俳人検索結果



山口波津女 

香水の一滴づつにかくも減る 
すぐそばに深き海ある夜の涼み 
雪合戦休みてわれ等通らしむ 
寒木瓜の鮮かな紅衰へず 
初刷のはやとぢてあるホテルかな 
書初に日がさしさつと書きむすぶ 
毛糸編み来世も夫にかく編まん 
穀象といふ虫をりて妻泣かす 
金魚夜を如何に過すや人は寝る 
蜜柑山眼のみ頂上まで行けり 
旅一夜蜜柑の花を枕辺に 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に