俳句例句(季語から)



 

霧黄なる市に動くや影法師  夏目漱石
落葉松は霧を淋しと立ち揃ふ  富安風生
鐘ついて十万億土霧うごく  福永法弘
壺の国信濃を霧のあふれ出づ  平畑静塔
駈けくるごと霧の電線びゆんびゆんと  加藤楸邨
海燕霧の停船夜となりぬ  橋本多佳子
霧見えて暮るゝはやさよ菊畑  中村汀女
霧にほひ岩の温泉白くにごりたり  水原秋桜子
白樺の霧にひびける華厳かな  川端茅舎
白樺に霧の宿への道しるべ  水原秋桜子
御座舟や霧間もれたる須磨明石  松江重頼
霧の火口茫々と影のなきおのれ  山口草堂
人発ちし跡すぐ霧の襲ひけり  長谷川零余子
霧晴れて川沿ひ霧の寒さかな  河東碧梧桐
中天に並ぶ巌あり霧の奥  正岡子規
於々峠吐息の霧に富士はなし  池西言水
秋霧に河原撫子見ゆるかな  小林一茶
霧晴れて高砂の町まのあたり  与謝蕪村
夢返せ烏の覚ます霧の月  上島鬼貫
霧の中別れ言はずに別れけり  徳田千鶴子

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に