俳人検索結果



稲畑汀子 

たんぽぽの野を切りとりて来たる鉢 
たんぽぽの花の仔細に着陸す  (ホトトギス)
たんぽぽの素通り風の野なりけり  (ホトトギス)
又踏んでしまふたんぽぽたんぽぽ野  (ホトトギス)
又の名を紫陽花寺と諾へり  (ホトトギス)
紫陽花の今朝の色見て旅立ちぬ  (ホトトギス)
ドア開いてゐれば出て見る春の風 
縦のもの横に机上の春の塵 
菜種梅雨家居の時間過ぎ易く 
旅先の用意のおしやれ春日傘 
豆飯の匂ひみなぎり来て炊くる 
どちらかと云へば麦茶の有難く 
香水をつけぬ誰にも逢はぬ日も 
避暑地とて好きな恰好して歩く 
子の世界母を遠ざけ水遊び 
万緑に抱かれしより光る沼 
三寒に発ちて四温に戻る旅 
山の日の深く入り来し冬座敷 
顔見世を出て川風の暮れてをり 
箸紙に書き終へし名の並びけり 
歯ごたへも亦数の子の味とこそ 
幸せの待ち居る如く初暦 
みどり児の起きてしまひし寝正月 
乗初の運転席に常の如 
今日何もかもなにもかも春らしく 
空といふ自由鶴舞ひやまざるは 
初蝶を追ふまなざしに加はりぬ 
落椿とはとつぜんに華やげる 
苔の花咲きて大方主留守 
母といふ枷なき母の日を旅に