俳句

加倉井秋を

「秋を調」の句風で知られる俳人

かくらいあきを

1909年8月26日~1988年6月2日。茨城県出身。富安風生に師事。1941年から「若葉」編集長。「諷詠派」創刊。1959年より「冬草」主宰。建築家・武蔵大学教授。
口語を生かしたその句風は「秋を調」と呼ばれた。

▶ 加倉井秋をの俳句



【中古】 富安風生 / 加倉井 秋を, 清崎 敏郎 / おうふう [単行本]【メール便送料無料】
4852円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【古本倶楽部 楽天市場店】

 加倉井秋をの年譜
1909年 明治42年 8月26日、茨城県東茨城郡山根村に生まれる。
1932年 昭和7年 東京美術学校建築科卒業。建築会社に勤める。
1935年 昭和10年 俳句を作り始める。
1936年 昭和11年 「あきを」の号で「馬酔木」に投句。
1938年 昭和13年 俳号を「秋を」に改め、「若葉」の富安風生に師事。
1941年 昭和16年 「若葉」編集長。
1946年 昭和21年 安住敦らと俳句作家懇話会を結成。
1947年 昭和22年 安住敦らと「諷詠派」を創刊。
1948年 昭和23年 「若葉」第一期同人。句集「胡桃」刊行。
1955年 昭和30年 「冬草」の雑詠選者となる。句集「午後の窓」刊行。
1959年 昭和34年 「冬草」主宰。
1963年 昭和38年 若葉功労賞。
1970年 昭和45年 武蔵大学美術工芸史教授(昭和55年まで)。
1974年 昭和49年 句集「欸乃」俳書「武蔵野雑記 俳句をこう考える」刊行。
1979年 昭和54年 句集「隠愛」刊行。
1984年 昭和59年 「風祝」で俳人協会賞受賞。
1986年 昭和61年 富安風生賞。
1988年 昭和63年 6月2日に亡くなる。享年78。
*1 本名は加倉井昭夫。弟に、日本画家の加倉井和夫。