富安風生

とみやすふうせい

「若葉」主宰

1885年(明治18年)4月16日~1979年(昭和54年)2月22日。愛知県八名郡金沢村(豊川市)出身。本名は謙次。34歳で逓信省福岡貯金支局に支局長として赴任した時に、吉岡禅寺洞に出会って俳句をはじめる。高浜虚子に師事。俳誌「若葉」主宰。もとは逓信省内の俳句雑誌だった。「馬酔木」「ホトトギス」同人。冬の季語「竈猫」は風生の造語で、「何もかも知つてをるなり竈猫」から来ている。
数え年九十五歳で死去。岸風三楼が、辞世として「九十五齢とは後生極楽春の風」を選んでいる。

▶ 富安風生の俳句

インターネット歳時記