石原八束

いしはらやつか

「内観造型」を提唱した俳人

1919年(大正8年)11月20日~1998年(平成10年)7月16日。山梨県錦村二之宮(笛吹市)出身。石原舟月を父に持つ。飯田蛇笏三好達治に師事。「雲母」同人。「秋」創刊主宰。現代俳句協会顧問・俳人協会顧問歴任。日本文芸家協会会員、日本ペンクラブ会員。

▶ 石原八束の俳句



【中古】春風琴 石原八束遺句集
4500円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 【お取り寄せ本舗 KOBACO】

 石原八束の年譜
1919年 大正8年 11月20日、山梨県錦村二之宮(笛吹市)に生まれる。(*1)
1937年 昭和12年 父の師であった飯田蛇笏に師事し、「雲母」に投句を始める。
1943年 昭和18年 中央大学法学部を卒業。
1945年 昭和20年 中央大学大学院法学研究科修了。
1947年 昭和22年 飯田龍太とともに「雲母」編集に携わる。
1949年 昭和24年 三好達治に私淑し師事。
1955年 昭和30年 第一句集「秋風琴」刊行。
1956年 昭和31年 「馬酔木」に「内観造型への試論」を発表。
1960年 昭和35年 「二句文章会」を始める。
1961年 昭和36年 松澤昭とともに俳誌「秋」を創刊。
1964年 昭和39年 句集「雪稜線」「空の渚」。
1969年 昭和44年 句集「操守」。
1972年 昭和47年 句集「高野谿」。
1975年 昭和50年 芸術選奨文部大臣賞受賞。
1976年 昭和51年 句集「黒凍みの道」で芸術選奨文部大臣賞受賞。
1979年 昭和54年 句集「藍微塵」。
1981年 昭和56年 句集「風信帖」。
1983年 昭和58年 句集「風霜記」。
1984年 昭和59年 句集「白夜の旅人」。紫綬褒章。
1988年 昭和63年 「駱駝の瘤にまたがって」で中村星湖文学賞受賞。日本経済新聞社俳壇選者となる。
1989年 平成元年 句集「雁の目隠し」。
1990年 平成2年 東京新聞俳壇選者となる。
1992年 平成4年 勲四等旭日小綬章。
1994年 平成6年 句集「幻生花」。
1996年 平成8年 第9回現代俳句協会大賞受賞。
1997年 平成9年 句集「仮幻」。
1998年 平成10年 「飯田蛇笏」で俳人協会評論賞受賞。7月16日、呼吸不全のため亡くなる。
*1 本名は「登」であったが、病弱だったために生後一ヶ月で長命を願って「八束」に改名した。