大須賀乙字

おおすがおつじ

「季語」の生みの親

1881年(明治14年)7月29日~1920年(大正9年)1月20日。福島県相馬郡中村町(相馬市)出身。本名は績(いさお)。河東碧梧桐に師事。臼田亞浪と俳誌「石楠」を発刊。明治41年(1908年)12月号の俳誌「アカネ」の句評欄に「季語」を初めて用いた俳人として知られる。

学者の家系に生まれ、東京音楽学校(東京芸術大学)の教授に就任。
碧梧桐主宰の「海紅」に参加するが、大正4年(1915年)5月12日の句会における海紅堂事件により離脱。中塚一碧楼下の山口葉吉との、句評を巡っての対立が原因だったと言われる。
その後、臼田亞浪と俳誌「石楠」を発刊するも、亞浪とも決別。飯田蛇笏らに、傲慢な人物であったとの評もある。
インフルエンザ(スペイン風邪)をこじらせ、自宅で死去。最後の句は「干足袋の日南に氷る寒さかな」。

▶ 大須賀乙字の俳句

インターネット歳時記