季語|正月(しょうがつ)

新春の季語 正月

一月(いちがつ)

正月の俳句と季語本来は旧暦1月の別名。現在では、「三が日」または「松の内」という意味で使用することが多い。松の内は小正月の15日や20日までとすることもあるが、通常は7日まで。
室町時代の「塵添壒囊抄」に、秦の始皇帝が降誕した月を「政月」と言い、そこから「正月」になったとする説がある。

【正月の俳句】

正月や宵寝の町を風のこゑ  永井荷風

 インターネット歳時記