蜆掻きしじみかき 蜆汁しじみじる 蜆舟しじみぶね 蜆掘るしじみほる 四十雀しじゅうから 紫蘇しそ 紫蘇の実しそのみ したたり 滴るしたたる 下萌したもえ 下闇したやみ 歯朶しだ 枝垂桜しだれざくら 七月しちがつ 七五三しちごさん 七夕しちせき 七変化しちへんげ 蒿雀しとど 櫨子の花しどみのはな 師走しはす 咳くしはぶく 柴漬しばづけ 芝火しばび 芝焼くしばやく しばれるしばれる 試筆しひつ 椎の実しひのみ しび 死人花しびとばな 渋柿しぶがき 渋取しぶとり 潮浴びしほあび 塩鮭しほざけ 汐干狩しほひがり 終相場しまいそうば 終大師しまいだいし 終天神しまいてんじん しまきしまき 終相場しまひそうば 四万六千日しまんろくせんにち 紙魚しみ 清水しみず 清水しみづ 凍豆腐しみどうふ 四迷忌しめいき 注連飾しめかざり 注連飾るしめかざる しめじしめじ 注連作しめつくり しも 霜枯しもがれ 霜枯しもがれる 霜月しもつき 霜解しもどけ 霜の声しものこえ 霜の花しものはな 霜柱しもばしら 霜晴しもばれ 霜焼しもやけ 霜夜しもよ 霜除しもよけ 精霊舟しゃうりゃうぶね 著莪の花しゃがのはな 尺蠖しゃくとり 石楠花しゃくなげ 芍薬しゃくやく 芍薬の芽しゃくやくのめ 蝦蛄しゃこ 謝肉祭しゃにくさい 石鹸玉しゃぼんだま 三味線草しゃみせんぐさ シャワーしゃわあ 正月しやうぐわつ 正月の凧しやうぐわつのたこ 障子しやうじ 障子洗ふしやうじあらふ 障子貼るしやうじはる しやうぶ 菖蒲しやうぶ 菖蒲の日しやうぶのひ 秋意しゅうい 驟雨しゅうう 秋雨しゅうう 秋燕しゅうえん 秋苑しゅうえん 秋果しゅうか 秋海棠しゅうかいどう 秋暁しゅうぎょう 秋蛍しゅうけい 秋耕しゅうこう 秋光しゅうこう 秋思しゅうし 螽斯しゅうし 秋愁しゅうしゅう 秋暑しゅうしょ 秋日しゅうじつ 秋声しゅうせい 秋蝉しゅうせん 鞦韆しゅうせん 終戦日しゅうせんび 秋天しゅうてん 秋燈しゅうとう 秋風しゅうふう 秋服しゅうふく 秋分しゅうぶん 秋分の日しゅうぶんのひ 秋陽しゅうよう 秋雷しゅうらい 秋蘭しゅうらん 秋霖しゅうりん 秋嶺しゅうれい 秋冷しゅうれい 朱夏しゅか 淑気しゅくき 酒中花しゅちゅうか 種痘しゅとう 修二会しゅにえ 棕櫚の花しゅろのはな 春陰しゅんいん 春雨しゅんう 春園しゅんえん 春苑しゅんえん 春寒しゅんかん 春禽しゅんきん 春菊しゅんぎく 春暁しゅんぎょう 春月しゅんげつ 春光しゅんこう 春霰しゅんさん 春山しゅんざん 春愁しゅんしゅう 春曙しゅんしょ 春塵しゅんじん 春睡しゅんすい 春水しゅんすい 春星しゅんせい 春雪しゅんせつ 春草しゅんそう 春昼しゅんちゅう 春潮しゅんちょう 春泥しゅんでい 春闘しゅんとう 春濤しゅんとう 春燈しゅんとう 春分しゅんぶん 春風しゅんぷう 春眠しゅんみん 春雷しゅんらい 春蘭しゅんらん 春霖しゅんりん 春嶺しゅんれい 春園しゅんゑん 春苑しゅんゑん 春光しゆんくわう 春愁しゆんしう 春昼しゆんちう 小寒しょうかん 生姜しょうが 正月しょうがつ 正月の凧しょうがつのたこ 小春しょうしゅん 障子しょうじ 障子洗ふしょうじあらう 障子貼るしょうじはる 小豆しょうず 焼酎しょうちゅう 薔薇しょうび 菖蒲しょうぶ しょうぶ 菖蒲葺くしょうぶふく 菖蒲風呂しょうぶぶろ 菖蒲湯しょうぶゆ 逍遥忌しょうようき 精霊舟しょうりょうぶね 松露しょうろ 初夏しょか 諸葛菜しょかつさい 暑気中りしょきあたり 暑気下ししょきくだし 暑気払いしょきばらい 植樹祭しょくじゅさい 初月しょげつ 初刷しょさつ 初秋しょしう 初秋しょしゅう 初春しょしゅん 処暑しょしょ 初刷しょずり 暑中休暇しょちゅうきうか 暑中休暇しょちゅうきゅうか 初冬しょとう 薯蕷しょよ ショールしょーる 紫陽花しようか 白息しらいき 白魚しらうお 白梅しらうめ 白魚しらうを 白樺の花しらかばのはな 白菊しらぎく 白鷺しらさぎ 白雨しらさめ 白地しらじ 白子しらす 白玉しらたま 白露しらつゆ 不知火しらぬい 不知火しらぬひ 白栄しらはえ 白南風しらはえ 白萩しらはぎ しらみ 紫蘭しらん 代掻きしろかき 白絣しろがすり 白菊しろぎく 白熊しろくま 白靴しろぐつ 白酒しろざけ 白地しろじ 白上布しろじょうふ 代田しろた 白躑躅しろつつじ 白南風しろはえ 白栄しろはえ 白栄しろばえ 白南風しろばえ 白服しろふく 白芙蓉しろふよう 白木槿しろむくげ 白木蓮しろもくれん 白山吹しろやまぶき 師走しわす 咳くしわぶく 紫苑しをん 紫菀しをん 四温しをん 新小豆しんあずき 新小豆しんあづき 進級しんきゅう 蜃気楼しんきろう 新月しんげつ 震災忌しんさいき 深秋しんしう 晋子忌しんしき 新渋しんしぶ 新社員しんしゃいん 新酒しんしゅ 新秋しんしゅう 深秋しんしゅう 新春しんしゅん 新樹しんじゅ 新雪しんせつ 深雪しんせつ 新蕎麦しんそば 新大豆しんだいず 新大豆しんだいづ 新松子しんちぢり 新茶しんちゃ 新豆腐しんとうふ 新豆腐しんどうふ 新年しんねん 新年会しんねんかい 新米しんまい 神輿しんよ 新涼しんりやう 新涼しんりょう 新緑しんりょく 新藁しんわら 時雨じう 慈雨じう 二月じげつ 地芝居じしばい 慈善鍋じぜんなべ 地蔵会じぞうえ 地蔵盆じぞうぼん 時代祭じだいまつり 自然薯じねんじょ 慈悲心鳥じひしんちょう 十一月じふいちぐわつ 十月じふぐわつ 十五夜じふごや 十三詣じふさんまゐり 十七夜じふしちや 十二月じふにぐわつ 十夜じふや 十夜婆じふやばば 事務納じむおさめ 地虫出づじむしいづ 事務始じむはじめ じゃ 馬鈴薯じゃがいも 馬鈴薯の花じゃがいものはな 馬鈴薯の花じゃがたらのはな ジャケツじゃけつ 蛇の髯の実じゃのひげのみ 十一月じゅういちがつ 十月じゅうがつ 十五夜じゅうごや 十三詣じゅうさんまいり 十三夜じゅうさんや 十七夜じゅうしちや 十二月じゅうにがつ 十八夜じゅうはちや 十夜じゅうや 十薬じゅうやく 十夜婆じゅうやばば 十六夜じゅうろくや 熟柿じゅくし 受験じゅけん 数珠玉じゅずだま 樹氷じゅひょう 丈草忌じょうそうき 溽暑じょくしょ 如月じょげつ 除日じょじつ 除雪車じょせつしゃ 除草機じょそうき 除虫菊じょちゅうぎく 除夜じょや 除夜の鐘じょやのかね 女郎蜘蛛じょろうぐも 治聾酒じろうしゅ 人日じんじつ 沈丁じんちょう 沈丁花じんちょうげ 甚平じんべい 素足すあし 西瓜すいか 忍冬すいかずら 忍冬の花すいかずらのはな 水害すいがい 水仙すいせん 水中花すいちゅうか 水中花すいちゆうくわ すいつちよすいっちょ すいとすいと 水飯すいは 水巴忌すいはき 水飯すいはん 水馬すいば 水盤すいばん 酔芙蓉すいふよう 水母すいぼ 水蜜桃すいみつとう 睡蓮すいれん 水論すいろん スイートピーすいーとぴー すかんぽすかんぽ すが漏りすがもり すがれ虫すがれむし 隙間風すきまかぜ スキーすきー スキー帽すきーぼう スキーヤーすきーやー 杉菜すぎな 杉の花すぎのはな 杉の実すぎのみ 末黒すぐろ 双六すぐろく スケートすけーと スコールすこーる 巣籠すごもり 双六すごろく 冷まじすさまじ すし すし 鮓桶すしおけ すすき すすき すすきすすき 芒散るすすきちる 煤逃げすすにげ 煤払ひすすはらい 鈴懸の花すずかけのはな 涼風すずかぜ すずき 鱸落しすずきおとし すずしすずし 涼しすずし 涼しさすずしさ 納涼すずみ 涼み床すずみどこ 納涼船すずみぶね 鈴虫すずむし すずめの子すずめのこ 雀の子すずめのこ 鈴蘭すずらん 硯洗うすずりあらう 巣立ちすだち すだちすだち 巣立鳥すだちどり すだれ スチームすちーむ 巣燕すつばめ 捨て扇すてあふぎ 捨て扇すておうぎ 捨案山子すてかがし 捨蚕すてご ステテコすててこ ストーブすとーぶ 砂日傘すなひがさ 相撲すまい 相撲取すまいとり 相撲取すまいどり 相撲すまひ 相撲取すまひとり 相撲取すまひどり 相撲取すまふとり すみ 炭竈すみがま 炭取すみとり 炭焼すみやき すみれ すみれ草すみれぐさ 澄むすむ 角力すもう 相撲すもう 相撲取すもうとり すもも 李の花すもものはな 相撲すもん 棕櫚の花すろのはな すわぶき 芋茎ずいき 頭巾ずきん 数珠玉ずずだま ずわい蟹ずわいがに 石花せい 井華水せいかすい 聖金曜日せいきんようび 聖樹せいじゅ 成人の日せいじんのひ 背高泡立草せいたかあわだちそう 背高泡立草せいたかかわだちさう 青帝せいてい 青峯せいほう 歳暮せいぼ 清明せいめい 聖夜せいや 蜻蛉せいれい 小寒せうかん 焼酎せうちう 小豆せうづ 施餓鬼寺せがきでら せき 石菖せきしゃう 惜春せきしゅん 石菖せきしょう 節季候せきぞろ 赤痢せきり 鶺鴒せきれい 節季候せっきぞろ 雪渓せっけい 摂待せったい 雪片せっぺん 節分せつぶん 雪嶺せつれい せみ 蝉時雨せみしぐれ 蝉の穴せみのあな 蝉の声せみのこえ せり 芹薺せりなずな 芹薺せりなづな 芹の水せりのみず セルせる 線香花火せんかうはなび 洗硯せんけん 線香花火せんこうはなび 扇子せんす 跣足せんそく 栴檀せんだん 栴檀の花せんだんのはな 剪定せんてい 千振引くせんぶりひく 扇風機せんぷうき 千両せんりやう 千両せんりょう セーターせーたー 銭亀ぜにがめ ぜんまい ぜんまいぜんまい 送行そうあん 宗因忌そういんき 宗祇忌そうぎき 霜月そうげつ 早春そうしゅん 添水そうず 漱石忌そうせきき 早梅そうばい 走馬燈そうばとう 薔薇そうび 相撲そうぼく 走馬燈そうまとう 霜夜そうや 爽籟そうらい 案山子そおず 案山子そおど 底冷えそこびえ 底紅そこべに そぞろ寒そぞろさむ 卒業そつぎょう 卒業歌そつぎょうか 外寝そとね 蕎麦の花そばのはな 蕎麦湯そばゆ 添水そふづ ソフトクリームそふとくりいむ 蚕豆そらまめ 蚕豆の花そらまめのはな そり 雪舟そり 橇しまうそりしまう ソーダ水そーだすい 雑炊ぞうすい 雑煮ぞうに 雑煮汁ぞうにじる 鯛網たいあみ 体育の日たいいくのひ 太祇忌たいぎき 泰山木の花たいさんぼくのはな 大暑たいしょ 駘蕩たいとう 台風たいふう 颱風たいふう 田植たうえ 田植歌たうえうた 唐辛子たうがらし 唐黍たうきび 唐菖蒲たうしゃうぶ 田打たうち 刀豆たうづ 玉蜀黍たうもろこし 当薬引くたうやくひく 蟷螂たうらう 田植たうゑ 田植歌たうゑうた たか 田掻たかき 高きに登るたかきにのぼる 高西風たかにし たかむしろ たかむな たかむな 宝貝たからがい 宝舟たからぶね たかんなたかんな たかんな たかんな たがやし 田刈たがり たき たき 薪能たきぎのう 多喜二忌たきじき 滝殿たきどの 焚火たきび 滝見茶屋たきみぢゃや 沢庵たくあん 啄木忌たくぼくき 啄木鳥たくぼくちょう 田草取たぐさとり たけ 竹植うたけうう 竹植うる日たけううるひ 竹馬たけうま 竹落葉たけおちば 竹伐たけきり 竹伐るたけきる 竹床几たけしやうぎ 竹床几たけしょうぎ 竹煮草たけにぐさ 竹の秋たけのあき 竹の皮脱ぐたけのかわぬぐ 竹の子たけのこ たけのこ たけのこ 筍飯たけのこめし 竹の春たけのはる 章魚たこ たこ たこ 蛸壺たこつぼ たじひ 畳替たたみがえ 畳替たたみがへ ただみら 立葵たちあおい 立葵たちあふひ 太刀魚たちうお 太刀魚たちうを 橘の花たちばなのはな たちひ 立雛たちびな 立待月たちまちづき たぢひ 田作りたつくり 田作たつくり 田作りたづくり 田作たづくり たで 蓼の花たでのはな 炭団たどん 種井たない 棚経たなぎゃう 棚経たなぎょう 七夕たなばた 七夕竹たなばたたけ 種井たなゐ 田螺たにし たぬき 狸汁たぬきじる 種井たねい 種おろしたねおろし 種俵たねだはら 種俵たねだわら 種採りたねとり 種蒔きたねまき 種井たねゐ 田草取たのくさとり 煙草の花たばこのはな 足袋たび 旅始たびはじめ 田平子たびらこ 踏青たふせい 卵酒たまござけ 玉子酒たまござけ 魂棚たまだな 玉菜たまな 玉葱たまねぎ 玉の汗たまのあせ 玉巻芭蕉たままくばしょう 魂祭たままつり 玉虫たまむし 田守たもり たら 楤の芽たらのめ 鱈場たらば 鱈場蟹たらばがに たはら藻たわらも たん 端午たんご 短日たんじつ 誕生会たんじやうゑ 誕生会たんじょうえ 炭団たんどん 探梅たんばい 探梅行たんばいこう 丹波栗たんばぐり 湯婆たんぽ 蒲公英たんぽぽ たんぽぽたんぽぽ たんぽぽの絮たんぽぽのわた 短夜たんや 大寒だいかん 大根だいこ 大根引だいこひき 大根だいこん 大根の花だいこんのはな 大根引だいこんひき 大根蒔くだいこんまく 大試験だいしけん 大師講だいしこう 大豆だいず だいだい 橙の花だいだいのはな 大豆だいづ 大文字だいもんじ 濁酒だくしゅ 蛇笏忌だこつき 太宰忌だざいき 脱穀だっこく 獺祭忌だっさいき ダリアだりあ ダリヤだりや 達磨忌だるまき 団子花だんごばな 断腸花だんちょうか 暖房だんぼう 暖炉だんろ ダービーだーびー 智慧詣ちえもうで 近松忌ちかまつき 竹秋ちくしう 竹秋ちくしゅう 竹酔日ちくすいじつ 竹酔日ちくすいにち 竹婦人ちくふじん 竹冷忌ちくれいき 千草ちぐさ 萵苣ちさ 萵苣ちしゃ 遅日ちじつ 紫蘇ちそ 父の日ちちのひ ちちふ ちちろ虫ちちろむし 千鳥ちどり 黒鯛ちぬ 茅の輪ちのわ 茅花ちばな ちまき 茶立虫ちゃたてむし 茶摘ちゃつみ 茶摘歌ちゃつみうた 茶摘女ちゃつみめ 茶の花ちゃのはな ちゃんちゃんこちゃんちゃんこ 中元ちゅうげん 仲秋ちゅうしう 仲秋ちゅうしゅう 仲春ちゅうしゅん 中日ちゅうにち チューリップちゅうりっぷ ちょう 丁字ちょうじ 蝶々ちょうちょう 蝶の昼ちょうのひる 重陽ちょうよう 草石蚕ちょうろぎ ちよろぎちょうろぎ 草石蚕ちょろぎ ちよろぎちょろぎ 重陽ちようやう 千代女忌ちよじょき 散る桜ちるさくら 散る花ちるはな ちんちろりんちんちろりん 地蔵盆ぢざうぼん 地蔵会ぢざうゑ 地芝居ぢしばゐ 除雪車ぢょせつしゃ 除虫菊ぢょちゅうぎく 除日ぢよじつ 除夜ぢよや 治聾酒ぢろうしゅ 沈丁ぢんちやう 沈丁花ぢんちやうげ 追儺ついな 梅雨入ついり つき 月影つきかげ 月白つきしろ 月の雨つきのあめ 月の客つきのきゃく 月鉾つきほこ 月見つきみ 月見草つきみぐさ 月見草つきみさう 月見草つきみそう 月夜つきよ 接木つぎき 土筆つくし 土筆和へつくしあえ 土筆野つくしの つくつく法師つくつくほうし つくつく法師つくつくぼうし つくづくしつくづくし 土筆つくづくし 月夜つくよ つぐみ 黄楊の花つげのはな つた 蔦青しつたあおし 蔦紅葉つたもみじ 蔦紅葉つたもみぢ 蔦若葉つたわかば つちふる 鶺鴒つつ 躑躅つつじ つつじつつじ 筒鳥つつどり つづれさせつづれさせ 角切つのきり 石蕗つは 石蕗の花つはのはな 石蕗つはぶき 石蕗の花つはぶきのはな 椿つばき 椿の実つばきのみ 椿餅つばきもち つばくら つばくらめ つばくろ 茅花つばな 茅花野つばなの つばめ 燕帰るつばめかえる 燕帰るつばめかへる 燕来るつばめくる 燕去るつばめさる 壺焼つぼやき 壷焼つぼやき 爪紅つまくれ 爪紅つまくれない 爪紅つまぐれ 爪紅つまべに 摘まみ菜つまみな 摘草つみくさ 独楽つむくり 冷たしつめたし 梅雨つゆ つゆ 梅雨明つゆあけ 梅雨入つゆいり 露草つゆくさ 露けしつゆけし 