俳人検索結果



富安風生 

掌中の珠とまるめて蓬餅 
一弁のはらりと解けし辛夷かな 
落椿ふむ外はなき径かな 
雨ならず萍をさざめかすもの 
見つめをる月より何かこぼれけり 
流星の尾の長かりし湖の空 
落葉松は霧を淋しと立ち揃ふ 
雲海に紫にじむ秋意かな 
行く道のままに高きに登りけり 
小鳥来て午後の紅茶のほしきころ 
よろこべばしきりに落つる木の実かな 
狐火を信じ男を信ぜざる 
寒紅の濃き唇を開かざり 
切干のむしろを展べて雲遠し 
カタコトとスチームが来る室の花 
初日記書きたきことは他にありて 
怠れど針は器用や縫始 
うそまこと七十余年初寝覚 
夏空へ雲のらくがき奔放に 
初松風心の襞にかそかなり 
まさをなる空よりしだれざくらかな 
淋しきがゆゑにまた色草といふ 
何もかも知つてをるなり竈猫 
寒雀顏見知るまで親しみぬ 
わが生きる心音トトと夜半の冬 
三月の声のかかりし明るさよ 
冬の蝶人に見られてあがりけり 
ジャケツ真赤く縄飛はまだ出来ず 
談笑のいと朗かに梅雨の宿 
塩噴きしひね梅干を珍重す 
里の子等庭に見てゐる麦酒酌む 
夕空のなごみわたれる案山子かな 
白桃をよよとすすれば山青き 
露の宿掃き出す塵もなかりけり 
秋涼し湖の渚に瓜二葉 
老木の芽をいそげるをあはれみぬ 
青麦にオイルスタンド霾る中 
掌にのせて子猫の品定め 
再びの春雷をきく湖舟かな 
九十五齢とは後生極楽春の風 
捕虫網ふる子に馴れて牧の馬 
石鎚も南瓜の花も大いなり 
削氷を掌もて押ふること親し 
みなし栗ふめばこゝろに古俳諧 
花蓼にたわわなるかな青蜜柑 
スキー穿きこの子可愛や家はどこ 
しづかにもひれふる恋や熱帯魚 
秋晴の運動会をしてゐるよ 
二歩ふめば二歩近づきぬ春の富士 
一片の蓼の葉あをし鱚にそへ 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に