季語|襟巻(えりまき)

三冬の季語 襟巻

マフラー(まふらー)ショール(しょーる)

襟巻の俳句と季語防寒を主目的とする服飾品。江戸時代には首巻と呼び、隠居や病人が使用するものだった。素材には、ウール・絹・ナイロンなどがあり、大きさや形などによって、マフラー・ショール・ストール・スカーフ・ネッカチーフなどと呼び分ける。この内、季語として認知されているのはマフラーとショールで、共に冬の季語である。
マフラーの語源は、ラテン語で包み込むことを意味する「maffle」である。ショールの語源は、ペルシャ語で大きな布を意味する「shāl」で、折ったりなどして三角形にしたものを肩に羽織る。

【襟巻の俳句】

襟巻を別れてよりは二重にす  福井隆子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|蕪(かぶ・かぶら)

三冬の季語 

赤蕪(あかかぶ)

蕪の俳句と季語アブラナ科アブラナ属の根菜類の一つ。蕪菜・鈴菜・豊菜・大頭菜などとも呼ぶ。鈴菜として、春の七草のひとつとなっている。淡色野菜に分類される根(胚軸)や、緑黄色野菜に分類される茎や葉を食用にする。
原産は地中海地方で、アジア系とヨーロッパ系の二変種が存在する。京野菜など西日本を中心に栽培されるものは中国伝来のアジア系で、東日本にはシベリア経由のヨーロッパ系が在来種として存在する。関ケ原付近で二分されるため、それを専門家は「かぶらライン」と呼ぶ。
日本では約80品種が生産され、白菜・チンゲンサイ・小松菜なども蕪の仲間になる。冷涼な気候を好み、野菜としては10月から12月と、3月から5月の2回旬がある。

日本へは弥生時代に中国からもたらされたとの説があり、「古事記」に「吉備の菘菜(あおな)」として登場する。また、万葉集にも長忌寸意思吉麻呂の歌で

食薦敷き青菜煮持来む梁に 行縢懸けて息むこの君

がある。俳諧歳時記栞草(1851年)には冬之部兼三冬物に分類され、「蕪菁(かぶら)」として掲載されている。
語源は、丸く育った根の部分を頭に見立てて、頭を意味する「かぶり」と呼んだところから「かぶら」と呼ばれるようになり、「かぶ」に転訛したとの説が有力。

【蕪の俳句】

おく霜の一味付けし蕪かな  小林一茶

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|寒牡丹(かんぼたん)

三冬の季語 寒牡丹

冬牡丹(ふゆぼたん)

寒牡丹の季語と俳句(いま姿 寒牡丹)牡丹」は夏の季語であるが、冬に開花するものがあり、それを「寒牡丹」「冬牡丹」という。ただし、寒牡丹と冬牡丹の間には違いがある。
つまり、「寒牡丹」とは、初冬と早春に咲く二季咲きの品種の牡丹が冬に花をつけたものを言う。「冬牡丹」とは、夏季に咲く品種の開花を温度調整で抑制して、冬に開花させるものを言う。見た目には、「寒牡丹」には葉がほとんどないのに対し、「冬牡丹」は葉をつけるといった違いがある。また、「冬牡丹」は寒さに弱いため「わらぼっち」と呼ばれる藁囲いをつけるのに対し、「寒牡丹」はわらぼっちがなくても育つ。

俳諧歳時記栞草(1851年)には「冬牡丹」のみ冬之部十月に立項されており、「大和本草」の引用で「冬牡丹、八月より葉出て十月より花さく。臘寒の時も花あり。凡、如此なるは、人功を以て天地造化の力をぬすみてこれを成。怪むべし」とある。

【寒牡丹の俳句】

狂はねば恋とは言はず寒牡丹  西嶋あさ子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|正月の凧(しょうがつのたこ)

新春の季語 正月の凧

武者絵凧(むしゃえだこ)武者凧(むしゃだこ)遠凧(とおだこ)