露寒つゆさむ 露寒つゆざむ 梅雨寒つゆざむ 露霜つゆしも 露霜つゆじも 露涼しつゆすずし 梅雨空つゆぞら 梅雨茸つゆたけ 梅雨の蝶つゆのちょう 梅雨の蝶つゆのてふ 梅雨晴つゆばれ 梅雨冷つゆびえ 露葎つゆむぐら 強東風つよごち 強霜つよしも 氷柱つらら 釣鐘草つりがねさう 釣鐘草つりがねそう 吊忍つりしのぶ 釣堀つりぼり つる 吊し柿つるしがき 蔓擬つるもどき 石蕗つわ 石蕗の花つわのはな 石蕗つわぶき 石蕗の花つわぶきのはな 追儺つゐな 頭巾づきん 貞徳忌ていとくき 躑躅てきちょく 鉄線花てっせんか 鉄砲百合てっぽうゆり 鉄線花てつせんくわ 手花火てはなび てふ 蝶々てふてふ 蝶の昼てふのひる 手袋てぶくろ 手毬てまり 手毬唄てまりうた 手毬花てまりばな 照り霞むてりかすむ 照葉てりは 甜瓜てんか 天瓜粉てんかふん 甜瓜てんく 甜瓜てんくわ 天竺牡丹てんじくぼたん てんたう虫てんたうむし 天道虫てんたうむし 天高してんたかし 天竺牡丹てんぢくぼたん てんたう虫てんとうむし 天道虫てんとうむし てんとむしてんとむし 出代でかはり 出代でかわり 出開帳でがいちゃう 出開帳でがいちょう 出代でがはり 出代でがわり 出初でぞめ 出初式でぞめしき でで虫ででむし 出水でみず 田楽でんがく 蝸牛でんでんむし 藤椅子とういす 籐椅子とういす 冬雨とうう 凍雲とううん 凍港とうかう 冬耕とうかう 燈火親しとうかしたし 冬芽とうが 燈蛾とうが 冬瓜とうが 唐辛子とうがらし 冬瓜とうがん 唐黍とうきび 闘魚とうぎょ 冬瓜とうぐゎ 闘鶏とうけい 登高とうこう 凍港とうこう 冬耕とうこう 凍傷とうしゃう 凍傷とうしょう 唐菖蒲とうしょうぶ 冬至とうじ 冬至梅とうじうめ 冬至南瓜とうじかぼちゃ 冬日とうじつ 冬至湯とうじゆ 刀豆とうず 踏青とうせい 投扇興とうせんきょう 藤寝椅子とうねいす 湯婆とうば 東風とうふう 冬眠とうみん 玉蜀黍とうもろこし 当薬引くとうやくひく 蟷螂とうろう 燈籠とうろう 蟷螂生るとうろううまる 燈籠流しとうろうながし 十日戎とおかえびす 遠蛙とおかはづ 遠蛙とおかわず 通し鴨とおしがも 遠凧とおだこ 遠花火とおはなび 蜥蜴とかげ 朱鷺とき 時の日ときのひ 常磐木落葉ときはぎおちば 常磐木落葉ときわぎおちば 木賊とくさ 木賊刈るとくさかる 常夏とこなつ 心太ところてん 登山とざん 登山馬とざんうま 登山靴とざんぐつ 登山帽とざんぼう 年新たとしあらた 年改まるとしあらたまる 年惜しむとしおしむ 年木樵としぎこり 年暮るるとしくるる 年越としこし 年越蕎麦としこしそば 年籠としごもり 年立つとしたつ 年玉としだま 年の市としのいち 年の内としのうち 年の暮としのくれ 年の瀬としのせ 年の夜としのよ 年の夜としのよる 年の礼としのれい 年始めとしはじめ 年守るとしまもる 年迎ふとしむかう 年逝くとしゆく 年用意としようい 年忘としわすれ 屠蘇とそ 栃の花とちのはな 橡の花とちのはな 橡の実とちのみ 飛魚とびうお 鳶の巣とびのす 鳥総松とぶさまつ 土芳忌とほうき 通し鴨とほしがも 蕃茄とまと トマトとまと 鳥屋とや 虎が雨とらがあめ 鶏合せとりあわせ 鳥居の火とりいのひ 鳥威とりおどし 鳥帰るとりかえる 鳥頭とりかぶと 鳥兜とりかぶと 鳥貝とりがい 鳥貝とりがひ 鳥雲にとりくもに 鳥雲に入るとりくもにいる 鳥曇とりぐもり 鳥交るとりさかる 鳥つるむとりつるむ 酉の市とりのいち 鳥の恋とりのこい 鳥の巣とりのす 鳥渡るとりわたる 薯蕷とろろ とろろ薯とろろいも 薯蕷汁とろろじる 十日戎とをかえびす とんびとんび 東風とんぷう 蜻蛉とんぼ 蜻蛉とんぼう 蜻蛉生るとんぼうまる 満天星の花どうだんのはな 毒茸どくきのこ 毒茸どくたけ どくだみどくだみ 独楽どくらく 泥鰌どじょう 泥鰌鍋どじょうなべ 泥鰌掘るどじょうほる 泥鰌どぢやう 泥鰌鍋どぢやうなべ どてらどてら 土筆どひつ どぶろくどぶろく 土用どよう 土用入どよういり 土用鰻どよううなぎ 土用東風どようこち 土用太郎どようたろう 土用波どようなみ 土用干どようぼし 団栗どんぐり どんたくどんたく どんどどんど ナイターないたー 苗植なえうえ 苗売なえうり 苗木市なえぎいち 苗木植うなえぎうう 苗代なえしろ 苗床なえどこ 苗札なえふだ 仲秋なかあき 仲秋なかのあき 薯蕷ながいも 永き日ながきひ 長き夜ながきよ 流しながし 流し雛ながしびな 長月ながつき 菜殻火ながらび 流星ながれぼし 泣初なきぞめ 猫柳なこやなぎ なし 梨咲くなしさく 梨の花なしのはな 梨花なしばな 茄子なす 茄子の花なすのはな なすびなすび 茄子なすび なずな 薺打ちなずなうち 薺売なずなうり 薺粥なずながゆ 薺咲くなずなさく 菜種梅雨なたねづゆ 菜種蒔くなたねまく 刀豆なたまめ 鉈豆なたまめ 雪崩なだれ 納豆なっとう 納豆汁なっとうじる 納豆汁なっとじる なつ 夏暁なつあかつき 夏暁なつあけ 夏浅しなつあさし 夏薊なつあざみ 夏嵐なつあらし 夏鶯なつうぐいす 夏鶯なつうぐひす 夏惜しむなつおしむ 夏落葉なつおちば 夏帯なつおび 夏終るなつおわる 夏風邪なつかぜ 夏風なつかぜ 夏河なつかは 夏河なつかわ 夏川なつかわ 夏蛙なつかわず 夏霞なつがすみ 夏鴨なつがも 夏磧なつがわら 夏木なつき 夏菊なつぎく 夏衣なつぎぬ 夏霧なつぎり 夏草なつくさ 夏来るなつくる 夏雲なつぐも 夏木立なつこだち 夏蚕なつご 夏氷なつごおり 夏氷なつごほり 夏衣なつごろも 夏寒しなつさむし 夏酒なつざけ 夏座敷なつざしき 夏座布団なつざぶとん 夏芝居なつしばい 夏芝居なつしばゐ 夏シャツなつしゃつ 夏空なつぞら 夏足袋なつたび 夏大根なつだいこん 夏嶽なつだけ 夏近しなつちかし 夏蝶なつちょう 夏燕なつつばめ 夏蝶なつてふ 夏手袋なつてぶくろ 夏隣なつとなり 夏燈しなつともし 夏灯なつともし 夏隣なつどなり 夏濤なつなみ 夏に入るなつにいる 夏野なつの 夏の暁なつのあかつき 夏の暁なつのあけ 夏の朝なつのあさ 夏の雨なつのあめ 夏の海なつのうみ 夏の河なつのかは 夏の河なつのかわ 夏の川なつのかわ 夏川なつのかわ 夏の霧なつのきり 夏の雲なつのくも 夏の暮なつのくれ 夏の潮なつのしお 夏の空なつのそら 夏の蝶なつのちょう 夏の月なつのつき 夏の露なつのつゆ 夏の蝶なつのてふ 夏の波なつのなみ 夏の初なつのはじめ 夏の果なつのはて 夏の浜なつのはま 夏の原なつのはら 夏の燈なつのひ 夏の日なつのひ 夏の昼なつのひる 夏の星なつのほし 夏の水なつのみず 夏の湖なつのみずうみ 夏の湖なつのみづうみ 夏の山なつのやま 夏の夜なつのよ 夏の夜明なつのよあけ 夏の夜なつのよる 夏萩なつはぎ 夏帽子なつばうし 夏羽織なつばおり 夏袴なつばかま 夏場所なつばしょ 夏祓なつばらえ 夏祓なつばらへ 夏雲雀なつひばり 夏日なつび 夏深しなつふかし 夏服なつふく 夏布団なつぶとん 夏帽なつぼう 夏帽子なつぼうし 夏負なつまけ 夏負けなつまけ 夏祭なつまつり 夏蜜柑なつみかん なつめ 夏めくなつめく 夏館なつやかた 夏邸なつやしき 夏休みなつやすみ 夏痩なつやせ 夏柳なつやなぎ 夏山なつやま 夏料理なつりょうり 夏料理なつれうり 夏炉なつろ なづな 薺打ちなづなうち 薺売なづなうり 薺粥なづながゆ 薺咲くなづなさく 撫子なでしこ ななかまどななかまど 七種ななくさ 七草ななくさ 七草粥ななくさがゆ ななこ 浪花踊なにはをどり 浪花踊なにわおどり 七日なぬか 七日粥なぬかがゆ 七日なのか 七日粥なのかがゆ 菜の花なのはな 苗床なへどこ 鍋焼なべやき 