俳句例句(季語から)



 

稲の香に晩き恋などあるもよし  飯島晴子
稲の青しづかに穂より去りつつあり  篠原梵
海にそふ北に山なし稲百里  立花北枝
立出でて侍にあふや稲の原  椎本才麿
稲つけて馬が行くなり稲の中  正岡子規
一里行けば一里吹くなり稲の風  夏目漱石
とまりとまり稲すり歌も替りけり  向井千子

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に