俳人検索結果



津田清子 

春の海より易々とかもめ翔つ 
読みかけの書に夏蜜柑酸とばす 
海に還す水母の傷は海が医す 
向日葵の一茎一花咲きとほす 
ばつた跳ね島の端なること知らず 
燈に遇ふは瀆るるごとし寒夜行く 
木の葉散る別々に死が来るごとく 
折れし葉が枯れし蓮には重荷なる 
虹二重神も恋愛したまへり