鍋焼饂飩なべやきうどん 海鼠なまこ なまず なまづ 波乗りなみのり 蛞蝓なめくじ なめくぢらなめくじら 蛞蝓なめくじら なめくじりなめくじり 蛞蝓なめくじり 蛞蝓なめくぢ 菜飯なめし なやらひなやらい 追儺なやらい 業平忌なりひらき 鳴子なるこ 苗代なわしろ 南瓜なんか 南瓜なんきん 南京豆なんきんまめ 南薫なんくん 南天の実なんてんのみ 南蛮黍なんばきび 南蛮黍なんばんきび 南風なんぷう 南蛮黍なんまんきび にお 匂鳥においどり 匂い袋においぶくろ 鳰浮巣におうきす 二科展にかてん 二月にがつ 二月尽にがつじん 二月にぐゎつ 二月尽にぐゎつじん 逃げ水にげみず 煮凝にこごり 濁酒にごりざけ 濁り酒にごりざけ 煮酒にざけ 西日にしび にしん 鰊群来にしんくき 鰊曇にしんぐもり 鰊舟にしんぶね にじ 二十三夜にじゅうさんや 二重廻しにじゅうまわし 日日草にちにちそう 日蓮忌にちれんき 日記買ふにっきかう 日記始にっきはじめ にな 二の替にのかわり 二百十日にひゃくとおか 二百二十日にひゃくはつか 二百十日にひやくとをか 入学にふがく 匂鳥にほひどり 匂い袋にほひぶくろ 入学にゅうがく 入社にゅうしゃ 入道雲にゅうどうぐも 入梅にゅうばい にら 韮の花にらのはな 鶺鴒にわくなぶり 人参にんじん 忍冬にんどう 忍冬の花にんどうのはな にんにく 縫初ぬいぞめ 縫はじめぬいはじめ 縫始ぬいはじめ ぬえ 零余子ぬかご 酸漿ぬかずき ぬくしぬくし 温め酒ぬくめざけ ぬなは ぬなわ 蓴生うぬなわおう 縫初ぬひぞめ 縫はじめぬひはじめ 縫始ぬひはじめ 沼の秋ぬまのあき ねぎ 葱の花ねぎのはな 葱坊主ねぎぼうず 猫じやらしねこじゃらし 猫の子ねこのこ 猫の恋ねこのこい 猫の産ねこのさん 猫の妻ねこのつま 寝釈迦ねしゃか 寝正月ねしやうぐわつ 寝正月ねしょうがつ ねじあやめねじあやめ 根芹ねぜり 熱砂ねっさ 熱砂ねっしゃ 熱帯魚ねったいぎょ 熱風ねっぷう 根釣ねづり 涅槃ねはん 涅槃会ねはんえ 涅槃図ねはんず 涅槃像ねはんぞう 涅槃西風ねはんにし 涅槃西風ねはんにしかぜ 寝冷えねびえ 根深ねぶか 根深汁ねぶかじる 佞武多ねぶた ねぶの花ねぶのはな 苗木市ねへぎいち 寝待月ねまちづき 合歓の花ねむのはな 眠る山ねむるやま 根分ねわけ 年賀ねんが 年賀状ねんがじやう 年賀状ねんがじょう 年玉ねんぎょく 年貢ねんぐ 年始酒ねんしざけ 年酒ねんしゅ 人参ねんじん 年内ねんない ねんねこねんねこ 野遊びのあそび 野茨のいばら 凌霄花のうぜんか 凌霄花のうぜんかずら 凌霄花のうぜんのはな 能はじめのうはじめ 納涼のうりょう 納涼船のうりょうせん 野菊のぎく 残り蚊のこりが 残菊のこりぎく 残暑のこるあつさ 残る蚊のこるか 残る鴨のこるかも 残菊のこるきく 残る寒さのこるさむさ 残る蠅のこるはえ 残る花のこるはな 残る虫のこるむし 残る雪のこるゆき 野路の秋のじのあき 後の月のちのつき 後の彼岸のちのひがん 後の雛のちのひな 乗込鮒のっこみぶな のつぺい汁のっぺいじる のつぺい汁のつぺいじる 長閑のどか 野茨のばら 野火のび 野蒜のびる のぼり 上り鮎のぼりあゆ 上り簗のぼりやな 野馬追のまおい のみ 野焼のやき 野焼くのやく 海苔のり 乗初のりぞめ 騎初のりぞめ 野分のわき 野分のわけ 羽蟻はあり はい はい 敗荷はいか 敗戦日はいせんび 箒木はうきぎ 箒草はうきぐさ 菠薐草はうれんさう はえ 南風はえ はえ 蠅生るはえうまる 蠅叩はえたたき 墓洗ふはかあらう 墓参りはかまいり 墓詣はかまうで 袴着はかまぎ 墓参りはかまゐり 墓詣はかもうで 掃納はきおさめ 掃初はきぞめ はぎ 萩刈るはぎかる 萩すゝきはぎすすき 萩根分はぎねわけ 萩若葉はぎわかば 白雨はくう 白菜はくさい 薄暑はくしょ 白扇はくせん 白地はくち 白鳥はくちょう 白鳥はくてう 白桃はくとう 伯桃はくとう 白梅はくばい 薄氷はくひょう 白牡丹はくぼたん 白木蓮はくもくれん 白蓮はくれん 白露はくろ 葉鶏頭はげいとう 箱釣はこづり はこべはこべ はこべらはこべら 羽子はご 羽子板はごいた 羽子板市はごいたいち 稲架はさ 稲架はざ 葉桜はざくら 端居はしい 箸紙はしがみ 榛の花はしばみのはな はじかみ はす 蓮枯るはすかる 蓮の葉はすのは 蓮の花はすのはな 蓮の実はすのみ 蓮の実飛ぶはすのみとぶ 稲架はせ はぜ 沙魚はぜ 稲架はぜ 鯊釣はぜつり 鯊日和はぜびより 櫨紅葉はぜもみじ 櫨紅葉はぜもみぢ 畑打はたうち はたた神はたたがみ 機初はたはじめ 機始はたはじめ はたはた はたはたはたはた 巴旦杏はたんきょう はだか 裸木はだかぎ 裸子はだかご 肌寒はださむ 跣足はだし 斑雪はだれ 斑雪はだれゆき はち 八月はちがつ 八月十五日はちがつじゅうごにち 八月はちぐわつ 八十八夜はちじゅうはちや はちすはちす 蓮の実はちすのみ 鉢叩はちたたき 蜂の仔はちのこ 蜂の巣はちのす 八朔はっさく はったい 初茜はつあかね 初明りはつあかり 初秋はつあき 初袷はつあはせ 初嵐はつあらし 初霰はつあられ 初袷はつあわせ 初市はついち 初午はつうま 初驛はつうまや 初売はつうり 初驛はつえき 初戎はつえびす 初蚊はつか 初鏡はつかがみ 二十日忌はつかき 初河岸はつかし 二十日正月はつかしやうぐわつ 二十日正月はつかしょうがつ 初火事はつかじ 初風はつかぜ 二十日月はつかづき 初蛙はつかはづ 初竈はつかまど 初髪はつかみ 初雁はつかり 初雁はつかりがね 初蛙はつかわず 初河岸はつがし 初霞はつがすみ 初松魚はつがつお 初鰹はつがつお 初松魚はつがつを 初鰹はつがつを 初釜はつがま 初鴉はつがらす 初句会はつくかい 初火事はつくゎじ 初稽古はつげいこ 初景色はつげしき 初声はつこえ 初東風はつこち 初国旗はつこっき 初氷はつこほり 初声はつこゑ 初氷はつごおり 初暦はつごよみ 初鮭はつさけ 初秋刀魚はつさんま 初桜はつざくら 初潮はつしお 初時雨はつしぐれ 初東雲はつしののめ 初芝居はつしばい 初芝居はつしばゐ 初潮はつしほ 初霜はつしも 初写真はつしゃしん 初松籟はつしょうらい 初雀はつすずめ 初硯はつすずり 初刷はつずり 初席はつせき 初糶はつせり 初蝉はつぜみ 初曽我はつそが 初空はつぞら 初茸はつたけ 初旅はつたび 初大師はつだいし 初便りはつだより 初茶湯はつちゃのゆ 初茶の湯はつちゃのゆ 初蝶はつちょう 初手水はつちょうず 初手斧はつちょうな 初筑波はつつくば 初燕はつつばめ 初月夜はつづきよ 初手水はつてうづ 初手斧はつてうな 初蝶はつてふ 初天神はつてんじん 初電車はつでんしゃ 初電話はつでんわ 初寅はつとら 初鶏はつとり 初泣はつなき 初凪はつなぎ 初茄子はつなす 初茄子はつなすび 初夏はつなつ 初荷はつに 初虹はつにじ 初日記はつにっき 初音はつね 初寝覚はつねざめ 初機はつはた 初花はつはな 初針はつはり 新春はつはる 初春はつはる 初場所はつばしょ 初鳩はつばと 初晴はつばれ 初日はつひ 初飛行はつひこう 初日の出はつひので 初富士はつふじ 初不動はつふどう 初鮒はつふな 初冬はつふゆ 初放送はつほうそう 初箒はつぼうき 初舞はつまい 初詣はつまうで 初松風はつまつかぜ 初舞はつまひ 初神籤はつみくじ 初彌撒はつみさ 初御空はつみそら 初昔はつむかし 初詣はつもうで 初紅葉はつもみじ 初紅葉はつもみぢ 初薬師はつやくし 初湯はつゆ 初雪はつゆき 初弓はつゆみ 初夢はつゆめ 初雷はつらい 初漁はつりょう 初猟はつりょう 初漁はつれふ 初笑はつわらい 初笑はつわらひ 八月はづき 葉月はづき 