俳句

俳人検索結果



村山古郷 

登高や浪ゆたかなる瀬戸晴れて 
初売の五寸角材抛り出す 
初鳩や水平飛行して千木に 
端居してかなしきことを妻は言ふ 
熱燗や雨ぬれ傘を脇に置き 
野宮の竹美しや春しぐれ 
出雲路の神在月となりしかな 
ふところに川風あふれ夏浅し 
照り霞めども舟上に浪散る日 
グラジオラス一方咲きの哀れさよ 
吊忍病弱なげくすべなしや 
暮れてより稲妻しげし露伴の忌 
裏切られ通しまひまひを見てゐたり 
少し降つて涼しくなりぬ盆の月 
鳩吹くや犬は夕日にうづくまる 
長長しき牛蒡掘るなり練馬野は 
べつたら市青女房の髪匂ふ 
梨青し我屋に廂なかりけり 
山川の淋しき国や晩稲刈 
島乙女さびしからずや冬の浪 
肩掛に背信の人とも見えず 
住み馴れて橋の名知らず枯柳 
京に来て降り込めらるゝ大石忌 
初鮒や門の雪田も水漬きそむ 

【中古】 明治の俳句と俳人たち / 村山古郷 / 河出書房新社 [単行本]【メール便送料無料】
3067円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【古本倶楽部 楽天市場店】