俳人検索結果



加藤郁乎 

かよひ妻歌仙に似たり春の川 
梅雨晴間やすらかに寝て終りけり 
十階にこぼれ松葉やほしづくよ 
冬の波冬の波止場に来て返す 
松過ぎてよりもどりけり袖だたみ 
小細工の小俳句できて秋の暮 
昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 
天文や大食の天の鷹を馴らし