葉月潮はづきしお 鳩吹くはとふく はな 花菖蒲はなあやめ 花杏子はなあんず 花杏はなあんず 花烏賊はないか 花筏はないかだ 花茨はないばら 花茨はなうばら 花豌豆はなえんどう 花樗はなおうち 花換はなかえ 花楓はなかえで 花篝はなかがり 花換はなかへ 花南瓜はなかぼちゃ 花枳殻はなからたち 花樺はなかんば 花桐はなぎり 花曇はなぐもり 花慈姑はなぐわい 花慈姑はなぐわゐ 花氷はなごおり 花茣蓙はなござ 花氷はなごほり 花衣はなごろも 花仙人掌はなさぼてん 花盛りはなざかり 花柘榴はなざくろ 花椎はなしい 花時雨はなしぐれ 花著莪はなしゃが 花菖蒲はなしやうぶ 花菖蒲はなしょうぶ 紫荊はなすおう 花蘇枋はなすおう 花すすきはなすすき 花薄はなすすき 花李はなすもも 紫荊はなずおう 花蘇枋はなずおう 花蕎麦はなそば 花園はなぞの 花橘はなたちばな 花煙草はなたばこ 花大根はなだいこん 花種蒔くはなだねまく 花散るはなちる 花月夜はなつきよ 花石蕗はなつは 花石蕗はなつはぶき 花石蕗はなつわ 花石蕗はなつわぶき 花疲れはなづかれ 花月夜はなづくよ 花時はなどき 花菜はなな 花薺はななずな 花菜漬はななづけ 花薺はななづな 花野はなの 花の兄はなのあに 花の雨はなのあめ 花の雲はなのくも 花の春はなのはる 花の冷えはなのひえ 花の昼はなのひる 花芭蕉はなばしょう 花芭蕉はなばせう 花畠はなばたけ 花畑はなばたけ 花柊はなひいらぎ 花柊はなひひらぎ 花火はなび 花冷えはなびえ 花人はなびと 花吹雪はなふぶき 花祭はなまつり 花見はなみ 花蜜柑はなみかん 花見酒はなみざけ 花水木はなみずき 花御堂はなみだう 花御堂はなみどう 花木槿はなむくげ 花筵はなむしろ 花守はなもり 花八ツ手はなやつで 花林檎はなりんご 花豌豆はなゑんどう 羽抜鶏はぬけどり 羽蟻はねあり 箒木ははきぎ 箒草ははきぐさ 母子草ははこぐさ 母の日ははのひ はへ 葉牡丹はぼたん はま 浜おもとはまおもと はまぐり 玫瑰はまなす 浜昼顔はまひるがお 浜昼顔はまひるがほ 浜木綿はまもめん 破魔矢はまや 浜木綿はまゆう 浜木綿はまゆふ はみ はむ はめ はも 鱧の皮はものかわ はや 早鮓はやずし 葉柳はやなぎ はやぶさ 腹当はらあて 腹掛はらかけ 孕み鹿はらみじか 孕猫はらみねこ はららごはららご 羽蟻はり 針魚はりいお 針魚はりいを 針魚はりうお 針魚はりうを 針魚はりお 針供養はりくよう 榛の花はりのはな 針魚はりよ 針魚はりを はる 春浅しはるあさし 春暑しはるあつし 春袷はるあはせ 春嵐はるあらし 春霰はるあられ 春荒れはるあれ 春袷はるあわせ 春一番はるいちばん 春惜しむはるおしむ 春落葉はるおちば 春蚊はるか 春風はるかぜ 春風邪はるかぜ 春外套はるがいとう 春兆すはるきざす 春着はるぎ 春著はるぎ 春着縫うはるぎぬう 春草はるくさ 春来るはるくる 春暮るるはるくるる 春駒はるこま 春コートはるこーと 春氷はるごおり 春火燵はるごたつ 春炬燵はるごたつ 春駒はるごま 春寒はるさむ 春寒しはるさむし 春雨はるさめ 春時雨はるしぐれ 春芝はるしば 春ショールはるしょーる 春支度はるじたく 春セーターはるせーたー 春蝉はるぜみ 春田はるた 春闌くはるたく 春たちてはるたちて 春立つはるたつ 春大根はるだいこん 春近しはるちかし 春尽くはるつく 春手袋はるてぶくろ 春出水はるでみず 春出水はるでみづ 春隣はるとなり 春となるはるとなる 春灯はるともし 春隣はるどなり 春眠しはるねむし 春野はるの 春の朝はるのあさ 春の雨はるのあめ 春の池はるのいけ 春の馬はるのうま 春の海はるのうみ 春の湖はるのうみ 春の蚊はるのか 春の風はるのかぜ 春の鴨はるのかも 春の雁はるのかり 春の川はるのかわ 春の霧はるのきり 春の草はるのくさ 春の雲はるのくも 春の暮はるのくれ 春の氷はるのこおり 春の寒さはるのさむさ 春の驟雨はるのしうう 春の潮はるのしお 春の鹿はるのしか 春の潮はるのしほ 春の霜はるのしも 春の驟雨はるのしゅうう 春の燭はるのしょく 春の蝉はるのせみ 春の空はるのそら 春の暖炉はるのだんろ 春の塵はるのちり 春の月はるのつき 春の露はるのつゆ 春七草はるのななくさ 春の波はるのなみ 春の虹はるのにじ 春の猫はるのねこ 春の眠りはるのねむり 春の野はるのの 春の蚤はるののみ 春の蠅はるのはえ 春の日はるのひ 春の灯はるのひ 春の光はるのひかり 春の雹はるのひょう 春の昼はるのひる 春の蕗はるのふき 春の服はるのふく 春の星はるのほし 春の水はるのみず 春の湖はるのみずうみ 春の霙はるのみぞれ 春の鵙はるのもず 春の山はるのやま 春の闇はるのやみ 春の夕はるのゆう 春の夕はるのゆうべ 春の雪はるのゆき 春の夕はるのゆふべ 春夕べはるのゆふべ 春の夢はるのゆめ 春の夜はるのよ 春の宵はるのよい 春の宵はるのよひ 春の夜はるのよる 春の雷はるのらい 春の炉はるのろ 春疾風はるはやて 春場所はるばしょ 春日はるひ 春火桶はるひおけ 春日傘はるひがさ 春火鉢はるひばち 春深しはるふかし 春服はるふく 春更くはるふく 春埃はるぼこり 春待つはるまつ 春祭はるまつり 春満月はるまんげつ 春めくはるめく 春もやはるもや 春休みはるやすみ 春山はるやま 春夕べはるゆうべ 春夕焼はるゆうやけ 春夕焼はるゆふやけ 春夕焼はるゆやけ 箒木はわきぎ 箒草はわきぐさ ハンカチはんかち ハンケチはんけち 半夏はんげ 半夏雨はんげあめ 半夏生はんげしょう はんざきはんざき 榛の花はんのはな 斑猫はんみょう 斑猫はんめう ばい 梅雨ばいう 黴雨ばいう 海蠃打ちばいうち 梅天ばいてん 望月ばうげつ 幕営ばくえい 麦秋ばくしう 麦酒ばくしゅ 麦秋ばくしゅう 曝書ばくしょ 瀑布ばくふ 貘枕ばくまくら 芭蕉ばしょう 芭蕉忌ばしょうき 芭蕉の花ばしょうのはな 芭蕉ばせう 芭蕉の花ばせうのはな ばったばった ばつたんこばったんこ バナナばなな 薔薇ばら 馬鈴薯ばれいしょ 馬鈴薯の花ばれいしょのはな バレンタインばれんたいん バレンタインデーばれんたいんでー ばん 蕃茄ばんか 晩夏ばんか 晩夏光ばんかこう 晩菊ばんぎく 万愚節ばんぐせつ 万歳楽ばんざいらく 晩秋ばんしう 晩秋ばんしゅう 晩春ばんしゅん 晩霜ばんそう 晩涼ばんりょう 万緑ばんりょく 萬緑ばんりょく パラソルぱらそる 巴里祭ぱりさい パンジーぱんじー ひ 日脚伸ぶひあしのぶ 射干ひあふぎ ひいな 柊挿すひいらぎさす 柊の花ひいらぎのはな 氷魚ひうお 氷魚ひうを ひえ ひえどり 稗蒔ひえまき 飛燕ひえん 氷魚ひお 日覆ひおい 日覆ひおい 射干ひおうぎ 日覆ひおおい 火桶ひおけ 日覆ひおひ 日陰ひかげ 日蔭ひかげ 光る風ひかるかぜ 火蛾ひが 日傘ひがさ 東風ひがしかぜ 干潟ひがた 日雀ひがら 彼岸ひがん 彼岸会ひがんえ 彼岸過ぎひがんすぎ 彼岸西風ひがんにし 彼岸花ひがんばな ひきひき ひき 蟾蜍ひきがえる ひきがえる 引鴨ひきがも 弾初ひきぞめ 引鶴ひきづる ひぐらし 火恋しひこいし ひこばえ 火恋しひこひし 緋鯉ひごい 緋鯉ひごひ ひさご 膝掛ひざかけ 日盛りひざかり 膝毛布ひざもうふ 菱の花ひしのはな 菱の実ひしのみ 菱餅ひしもち 避暑ひしょ 鹿尾菜ひじき 鹿尾菜刈りひじきかり 鹿尾菜ひずき ひたき 干鱈ひだら ひつじ 未草ひつじぐさ 穭田ひつじだ ひつち ひつぢ 穭田ひつぢだ ひでり 日照草ひでりぐさ 旱畑ひでりばたけ 緋桃ひとう 単衣ひとえ 単帯ひとえおび 単物ひとえもの 一葉ひとは 一葉落つひとはおつ 一葉散るひとはちる 人麿忌ひとまろき 一夜酒ひとよざけ 