竹塚東子

たけのつかとうし

戯作者であり落語家でもある俳諧師

???~文化12年(1815年)11月13日。武蔵国足立郡竹塚(東京都足立区)の農家に生まれる。通称は四郎左衛門。別号に風水坊・竹の塚の翁など。俳諧は越谷吾山に師事。洒落本「田舎談義」、黄表紙「磨光世中魂」、合巻「雷幸蔵轟咄」などで知られる。酒屋を営み、生け花の師匠、落語家でもあった。
辞世は「冬川や瀬ぶみもしらず南無阿弥陀仏」。

▶ 竹塚東子の句

インターネット歳時記