俳句

季語|名月(めいげつ)

仲秋の季語 名月

十五夜(じゅうごや)三五の月(さんごのつき)月見(つきみ)今日の月(きょうのつき)望月(もちづき)十六夜(いざよい・じゅうろくや)既望(きぼう)立待月(たちまちづき)十七夜(じゅうしちや)居待月(いまちづき)十八夜(じゅうはちや)臥待月(ふしまちづき)寝待月(ねまちづき)更待月(ふけまちづき)二十日月(はつかづき)二十三夜(にじゅうさんや)明月(めいげつ)良夜(りょうや)無月(むげつ)・雨月(うげつ)・初月(しょげつ)初月夜(はつづきよ)二日月(ふつかづき)三日月(みかづき)新月(しんげつ)待宵(まつよい)小望月(こもちづき)

名月の俳句と季語(東錦絵)単に「月」といえば三秋の季語である。毎月十五夜はあるものの、単に「十五夜」と言った場合、通常は、仲秋の名月がのぼる旧暦8月15日の夜を指す。
月見は、平安時代に日本に伝わった中国の「中秋節」に由来する風習で、「観月の宴」が開かれていた。中国ではこの日、月を祭り、幸せを祈りながら月餅を切り分けて食べる。
稲刈り前の農閑期と重なることや、気候の良さもあり、近世に入って庶民にも広まった。
別名「芋名月」とも呼ばれるが、芋の収穫祭の意味も込められ、かつては里芋を高く盛って月に供えられた。現在では里芋の代わりに団子を用いる。海外でも収穫祭に因んだ名が用いられており、秋分の日に最も近い満月のことを「ハーベストムーン」と呼ぶ。

月見行事には「栗名月」「豆名月」とも呼ぶ「十三夜」もあるが、こちらは仲秋の名月から約1カ月後の陰暦9月13日の名月をいう。仲秋の名月だけを愛でることを「片見月」として忌む。

▶ 関連季語 月(秋)
▶ 関連季語 後の月(秋)

【名月の俳句】

名月をとつてくれろと泣く子かな  小林一茶
名月や池をめぐりて夜もすがら  松尾芭蕉

▶ 俳句の季節「狼男と秋の月」

初月初月初月夜
名月となる月が初めて出たのを初月という。旧暦8月1日の月を指すが、朔に当たるため、二日月や三日月を「初月」と呼ぶことがある。

二日月二日月
月の第二日目の夜に出る月のことを「二日月」というが、俳句の世界では、特に旧暦8月2日の月を指して仲秋の季語とする。

三日月三日月新月
俳句の世界では、特に旧暦8月3日の月を「三日月」として、仲秋の季語とする。「三日の月」「新月」とも言う。

待宵待宵小望月
旧暦8月14日の夜は「待宵」。「待宵」で十四夜月をも指す。また、小望月ともいう。日の入り前に昇り始める。

十五夜十五夜名月明月三五の月望月今日の月良夜
旧暦8月15日の月。月の出た夜は「良夜」という。望月(もちづき)は、「みてりつき(満月)」から来ているという説がある。月の模様がウサギに見えることから、中国では不老不死の薬をウサギが搗いているいると言われているが、日本では「もちづき」から「餅つき」と結び付けられた。

十六夜十六夜既望
旧暦8月16日の月。十五夜より少し遅れて昇り始め、「いざよい出る」の意味がある。

十七夜立待月十七夜
旧暦8月17日の月。十五夜以降、月の出は遅れるが、十七夜は、立って待てばたちまち出てくることから「立待月」と呼ばれる。

居待月居待月十八夜
旧暦8月18日の月。月の出がやや遅くなるので、坐って待たなければならないという意味が込められている。

臥待月臥待月寝待月
旧暦8月19日の月。月の出がかなり遅れ、寝て待たなければならないほどだという意味が込められている。

臥待月更待月二十日月
旧暦8月20日の月。この頃になると、日の入りから4時間くらい遅れて月が出てくる。夜が更けて月を待つの意。

臥待月二十三夜
旧暦8月23日の月。この月はちょうど真夜中に出てくる。「二十三夜待」ともいう。

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA