俳人検索結果



清崎敏郎 

まくなぎに目鼻まかして牛の貌 
かたまつて雨が降るなり著莪の花 
銀漢の尾を垂れにけり島泊り 
添水鳴る遠ざかり来てあきらかに 
コスモスの押しよせてゐる厨口 
成人の日の晴着着て墓参り 
滝落としたり落としたり落としたり 
うすうすとしかもさだかに天の川 
枯木立どの幹となく揺れはじむ 
口まげしそれがあくびや蝶の昼 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に