山口波津女(やまぐちはつじょ)

夫・誓子との間に生まれた俳句が面白い山口波津女

1906年(明治39年)10月25日~1985年(昭和60年)6月17日。大阪府大阪市出身。山口誓子の妻。父は浅井啼魚。「ホトトギス」「馬酔木」「天狼」同人。誓子療養中に誓子は、「妻にして母、主婦にして看護婦」と波津女を評していた。誓子との夫婦生活を詠んだ家庭的な俳句も多い。

▶ 山口波津女の俳句



【中古】 山口波津女全句集 山口波津女 【古本・古書】
3300円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
山口波津女
【山星書店】

 山口波津女の年譜(6月17日 波津女忌)
1906年 明治39年 10月25日、啼魚の長女として大阪市北区中之島に生まれる。(*1)
1909年 明治42年 父の転勤に伴い、韓国仁川に移住した。
1914年 大正3年 父の転勤に伴い、香港に移住した。
1919年 大正8年 帰国し、大阪市東区宰相山町に居住し、大阪府立清水谷高等女学校に入学。
1922年 大正11年 「水無月句会」という家族句会を始める。
1923年 大正12年 大阪府立大手前高等女学校に入学。
1924年 大正13年 肺尖カタルで兵庫県西宮市に転地療養。
1926年 大正15年 高浜虚子の来泊があり、「波津女」と号する。
1927年 昭和2年 山口誓子に俳句の指導を受け始める。
1928年 昭和3年 10月2日に誓子と結婚し、波津女の実家の敷地に新居を構える。
1937年 昭和12年 父が死去。
1945年 昭和20年 大阪大空襲で自宅を焼失し、蔵書や家財など一切を失う。
1948年 昭和23年 誓子が「天狼」を創刊し、同人となる。
1951年 昭和26年 第一句集「良人」発刊。
1953年 昭和28年 兵庫県西宮市苦楽園へ転居。
1956年 昭和31年 母が死去。
1974年 昭和49年 第二句集「天楽」発刊。
1985年 昭和60年 心不全のため死去。享年78。(*2)
*1 啼魚は、大阪商船に務める。山口波津女の本名は浅井梅子。
*2 1987年に遺句集として第三句集「紫玉」が刊行される。