鈴木真砂女

すずきまさじょ

女将俳人としても知られる情熱の女流俳人

1906年11月24日~2003年3月14日。千葉県鴨川市の老舗旅館・吉田屋旅館(現:鴨川グランドホテル)の三女。本名、まさ。丹羽文雄「天衣無縫」、瀬戸内寂聴「いよよ華やぐ」のモデル。大場白水郎久保田万太郎安住敦に師事。「紫木蓮」で飯田蛇笏賞を受賞。

日本橋の雑貨問屋に嫁ぐが、夫が借金のため失跡。吉田屋旅館の女将だった姉・梨雨女の急逝により、義兄と再婚して、昭和10年に吉田屋旅館を継ぐ。梨雨女の遺品整理で俳句に触れたことにより、俳句をはじめた。
旅館に宿泊した海軍士官と不倫の恋に落ちるなど、破天荒な生き方で知られ、50歳で離婚した後は、銀座に小料理屋「卯波」を開いた。
90歳まで小料理屋を経営。96歳まで生き、老衰のため老人保健施設で死去。蛇笏賞に輝いた91歳時の句集「紫木蓮」の冒頭句「来てみれば花野の果ては海なりし」を辞世とする見方がある。

▶ 鈴木真砂女の俳句

 インターネット歳時記