燈蛾ひとりが 一人静ひとりしずか 一人静ひとりしづか 火取虫ひとりむし 火蛾ひとりむし ひな 雛市ひないち 雛納めひなおさめ 雛飾ひなかざり 日永ひなが 雛菓子ひながし 雛罌粟ひなげし 雛芥子ひなげし 日向ぼこひなたぼこ 日向ぼこりひなたぼこり 雛流すひなながす 雛祭ひなまつり 火縄振ひなわふり 日の盛りひのさかり ひは 火鉢ひばち 雲雀ひばり 雲雀野ひばりの 雲雀笛ひばりぶえ 柊の花ひひらぎのはな ひび 胼薬ひびぐすり 火吹竹ひふきだけ 火祭ひまつり 向日葵ひまはり 向日葵ひまわり 日短ひみじか 灯虫ひむし 氷室ひむろ 緋目高ひめだか 姫始ひめはじめ 姫百合ひめゆり 百日紅ひゃくじつこう 百日草ひゃくにちそう 冷やかひやか 日焼ひやけ 冷素麺ひやさうめん 冷酒ひやざけ 冷し酒ひやしざけ ヒヤシンスひやしんす 冷素麺ひやそうめん 冷水ひやみず 冷水ひやみづ 冷麦ひやむぎ 冷やかひややか 冷奴ひややっこ ひょう ひょう ひょう 氷菓ひょうか 瓢箪ひょうたん 氷菓ひようくわ 日除ひよけ ひよどり 比良八荒ひらはっこう 比目魚ひらめ ひらめ ひる ひる 昼顔ひるがお 昼寝ひるね 昼寝覚ひるねざめ 昼の虫ひるのむし 昼花火ひるはなび 鰭酒ひれざけ 広島忌ひろしまき ひわ 氷魚ひを 火桶ひをけ 美術展びじゅつてん 枇杷びは 白蓮びゃくれん 屏風びやうぶ ビヤホールびやほーる 屏風びょうぶ 枇杷びわ 枇杷咲くびわさく 枇杷の花びわのはな ビーチパラソルびーちぱらそる 麦酒びーる ビールびーる 鞴祭ふいごまつり 風信子ふうしんし 風船ふうせん 風鈴ふうりん 風鈴売ふうりんうり ふき 噴井ふきい 葺替ふきかえ 葺替ふきかへ 籟初ふきぞめ 吹流ふきながし 蕗の薹ふきのたう 蕗の薹ふきのとう 蕗の葉ふきのは 蕗味噌ふきみそ 河豚ふく 福笹ふくざさ 福寿草ふくじゅそう 福寿草ふくじゆさう 福茶ふくちゃ 河豚汁ふくとじる 福鍋ふくなべ 福引ふくびき ふくべ 河豚ふくべ ふくら雀ふくらすずめ ふくろ ふくろう 袋掛ふくろがけ ふくろふ 福沸ふくわかし 福藁ふくわら 福笑ふくわらい 福笑ふくわらひ 河豚ふぐ 河豚雑炊ふぐざふすい 河豚汁ふぐじる 河豚雑炊ふぐぞうすい 河豚汁ふぐとじる 河豚鍋ふぐなべ 噴井ふけい 更待月ふけまちづき 噴井ふけゐ 不作ふさく 柴漬ふしづく 柴漬ふしづけ 臥待月ふしまちづき ふじ 藤浪ふじなみ 富士の初雪ふじのはつゆき 藤の実ふじのみ 藤袴ふじばかま 富士詣ふじまうで 藤豆ふじまめ 富士詣ふじもうで ふすま 二人静ふたりしずか 二人静ふたりしづか 札納ふだおさめ 藤袴ふぢばかま 藤豆ふぢまめ 復活祭ふっかつさい 二日ふつか 二日灸ふつかきゅう 二日月ふつかづき 文月ふつき 文月ふづき 懐手ふところで 太箸ふとばし 蒲団ふとん 布団ふとん 船遊びふなあそび 船虫ふなむし 舟虫ふなむし 船料理ふなりょうり 船料理ふなれうり 海蘿ふのり 浮氷ふひやう 浮氷ふひょう ふふき 吹雪ふぶき 踏絵ふみえ 文月ふみづき 踏絵ふみゑ ふゆ 冬葵ふゆあおい 冬暁ふゆあかつき 冬茜ふゆあかね 冬浅しふゆあさし 冬暖ふゆあたたか 冬葵ふゆあふひ 冬没日ふゆいりひ 冬鶯ふゆうぐいす 冬うららふゆうらら 冬麗ふゆうらら 冬川ふゆかわ 冬霞ふゆがすみ 冬構ふゆがまえ 冬構ふゆがまへ 冬鴉ふゆがらす 冬枯ふゆがれ 冬木ふゆき 冬来るふゆきたる 冬木の芽ふゆきのめ 冬菊ふゆぎく 冬霧ふゆぎり 冬銀河ふゆぎんが 冬草ふゆくさ 冬木立ふゆこだち 冬籠りふゆごもり 冬籠ふゆごもり 冬薔薇ふゆさうび 冬桜ふゆざくら 冬座敷ふゆざしき 冬ざるるふゆざるる 冬ざれふゆざれ 冬シャツふゆしゃつ 冬支度ふゆじたく 冬芒ふゆすすき 冬雀ふゆすずめ 冬菫ふゆすみれ 冬星座ふゆせいざ 冬薔薇ふゆそうび 冬空ふゆぞら 冬田ふゆた 冬立つふゆたつ 冬滝ふゆだき 冬近しふゆちかし 冬蝶ふゆちょう 冬椿ふゆつばき 冬蝶ふゆてふ 冬隣ふゆとなり 冬隣ふゆどなり 冬鳥ふゆどり 冬菜ふゆな 冬凪ふゆなぎ 冬菜畑ふゆなばた 冬波ふゆなみ 冬濤ふゆなみ 冬に入るふゆにいる 冬ぬくしふゆぬくし 冬野ふゆの 冬の雨ふゆのあめ 冬の海ふゆのうみ 冬の梅ふゆのうめ 冬の蚊ふゆのか 冬の風ふゆのかぜ 冬の雁ふゆのかり 冬の草ふゆのくさ 冬の雲ふゆのくも 冬の暮ふゆのくれ 冬の潮ふゆのしお 冬の潮ふゆのしほ 冬の菫ふゆのすみれ 冬の空ふゆのそら 冬の田ふゆのた 冬の瀧ふゆのたき 冬の蝶ふゆのちょう 冬の月ふゆのつき 冬の蝶ふゆのてふ 冬の鳥ふゆのとり 冬の波ふゆのなみ 冬の浪ふゆのなみ 冬の蠅ふゆのはえ 冬の蜂ふゆのはち 冬の蠅ふゆのはへ 冬の日ふゆのひ 冬の灯ふゆのひ 冬の星ふゆのほし 冬の木瓜ふゆのぼけ 冬の鵙ふゆのもず 冬の靄ふゆのもや 冬の山ふゆのやま 冬の夕ふゆのゆう 冬の夕ふゆのゆふ 冬の夜ふゆのよ 冬の夜ふゆのよる 冬の雷ふゆのらい 冬蜂ふゆばち 冬薔薇ふゆばら 冬晴ふゆばれ 冬雲雀ふゆひばり 冬日ふゆび 冬日和ふゆびより 冬深しふゆふかし 冬服ふゆふく 冬帽ふゆぼう 冬帽子ふゆぼうし 冬星ふゆぼし 冬牡丹ふゆぼたん 冬満月ふゆまんげつ 冬芽ふゆめ 冬めくふゆめく 冬萌ふゆもえ 冬紅葉ふゆもみじ 冬紅葉ふゆもみぢ 冬靄ふゆもや 冬館ふゆやかた 冬休みふゆやすみ 冬山ふゆやま 冬夕焼ふゆゆうやけ 冬夕焼ふゆゆふやけ 芙蓉ふよう ふらここふらここ 鞦韆ふらここ フリージアふりーじあ 古草ふるくさ 古草ふるぐさ 古暦ふるこよみ 古暦ふるごよみ 古酒ふるざけ ふるせ釣ふるせつり 旧年ふるとし 風炉ふろ 風炉茶ふろちゃ 風炉名残ふろなごり 風呂吹ふろふき 噴水ふんすい 仏手柑ぶしゅかん 蕪村忌ぶそんき 葡萄ぶだう 葡萄園ぶだうえん 仏手柑ぶっしゅかん 仏生会ぶっしょうえ 仏法僧ぶっぽうそう ぶと 蟆子ぶと 葡萄ぶどう 葡萄園ぶどうえん ぶゆ 蟆子ぶゆ ぶよ 蟆子ぶよ ぶらんこぶらんこ 鞦韆ぶらんこ ぶり 鰤網ぶりあみ 鰤起しぶりおこし 文化の日ぶんかのひ 文旦ぶんたん 蚊帳ぶんちょう ぶんぶんぶんぶん プラタナスの花ぷらたなすのはな プールぷーる 瓢箪へうたん 碧梧桐忌へきごとうき 放屁虫へこきむし 糸瓜へちま 糸瓜忌へちまき 糸瓜棚へちまだな 糸瓜の花へちまのはな へつつひ猫へっついねこ 放屁虫へっぴりむし 放屁虫へひりむし へび 蛇穴に入るへびあなにいる 蛇穴を出づへびあなをいづ 蛇出づへびいず 蛇苺へびいちご 蛇の衣へびのきぬ 遍路へんろ 遍路杖へんろづえ 遍路道へんろみち べったら市べったらいち 紅粉の花べにのはな 紅藍花べにばな 頬赤ほあか 焙炉ほいろ 箒木ほうきぎ 箒草ほうきぐさ 法師蝉ほうしぜみ 鬼灯ほうずき 鳳仙花ほうせんか 鳳仙花ほうせんくわ 包丁始ほうちょうはじめ 豊年ほうねん 蓬莱ほうらい 菠薐草ほうれんそう 頬赤ほおあか 頬被りほおかぶり 朴散華ほおさんげ 頬白ほおじろ 鬼灯ほおずき 酸漿ほおずき 鬼灯市ほおずきいち 朴の花ほおのはな 火蛾ほが 穂草ほくさ 北風ほくふう 捕鯨船ほげいせん ほこ 蒲公英ほこうえい 星合ほしあい 星合ほしあひ 干飯ほしい 干飯ほしいい 干飯ほしいひ 干梅ほしうめ 干柿ほしがき 干鰈ほしがれい 干草ほしくさ 干草ほしぐさ 星涼しほしすずし 干大根ほしだいこん 星月夜ほしづきよ 星月夜ほしづくよ 星飛ぶほしとぶ 干菜ほしな 干菜湯ほしなゆ 星の秋ほしのあき 干海苔ほしのり 干蒲団ほしぶとん 星祭ほしまつり 穂芒ほすすき ほた 帆立貝ほたてがい 帆立貝ほたてがひ ほたる ほたるほたる 蛍烏賊ほたるいか 蛍籠ほたるかご 蛍狩ほたるがり 蛍草ほたるぐさ 