正月の凧の俳句と季語「凧」では三春の季語であるが、「正月の凧」で新春の季語となる。本来は測量や通信などの軍事目的で使用されたものであり、中国では紀元前4世紀には用いられていた。
日本では平安時代までには伝来し、次第に凧合戦が行われるようになってきた。凧合戦は全国いたる所で開催されていたが、時期は一定ではなく、主に新春から初夏にかけて開催されていた。江戸時代の俳諧歳時記栞草には、既に「春之部」に立項されている。

新春の凧は、俳句の世界では「正月の凧」として詠み込むことが多く、その他「初凧」「飾り凧」なども用いられる。
また「いかのぼり」は新春にも春にも挙げられる季語で、烏賊の形に似ていることから、本来の「凧」の呼び名であったと考えられている。江戸時代初めにいかのぼり禁止令が出たため、禁止を回避するために「たこ」と呼ばれるようになったと言われている。

正月の風物詩として凧が定着したのは、男子の健康成長を願うために用いられたからである。また、俳諧歳時記栞草には、小児の熱を冷ますために凧を揚げて空を見上げさせたともあり、新年に健康を祈る遊びとして定着していった。

【正月の凧の俳句】

かの童まだ遠凧につながれる  林翔

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|去年今年(こぞことし)

新春の季語 去年今年

去年今年の俳句と季語「行く年来る年」のようなニュアンスで用いられる。文字通り「去年と今年」という意味。
俳諧歳時記栞草(1851年)では、正月項に「去年、今年」があり、雑談抄の引用で「貞徳の説に、去年・今年、春也。今年とばかりは句によるべし。師説に、連歌には去年と云詞は春也。今年は雑」とある。つまり、「去年」単体でも新春の季語となる。その場合は、過ぎ去った年を回想するものとなる。

【去年今年の俳句】

去年今年貫く棒の如きもの  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|姫始(ひめはじめ)

新春の季語 姫始

姫始その年はじめての性交を、近世以降「姫始」と呼ぶ。「姫」は「秘め事」に通じる。
俳諧歳時記栞草(1851年)には、「ひめ始」として掲載され、糄(ひめ:粥のようなもの)を食べる意で説明されている。その他にも、「飛馬始」として馬の乗り初めの日、「姫糊始」として女性が洗濯を始める日として「ひめ始」が用いられることがある。「ひめ始」の元は、暦の「火水始(ひめはじめ)」にあると考えられており、火や水を使い始める日である。正月2日の行事である。

【姫始の俳句】

姫始め闇美しといひにけり  矢島渚男

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|鱈(たら)

三冬の季語 

子持鱈(こもちだら)鱈場(たらば)

鱈の俳句と季語タラ目タラ科のマダラ・スケトウダラ・コマイなどを指し、特に「鱈」といった場合にはマダラを指すことが多い。マダラはホンダラとも呼ばれ、北太平洋に広く分布し、山口県以北の日本海や茨城県以北の太平洋岸で獲れる。腹がふくれて、全長は120cmに達する。
夏場は大陸棚の深部に生息しているが、12月から2月頃には産卵のために沿岸に寄ってくる。それを底びき網などで水揚げするが、その漁場は「鱈場」と呼ばれる。ちなみに「鱈場蟹」は、鱈の漁場で獲れる蟹の意である。

古くから日本人には馴染みのある食材で、縄文時代の遺跡からも骨が出土している。
冬の季語ともなるように、旬は冬で、その白身の癖のない味は、鍋料理の定番であるほか、ムニエルやフライなどにしても美味い。白子や、卵巣の「真子(まこ)」も美味であるが、鮮度の問題で刺身にされることは少ない。また、身を干物にした「棒鱈」も俳句によく詠まれている。近年では胃を唐辛子などに漬け込んだ韓国料理のチャンジャも人気である。

「鱈」の漢字は、雪のような身の白さを表したもので、国字である。「たら」の語源は体表の「斑(まだら)」にあるという説が有力。俳諧歳時記栞草(1851年)には「俗名、大口魚」とある。

