俳句例句(季語から)



 

莨火をかばふ埋立冬一色  秋元不死男
冬砂丘足跡遁るべくもなく  飯島晴子
僧の背に漾ふ微塵冬探し  市川葉
冬すでに路標にまがふ墓一基  中村草田男
北岳のかがやき増せば一挙に冬  福田甲子雄
大仏のうしろは冬の匂ひせり  細井みち
吹かれきて冬のはじめの鉋屑  宇佐美魚目
ロシヤ映画みてきて冬のにんじん太し  古沢太穂
わが影や冬の夜道を面伏せて  嶋田青峰
やすらかに割りたる冬の卵かな  青柳志解樹
跳箱の突き手一瞬冬が来る  友岡子郷
溶岩が花なり冬の桜島  鷹羽狩行
冬ぐもりひさびさ湯にいり金を借る  種田山頭火
冬講義うしろ漂ふカレーの香  赤尾兜子

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に