俳句

へろへろとワンタンすするクリスマス

へろへろと わんたんすする くりすます

オノマトペが活きる秋元不死男の代表句

「瘤」(1950年)所収の秋元不死男の俳句。昭和24年(1949年)に詠まれた。オノマトペの特徴的な句を多く詠んでいる不死男の俳句の中でも、特に有名な一句である。
季語はクリスマスで冬。

華やかなクリスマスに一人ワンタンをすする悲しさが、「へろへろ」によって強調される。新興俳句弾圧事件で投獄されたりなど、苦境を経験してきた不死男ならではの俳句である。

▶ 秋元不死男の俳句



【中古】 甘露集 句集 / 秋元不死男 / 角川書店 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
1893円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【もったいない本舗 楽天市場店】