福永耕二

馬酔木の編集長を務めた福永耕二

ふくながこうじ

1938年1月4日~1980年12月4日。鹿児島県川辺郡川辺町(南九州市)出身。水原秋桜子に師事。「馬酔木」同人、同誌編集長を務める。
代表的な俳句に「新宿ははるかなる墓碑鳥渡る」がある。

▶ 福永耕二の俳句



墓碑はるかなり 福永耕二論 [ 仲栄司 ]
3080円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【楽天ブックスならいつでも送料無料】 【楽天ブックス】

 加倉井秋をの年譜
1938年 昭和13年 1月4日、鹿児島県川辺郡川辺町(南九州市)に生まれる。
1953年 昭和28年 ラ・サール高校に入学し、俳句を詠み始め「馬酔木」に投句。
1956年 昭和31年 鹿児島大学に入学し、俳誌「ざぼん」に参加。
1958年 昭和33年 「馬酔木」初巻頭。
1960年 昭和35年 鹿児島大学を卒業し、純心女子高等学校の教師となる。
1965年 昭和40年 能村登四郎の推薦により千葉県の市川高等学校に勤務。
1969年 昭和44年 「馬酔木」同人。
1970年 昭和45年 能村登四郎の「沖」創刊に参加。「馬酔木」編集長となる。
1972年 昭和47年 馬酔木賞、沖賞受賞。句集「鳥語」刊行。
1980年 昭和55年 12月4日、敗血症から心内膜炎を発症して亡くなる。享年42。
1981年 昭和56年 「踏歌」で第4回俳人協会新人賞受賞。
1982年 昭和57年 句集「散木」発刊。