俳句例句(季語から)



残暑 

大いなる団扇出てゐる残暑かな  高浜虚子
窯たいて残暑のまなこくぼみけり  新田祐久
残暑をも推しだす風のちから哉  松永貞徳
残暑とはかかる日のこと庭を掃く  星野立子
朝夕がどかとよろしき残暑かな  阿波野青畝
草の戸の残暑といふもきのふけふ  高浜虚子

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に