【鱈の俳句】

船去って鱈場の雨の粗く降る  寺山修司

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|年忘(としわすれ)

暮(仲冬)の季語 年忘

忘年会(ぼうねんかい)

年忘の俳句と季語俳諧歳時記栞草(1851年)には「歳の暮に、親戚・朋友を会め宴を設く。これを年忘といふ。これ年中の労を忘るゝ意也」とある。
年末に一年の労苦を忘れるために宴会をすることは、古くから行われており、鎌倉時代には既に行われていたとの見解もある。文献上の「歳忘」の初出は、伏見宮貞成親王の「看聞日記」で、1430年(永享2年)12月21日に記録されている。年末の連歌会の盛り上がりについて書かれたものである。

現代では、家族と年忘をするよりも、会社などで行われる忘年会が主流になっている。「忘年会」は、夏目漱石の「吾輩は猫である」にも使われ、明治時代には定着した言葉である。こちらの文献上の初出は、「古今物忘れ」(1772年)である。

【年忘の俳句】

年忘れ一斗の酒を尽しけり  正岡子規

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|狐火(きつねび)

三冬の季語 狐火

狐火の俳句と季語「狐火」とは、火の気のないところに現れる怪火をいう。「鬼火」と同じものと捉えられがちであるが、「鬼火」は信仰に基づいて語られることが多いのに対し、「狐火」は人を惑わすものとして捉えられることが多い。
リン化水素が燃えて発する炎と考えられることがあり、「燐火」と呼ばれる。また、光の異常屈折によって発生するとも説明される。通常は夏場に発生するものであるが、「狐火」が冬の季語となるのは、「狐」が冬の季語となることや、大晦日の夜に関八州の狐が集まり行列をなしたという「王子の狐火」の伝承の影響と見られる。

伝承では、「狐火」とは狐の口から吐き出される松明のような色をした怪火で、一列に並んで現れる。ついたり消えたりする炎で、近付くと消えてしまうという。

【狐火の俳句】

狐火や髑髏に雨のたまる夜に  与謝蕪村
狐火を信じ男を信ぜざる  富安風生

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|マスク(ますく)

三冬の季語 マスク

季語と俳句とマスク「マスク」は、「覆うもの」を表す英語「mask」からきている。この「mask」の語源は、仮面などを表すイタリア語「maschera」、あるいは幽霊を表すラテン語「mascus」にあるという説がある。

マスクにも、スポーツなどで使う特殊マスクの他、医療用や産業用、家庭用などがあるが、俳句で「マスク」と言う場合は家庭用を指し、空気中に存在する有害物質を防御する役割と、自らが持つ病原体を他者に移さない役割を期待されている。
また、顔を覆うことで防寒や保湿の役割も果たす。そのために、寒くて感染症が流行りやすい冬の季語として定着したが、現代では花粉症対策として用いる機会が増え、むしろ春の方がマスク人口が多い傾向にある。さらには新型コロナウィルスの蔓延により、年中手放せない必須アイテムともなった。それでも、俳句で「マスク」を用いる場合、「冬」を念頭に置かなければならない。

マスクの歴史を見ると、17世紀にヨーロッパでペストが流行した時、医師は、防御用に鳥のくちばしに似た仮面を着けたと言われている。日本では、明治初期に炭鉱などで粉塵除けに用いられたものが現代のマスクにつながるものであり、1918年のスペイン風邪で、防疫用として注目を集めるようになった。当時のマスクは、金網に布を貼り付けたような構造をしており、炭鉱などで使用されていたものだったために、汚れの目立たない黒が一般的なものであった。1950年にはガーゼマスクが登場し、主役となったが、現在では使い捨ての不織布マスクが多く用いられている。
新型コロナウィルスの流行で、効用やファッション面などがクローズアップされ、様々な進化が継続中である。

【マスクの俳句】

マスクして我と汝でありしかな  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に