春の月(はるのつき)

三春の季語 春の月

春月(しゅんげつ)春満月(はるまんげつ)朧月(おぼろづき)朧(おぼろ)

季語単に「月」といえば秋。澄み渡った秋の月に対し、春の月は朧を特徴とする。

月の語源は、太陽の次に明るいことから次(つく)が変化したものだと言われている。なお、古事記で月の神は三貴神に数え上げられ、イザナギの左目から生まれた太陽神アマテラスの次に、右目からツクヨミとして生まれている。

春月や塔下草にありく人  松根東洋城



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA