俳句

俳人検索結果



臼田亞浪 

郭公や何処までゆかば人に逢はむ 
こんこんと水は流れて花菖蒲 
元日や日のあたりをる浅間山 
死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり 
灯も秋と思ひ入る夜の竹のかげ 
春蝉の声引き潮の音もなく 
木曾路ゆく我れも旅人散る木の葉 
山椿小鳥が二つかくれたり 
かかる夜の檐にや忍ぶ雪女郎 
地の果てゆ草枯れ寄する二克山 
藤垂れて立夏の急雨到りけり 
立冬やとも枯れしたる藪からし 
啓蟄の虫におどろく縁の上 
夏萩の花のともしく夕すだれ 
河鹿啼く水打つて風消えにけり 
四月馬鹿真顔さらして花のもと 
曙や露とくとくと山桜 
浅草の鰻をたべて暑かりし 
風の聲碧天に舞ふ木の葉かな 
暮れてゆく五月の海の音も無し 
熱風に炎え落つる葉を眼にぞ追ふ 
ふるさとに来てうつしみの夏炉擁す 
山椒魚に真清水今も湧き流れ 
えにしだの夕べは白き別れかな 
榠樝咲くと見て眠りたり霽れてをり 
水霜の蘆の末葉は曇りけり 
迎春花北する雁の羽づかひ 

臼田亜浪の光彩 / 加藤哲也 【本】
2200円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 【HMV&BOOKS online 1号店】