大野林火

おおのりんか

第3代俳人協会会長

1904年3月25日~1982年8月21日。神奈川県横浜市出身。本名は大野正(おおのまさし)臼田亞浪に師事。「濱」創刊・主宰。神奈川県立商工実習学校教諭を辞め、角川書店「俳句」編集長となる。第3代俳人協会会長。「潺潺集」他で第3回蛇笏賞受賞。朝日俳壇選者など。ハンセン病患者の句会の指導で、村越化石を見出したことでも知られる。
死の間際の昭和57年8月17日「先師の萩盛りの頃やわが死ぬ日」「萩明り師のふところにゐるごとし」。師とは臼田亞浪のこと。その「俳句は一句一章の詩たるべし」との教えに従った。

▶ 大野林火の俳句

 インターネット歳時記