蛍火ほたるび 蛍袋ほたるぶくろ 穂俵ほだわら 捕虫網ほちゅうあみ 捕虫網ほちゅうもう 仏の座ほとけのざ 杜鵑ほととぎす 杜宇ほととぎす 子規ほととぎす 郭公ほととぎす 時鳥ほととぎす 骨正月ほねしゃうぐゎつ 骨正月ほねしょうがつ 法師蝉ほふしぜみ 頬赤ほほあか 頬被りほほかぶり 朴散華ほほさんげ 酸漿ほほづき 鬼灯ほほづき 鬼灯市ほほづきいち 朴の花ほほのはな 品川寺鐘供養ほんせんじかねくやう 品川寺鐘供養ほんせんじかねくよう ほんだはらほんだわら 望月ぼうげつ 坊主めくりぼうずめくり 牡丹ぼうたん 忘年会ぼうねんかい 防風ぼうふう 孑孑ぼうふら 孑孑ぼうふり 木瓜の花ぼけのはな 暮秋ぼしう 暮秋ぼしゅう 暮春ぼしゅん 牡丹ぼたん 牡丹鍋ぼたんなべ 牡丹の根分ぼたんのねわけ 牡丹雪ぼたんゆき ぼら 牡蠣ぼれい ぼん 盆狂言ぼんきゃうげん 盆狂言ぼんきょうげん 盆供ぼんく 盆支度ぼんしたく 盆芝居ぼんしばい 盆支度ぼんじたく 盆僧ぼんそう 文旦ぼんたん 盆燈籠ぼんどうろう 盆の月ぼんのつき 盆梅ぼんばい 盆火ぼんび 盆休みぼんやすみ 盆用意ぼんようい ボートぼーと ボーナスぼーなす ポインセチアぽいんせちあ ポピーぽぴー 玫瑰まいかい 舞初まいぞめ まいまいまいまい 牧閉すまきとざす 牧開くまきひらく 牧びらきまきびらき 真葛原まくずはら 蠛蠓まくなぎ 真瓜まくは 甜瓜まくは 真桑瓜まくはうり 甜瓜まくはうり 真瓜まくわ 甜瓜まくわ 真桑瓜まくわうり 甜瓜まくわうり まぐろ 真菰まこも 真菰の花まこものはな 真菰の穂まこものほ 南風まじ ます マスカットますかっと マスクますく 南風まぜ 斑雪まだらゆき 松納めまつおさめ 松落葉まつおちば 松飾まつかざり 松飾るまつかざる 松過ぎまつすぎ 松蝉まつぜみ 松茸まつたけ 松茸飯まつたけめし 松手入まつていれ 松取るまつとる 松七日まつなのか 松の内まつのうち 松の芯まつのしん 松の花まつのはな 松の芽まつのめ 松葉蟹まつばがに 松葉牡丹まつばぼたん 松虫まつむし 松むしりまつむしり 待宵まつよい 待宵草まつよいぐさ まつり 祭鱧まつりはも 祭笛まつりぶえ 馬刀貝まてがい 俎始まないたはじめ 俎始まなはじめ 鶺鴒まなばしら 舞初まひぞめ 間引菜まびきな マフラーまふらー まむし 蝮酒まむしざけ 豆御飯まめごはん 豆炭まめたん 豆の花まめのはな 豆引くまめひく 豆撒きまめまき 豆名月まめめいげつ 豆飯まめめし 摩耶詣まやまうで 摩耶詣まやもうで まゆ 繭玉まゆだま 榲桲の花まるめろのはな 廻り燈籠まわりどうろう 金縷梅まんさく 万歳まんざい 万歳楽まんざいらく 曼珠沙華まんじゅしゃか 曼朱沙華まんじゅしゃか 曼珠沙華まんじゅしゃげ 曼朱沙華まんじゅしゃげ マントまんと 万燈まんどう 万両まんりやう 万両まんりょう 実梅みうめ 御影供みえいく 三日月みかづき 蜜柑みかん 蜜柑の花みかんのはな 蜜柑山みかんやま 神輿みこし みさごの巣みさごのす 彌撒始みさはじめ 実柘榴みざくろ みじか夜みじかよ 短夜みじかよ 水遊びみずあそび 水打つみずうつ 水からくりみずからくり 水涸るみずかる 水木の花みずきのはな 水狂言みずきょうげん 水着みずぎ 水草生ふみずくさおう 水草の花みずくさのはな 水喧嘩みずげんか 水霜みずしも 水馬みずすまし 水すましみずすまし 水澄むみずすむ 水芹みずぜり 水鉄砲みずでっぽう 水取みずとり 水鳥みずどり 水菜みずな 水盗むみずぬすむ 水温むみずぬるむ 水の秋みずのあき 水芭蕉みずばしょう 水洟みずばな 水引草みずひきぐさ 水引の花みずひきのはな 水虫みずむし 水飯みずめし 水餅みずもち 水羊羹みずようかん 水論みずろん 晦日蕎麦みそかそば 御祓みそぎ 三十三才みそさざい 溝浚えみぞさらえ みぞ萩みぞはぎ みぞれ 道をしへみちおしえ 三日みっか 三葉みつば 蜜蜂みつばち 三椏の花みつまたのはな 蜜豆みつまめ 水打つみづうつ 水涸るみづかる 水狂言みづきやうげん 水喧嘩みづげんくわ 水霜みづしも 水澄むみづすむ 水鉄砲みづでつぱう 水鳥みづどり 水菜みづな 水芭蕉みづばせう 水洟みづばな 水引草みづひきぐさ 水引の花みづひきのはな 水虫みづむし 水飯みづめし 水餅みづもち 水羊羹みづやうかん みどり 緑さすみどりさす 緑立つみどりたつ 緑の週間みどりのしゅうかん みな 水口祭みなくちまつり 虚栗みなしぐり 水無月みなづき 六月みなづき 南風みなみ 南風みなみかぜ 実南天みなんてん 身に入むみにしむ 身にしむみにしむ 峰入みねいり 峰雲みねぐも 蓑虫みのむし 稔田みのりた 三冬みふゆ 壬生狂言みぶきょうげん 壬生菜みぶな 壬生念仏みぶねんぶつ 蚯蚓みみず 木菟みみずく 蚯蚓鳴くみみずなく 耳袋みみぶくろ ミモザみもざ 都踊みやこおどり 都鳥みやこどり 都忘れみやこわすれ 都踊みやこをどり 深雪みゆき 茗荷竹みょうがたけ 茗荷竹みょうがだけ 茗荷の子みょうがのこ 茗荷の花みょうがのはな 妙法の火みょうほうのひ みら 六日むいか 迎鐘むかえがね 迎へ火むかえび 無花果むかか 零余子むかご むかご飯むかごめし 百足むかで 蜈蚣むかで むぎ 麦秋むぎあき 麦打むぎうち 麦刈むぎかり 麦扱むぎこき 麦茶むぎちゃ 麦の秋むぎのあき 麦の黒穂むぎのくろぼ 麦の粉むぎのこ 麦の穂むぎのほ 麦の芽むぎのめ 麦畑むぎばたけ 麦踏むぎふみ 麦笛むぎぶえ 麦埃むぎぼこり 麦蒔むぎまき 麦湯むぎゆ 麦藁帽むぎわらぼう 木槿むくげ 椋鳥むくどり 椋の実むくのみ 無患子むくろじ むぐら 葎若葉むぐらわかば 無月むげつ むし 虫売りむしうり 虫送りむしおくり 虫籠むしかご 蒸鰈むしがれい 虫籠むしこ 虫籠むしご 虫時雨むししぐれ 虫の声むしのこえ 虫の闇むしのやみ 虫干むしぼし 武者絵凧むしゃえだこ 武者凧むしゃだこ 武者人形むしゃにんぎょう 結昆布むすびこんぶ 睦月むつき 霧笛むてき 霧氷むひょう 郁子むべ むめ 梅が香むめがか 村時雨むらしぐれ 村芝居むらしばい 村芝居むらしばゐ 叢薄むらすすき 室咲むろざき 室の花むろのはな 名月めいげつ 明月めいげつ 榠樝めいさ 名刺受めいしうけ 鳴雪忌めいせつき 芽独活めうど 目借時めかりどき 目刺めざし 飯饐るめしすえる 雌鹿めじか 目白めじろ 目高めだか 目貼めばり 目貼剥ぐめばりはぐ 目張めばる 芽吹くめぶく めまとひめまとい 蚯蚓めめず 芽柳めやなぎ メロンめろん メーデーめーでー 毛布もうふ 藻刈もかり 藻刈舟もかりぶね 虎落笛もがりぶえ 茂吉忌もきちき 木槿もくげ 木犀もくせい 木蓮もくれん 百舌鳥もず もず 海雲もずく もち 餅切るもちきる 餅搗もちつき 望月もちづき 黐の花もちのはな 餅花もちばな 野路の秋もぢのあき 物種ものだね 物の芽もののめ ものの芽もののめ 藻の花ものはな 籾殻もみがら 黄葉もみじ 紅葉もみじ 紅葉狩もみじがり 紅葉散るもみじちる 黄葉もみじば 紅葉鮒もみじぶな 紅葉山もみじやま 籾磨もみすり 黄葉もみぢ 紅葉もみぢ 紅葉狩もみぢがり 紅葉散るもみぢちる 黄葉もみぢば 紅葉鮒もみぢぶな 紅葉山もみぢやま 籾干すもみほす 籾蒔もみまき 籾筵もみむしろ もも 百千鳥ももちどり 桃の節句もものせっく 桃の花もものはな 桃の日もものひ 股引ももひき 炎ゆもゆ 諸子もろこ 唐黍もろこし 紋白蝶もんしろちょう 八重桜やえざくら 野火やか 夜学やがく 夜学校やがくかう 夜学校やがっこう 焼芋やきいも 焼藷やきいも 焼栄螺やきさざえ 夜業やぎょう 灼くやく 厄落しやくおとし 厄払いやくはらい 厄払いやくばらい 厄日やくび 