俳人検索結果



福田甲子雄 

春寒し眉なき素顔見てしまふ 
植ゑ残る田に落日の嶽うつる 
田を責める二百十日の雨の束 
北岳のかがやき増せば一挙に冬 
井戸水に杉の香まじる春隣 
死してなほ冬の茜をかへりみる 
雪となる大樹の下の飾売り 
ふろふきの火の弱まりて深山星 
別々に山を見てゐる冬座敷 
厄落す火の粉とび散る雪の上 
生誕も死も花冷えの寝間ひとつ 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に