俳句例句(季語から)



 

月清し遊行のもてる砂の上  松尾芭蕉(おくのほそ道)
入る月の跡は机の四隅哉  松尾芭蕉
月天心貧しき町を通りけり  与謝蕪村
なかなかにひとりあればぞ月を友  与謝蕪村
月の風マルセルマルソー吹かれけり  宇多喜代子
見つめをる月より何かこぼれけり  富安風生
藁色の月出て鶴はねぐらかな  三嶋隆英
ままごとのお客は猫と昼の月  秦夕美
川上とこの川下や月の友  松尾芭蕉(続猿蓑)
浮世の月見過しにけり末二年  井原西鶴
ふるさとの月の港を過るのみ  高浜虚子
忍潮井や月も最中の影ふたつ  小見川梅庵
徐々に徐々に月下の俘虜として進む  平畑静塔
月も見て我はこの世をかしく哉  加賀千代女
月入るや人を探しに行くやうに  森賀まり
綾むしろ地に敷く月の蘇鉄かな  桜井梅室
風ひそひそ柿の葉落としゆく月夜  野村朱鱗洞
やるかたのなきに見て泣須磨の月  松岡青蘿
この月よをちかた人にまどかなれ  久保より江
ひととせの月を曇らす今宵かな  宗祇
皆人の昼寝の種や秋の月  松永貞徳
ほつと月がある東京に来てゐる  種田山頭火
おぼろおぼろ引つぺぐ胸の月清し  北条団水
松の月枝に掛たりはづしたり  小西来山
鎖あけて月さし入よ浮み堂  松尾芭蕉
岩端やここにも独り月の客  向井去来
ながむる月にたちぞうかるゝ  宗祇
月はみだぼさつや二十御来迎  藤谷貞兼
ふなばたや履ぬぎすつる水の月  松岡青蘿
月の雲々からさ岐に離れゆき  辻嵐外
おもかげや姨一人泣く月の友  加舎白雄
弓張の角さし出す月の雲  向井去来
いざさらば迎え次第に月の宿  鶴田卓池
乞食を葬る月の光かな  藤野古白
寝る人は寝させて月は晴にけり  岩田涼菟
鎖あけて月さし入れよ浮御堂  松尾芭蕉
閼伽は是れ月澄む松の下雫  山本安三郎
かそけき月のかげつくりゆく蟲の音よ  野村朱鱗洞
一つ家に一人寝て観る草に月  種田山頭火
月落ちて物の怪めくや鷺の声  角川源義
いつ死ぬか―樹海の月に渇きゐる  鈴木六林男

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に