俳人検索結果



山田みづえ 

ほたるぶくろ重たき光ひとつづゝ 
あけがたの風に倒るる瓜の馬 
町中にかつと日当たる施餓鬼寺 
山眠るまばゆき鳥を放ちては 
悪女たらむ氷ことごとく割り歩む 
臘梅を無口の花と想ひけり 
初暦静かならざる日もあらむ 
風が飛ばす仙台訛初荷ゆく 
若菜籠すずなすずしろ秀いでけり