矢車やぐるま 矢車草やぐるまそう 焼野やけの 焼山やけやま 夜光虫やこうちゅう 夜食やしょく 八頭やつがしら 八手の花やつでのはな 寄居虫やどかり やな 柳川鍋やながわなべ やなぎ 柳枯るやなぎかる 柳散るやなぎちる 柳の芽やなぎのめ 柳鮠やなぎばえ 柳箸やなぎばし 柳祭やなぎまつり 夜番やばん 藪入やぶいり 藪蚊やぶか 藪柑子やぶかうじ 藪枯しやぶからし 藪枯しやぶがらし 藪柑子やぶこうじ 八重桜やへざくら 山芋やまいも 山卯木やまうつぎ 山独活やまうど 山雀やまがら 山桜やまざくら 山田守るやまだもる 山躑躅やまつつじ 山椿やまつばき 山眠るやまねむる 山始やまはじめ 山火やまび 山開きやまびらき 山吹やまぶき 山葡萄やまぶだう 山葡萄やまぶどう 山鉾やまぼこ 山繭やままゆ 山蚕やままゆ 山女やまめ 山桃やまもも 山焼くやまやく 山百合やまゆり 山粧ふやまよそおう 山粧ふやまよそほふ 山笑ふやまわらう 山笑ふやまわらふ 闇汁やみじる 守宮やもり やや寒ややさむ 弥生やよい 弥生尽やよいじん 弥生尽やよいつき 弥生尽やよひじん 弥生尽やよひつき 遣羽子やりはご 破蓮やれはす 敗荷やれはす 破蓮やれはちす 破芭蕉やればしょう 破芭蕉やればせう やんまやんま 夕顔ゆうがお 夕がほゆうがお 夕霞ゆうがすみ 誘蛾燈ゆうがとう 夕霧忌ゆうぎりき 夕東風ゆうこち 夕桜ゆうざくら 夕菅ゆうすげ 夕涼ゆうすず 夕すゞみゆうすずみ 夕涼みゆうすずみ 遊船ゆうせん 夕焚火ゆうたきび 白雨ゆうだち 夕立ゆうだち 夕月ゆうづき 夕月夜ゆうづきよ 夕月夜ゆうづくよ 夕永しゆうながし 夕凪ゆうなぎ 夕紅葉ゆうもみじ 夕焼ゆうやけ 蚰蜒ゆえん 川床ゆか 浴衣ゆかた ゆき 雪遊ゆきあそび 雪兎ゆきうさぎ 雪起しゆきおこし 雪折ゆきおれ 雪下しゆきおろし 雪卸しゆきおろし 雪女ゆきおんな 雪掻ゆきかき 雪垣解くゆきがきとく 雪囲ゆきがこい 雪囲ゆきがこひ 雪合戦ゆきがっせん 雪沓ゆきぐつ 雪解ゆきげ 雪解富士ゆきげふじ 雪しまきゆきしまき 雪代ゆきしろ 雪女郎ゆきじょろう 雪達磨ゆきだるま 雪女郎ゆきぢよろう 雪礫ゆきつぶて 雪吊ゆきつり 雪とけてゆきとけて 雪解ゆきどけ 雪投ゆきなげ 雪残るゆきのこる 鴨足草ゆきのした 雪の下ゆきのした 虎耳草ゆきのした 雪の果ゆきのはて 雪野原ゆきのはら 雪晴ゆきばれ 雪婆ゆきばんば 雪蛍ゆきほたる 雪仏ゆきぼとけ 雪間ゆきま 雪間草ゆきまぐさ 雪見ゆきみ 雪見酒ゆきみざけ 雪虫ゆきむし 雪眼ゆきめ 雪眼鏡ゆきめがね 雪催ゆきもよい 雪催ゆきもよひ 雪柳ゆきやなぎ 雪折ゆきをれ 雪女ゆきをんな 行秋ゆくあき 行く秋ゆくあき 行く鴨ゆくかも 行雁ゆくかり 行く年ゆくとし 行く春ゆくはる 行春ゆくはる 鞦韆ゆさわり 湯ざめゆざめ 山桜桃の花ゆすらのはな 柚子ゆず 柚子の花ゆずのはな 柚味噌ゆずみそ 柚子湯ゆずゆ ゆずりは 湯たんぽゆたんぽ 夕立ゆだち ゆづりは 湯豆腐ゆどうふ 湯殿行ゆどのぎょう 柚の花ゆのはな 夕顔ゆふがほ 夕がほゆふがほ 夕桜ゆふざくら 夕菅ゆふすげ 夕すゞみゆふすずみ 夕涼ゆふすずみ 夕涼みゆふすずみ 夕焚火ゆふたきび 夕立ゆふだち 白雨ゆふだち 夕月ゆふづき 夕月夜ゆふづきよ 夕月夜ゆふづくよ 夕凪ゆふなぎ 夕紅葉ゆふもみぢ 夕焼ゆふやけ 柚味噌ゆみそ 弓始ゆみはじめ 百合ゆり 百合鷗ゆりかもめ 夜網よあみ 宵の春よいのはる 宵宮よいみや 宵闇よいやみ 陽炎ようえん 養花天ようかてん 余花よか 余寒よかん 夜著よぎ 夜着よぎ 夜霧よぎり 浴衣よくい 余花よくわ 夜寒よさむ 夜桜よざくら 葭切よしきり 葭簀よしず 葭戸よしど 夜濯ぎよすすぎ 寄鍋よせなべ 夜鷹よたか 夜焚よたき 夜焚よだき 四日よっか ヨットよっと 夜露よつゆ 夜釣よづり 夜長よなが 夜なべよなべ 夜半の月よはのつき 夜半の冬よはのふゆ 夜這星よばいぼし 夜番よばん 夜振よぶり 夜廻りよまわり 夜店よみせ 読初よみぞめ 嫁が君よめがきみ 嫁菜よめな よもぎ 蓬摘むよもぎつむ 蓬餅よもぎもち 夜の秋よるのあき 鎧草よろいぐさ 鎧草よろひぐさ 夜半の秋よわのあき 夜半の月よわのつき 夜半の夏よわのなつ らい 雷雨らいう 雷鳥らいちょう 雷鳥らいてう 雷鳴らいめい ライラックらいらっく 老人の日らうじんのひ ラガーらがー 落花生らくくわせい 落第らくだい 落葉らくよう ラグビーらぐびー 落花らっか 落花生らっかせい 臘梅らふばい ラムネらむね らん 嵐雪忌らんせつき 柳絮りうじよ 流燈りうとう 流氷りうひよう 李花りか 梨花りか 利休忌りきゅうき 陸稲りくたう 陸稲りくとう 李花りくゎ 立夏りっか 立秋りっしう 立秋りっしゅう 立春りっしゅん 立冬りっとう 涼新たりやうあらた 柳絮りゅうじょ 流星りゅうせい 竜胆りゅうたん 流燈りゅうとう 竜の玉りゅうのたま 龍の玉りゅうのたま 竜の鬚の花りゅうのひげのはな 流氷りゅうひょう りょう 涼新たりょうあらた 良寛忌りょうかんき 猟犬りょうけん 料峭りょうしょう 凌霄花りょうしょうか 漁始りょうはじめ 涼風りょうふう 良夜りょうや 緑陰りょくいん 緑蔭りょくいん リラの花りらのはな 林間学校りんかんがっこう 林檎りんご 林檎の花りんごのはな 竜胆りんだう 竜胆りんどう 冷夏れいか 茘枝れいし 冷酒れいしゅ 冷水れいすい 冷蔵庫れいぞうこ 冷房れいぼう 冷麺れいめん 零余子れいよし れふ 猟犬れふけん 漁始れふはじめ 檸檬れもん 連翹れんぎょう 連翹れんげう 紫雲英れんげそう 蓮華草れんげそう 蓮根掘るれんこんほる 連雀れんじゃく 蓮如忌れんにょき レース編むれーすあむ ろ 老鶯ろうおう 朧月ろうげつ 螻蛄ろうこ 老人の日ろうじんのひ 労働祭ろうどうさい 臘八ろうはち 臘八ろうはつ 臘梅ろうばい 朧夜ろうや 鹿ろく 六月ろくがつ 六斎ろくさい 露月忌ろげつき 炉の名残ろのなごり 露伴忌ろはんき 炉端ろばた 炉開きろびらき 炉塞ろふさぎ 黄梅わうばい 若蘆わかあし 若鮎わかあゆ 若井わかい 若夷わかえびす 若恵比須わかえびす 若楓わかかえで 若楓わかかへで 若草わかくさ 若駒わかごま 公魚わかさぎ 輪飾わかざり 若芝わかしば 若竹わかたけ 若菜わかな 若菜籠わかなかご 若菜摘わかなつみ 若菜野わかなの 若葉わかば 若葉雨わかばあめ 若水わかみず 若水わかみづ 若緑わかみどり 若布わかめ 若布汁わかめじる 別れ霜わかれじも 別れ星わかれぼし 病葉わくらば 山葵わさび 山葵田わさびだ 山葵圃わさびばたけ わし 忘草わするるくさ 忘れ扇わすれあふぎ 忘れ扇わすれおうぎ 忘草わすれぐさ 忘れ霜わすれじも 勿忘草わすれなぐさ 忘れ雪わすれゆき 早稲わせ 綿入わたいれ 綿子わたこ 綿摘むわたつむ 棉の花わたのはな 綿の花わたのはな 綿虫わたむし 綿弓わたゆみ 渡り鳥わたりどり 侘助わびすけ 笑初わらいぞめ 藁仕事わらしごと 藁塚わらづか 笑初わらひぞめ わらび 蕨餅わらびもち 吾亦紅われもかう 吾亦紅われもこう 藺植うるゐううる 牛膝ゐのこづち ゐのしし 藺の花ゐのはな 絵双六ゑすごろく 狗尾草ゑのころぐさ 恵方ゑはう 絵踏ゑふみ 絵踏ゑぶみ 豌豆の花ゑんどうのはな 遠雷ゑんらい 陸稲をかぼ 鴛鴦をし をし 鴛鴦をしどり をしどり 男郎花をとこへし をとり 囮籠をとりかご をどり 尾花をばな 女郎花をみなへし 女郎花をみなへし をみなめしをみなめし 女正月をんなしやうぐわつ 

● 季語検索に戻る

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に