村山古郷(むらやまこきょう)

日本三大俳諧道場の主となった村山古郷

1909年6月19日~1986年8月1日。京都府京都市下京区仏具屋町出身。志田素琴・内田百閒に師事。「鶴」同人。「嵯峨野」主宰。日本三大俳諧道場である「鴫立庵」の第二十世庵主。俳人協会理事も務め、俳句文学館の建設に力を注いだ。著書に芸術選奨文部大臣賞を受賞した「明治俳壇史」や、「石田波郷伝」などがある。

▶ 村山古郷の俳句



俳句用語の基礎知識 (角川選書) [ 村山古郷 ]
1430円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【楽天ブックスならいつでも送料無料】 【楽天ブックス】

 村山古郷の年譜
1909年 明治42年 6月19日、京都府京都市下京区仏具屋町に生まれる。(*1)
1924年 大正13年 兄の葵郷から俳句の手ほどきを受ける。
1931年 昭和6年 上京し、志田素琴に師事。「草上」の編集に携わる。
1934年 昭和9年 「東炎」同人。
1939年 昭和14年 國學院大學国文科卒。中学教師となる。
1941年 昭和16年 日本郵船に入社。内田百閒に師事。
1946年 昭和21年 「べんがら」を創刊。
1952年 昭和27年 「たちばな」を創刊。
1955年 昭和30年 「鶴」同人。
1978年 昭和53年 鴫立庵第二十世庵主となる。「明治俳壇史」で芸術選奨文部大臣賞受賞。
1981年 昭和56年 「嵯峨野」主宰となる。
1985年 昭和60年 勲四等瑞宝章。
1986年 昭和61年 8月1日死去。
*1 村山古郷の本名は正三。兄の村山葵郷、姉のたかも俳人。