俳人検索結果



伊藤白潮 

抱き止むるから東風の野を走り͡来よ 
春一番来し顔なればまとまらず 
職退いてからの冷房嫌ひなり 
九月はじまる無礼なる電話より 
颱風の力不足のままに去る 
信心の足らぬ水洟すすり上ぐ 
松七日喪中を盾の旅を過ぐ 
読み札のいちまいを欠く歌がるた