高柳重信

たかやなぎしげのぶ

1923年1月9日~1983年7月8日。東京市小石川区(文京区)出身。富沢赤黄男に師事。多行書きの俳句を提唱・実践、「前衛俳句」の旗手となる。「俳句評論」創刊。「俳句研究」の編集長。中村苑子と内縁関係にあった。

▶ 高柳重信の俳句

インターネット歳時記