月(つき)

三秋の季語 

星月夜(ほしづきよ)月白(つきしろ)月光(げっこう)・月影(つきかげ)・月下(げっか)・昼の月(ひるのつき)・月の秋(つきのあき)・月待ち(つきまち)

季語単に「月」といえば三秋。名月ならば仲秋。俳諧とつながりのある連歌・連句では、月と花は特別視され、月には「月の定座」として月の句を詠みこまなければならない箇所がある。万葉集の時代から「月」は数多く歌われていたが、特に額田王の歌と言われている

熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな

は有名。また、月が出ようとしている東の空の明るさを、月白と言って愛でる。

月の語源は、太陽の次に明るいことから次(つく)が変化したものだと言われている。なお、古事記で月の神は三貴神に数え上げられ、イザナギの左目から生まれた太陽神アマテラスの次に、右目からツクヨミとして生まれている。
月を語源とする「時(とき)」や「憑く(つく)」などの言葉もある。

浮世の月見過しにけり末二年  井原西鶴
ふるさとの月の港を過るのみ  高浜虚子



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA